15 / 17

第15話 茫然自失

ブンブンが”ふみ”ではなくて、”アヤ”ですと?! 「ウ」 つい、驚いて締めてしまった。松本の呻きに、謝ってみた。 「あ、ごめん」 「謝んなくていい。……出そうになっただけだから」 その言葉に赤面する。 (そうだ、私達)  素っ裸で繋がったままだった。 (この状況で、一体。何をやってるんだろう) 松本もこの状況に気づいたのか、ナカのモノが一層太くなる。 「あの、大きくなってないっ? 」  私が慌てふためいて、松本の胸を押して距離を稼ごうとしたけれど、却って抱き寄せられた。 「ただの生理現象だから、気にするな」 (”ただの生理現象”) 私の心は沈んでいく。 (そうだよね。オトコだもん。ナカに入ってるだけで増量しちゃうよねえ)  松本が熱っぽく、耳元で囁いてきた。 「お前のナカがぴくぴくウネッたり、きゅうって締めてきて気持ちいいだけだから」 ……ソレハ、ドウモ。 (馬鹿野郎)  そんな色っぽい声で、耳元で囁くんじゃねえ。 恥ずかしくって下を向いてしまった。途端、私の下のおクチが、美味しそうに松本を咥えこんでいる処をバッチリと見てしまった。ウロウロと眼を合わせると、また熱っぽい瞳で見つめられていた。 (万事休す! ) 「ところでお前は、俺を好きだって事でいいんだよな」  真剣な眼に圧倒されて、諦めてコクンと頷いた。 改めて確認されると、逃げ出したい程に恥ずかしい。でも、好きでもない男とヤるようなビッチだと思われたくはなかった。 「あの」 まだ聞きたい事があった。だけど。 「とりあえず、一回出させて」 言うなり腰を掴まれた。 「それからっ、答え合わせをスル・か、らっ! 」 途端、凄い突き上げが来た。 「あっン……っ、」  躰の熱が焚きつけられた。 もう、フル加速で止まれない。私も一生懸命腰を動かす。胸が揺さぶられる。固くなったままの乳首が、松本の胸に擦れて気持ちがいい。擦りつけてたら、気づかれて乳首を片方弄られた。 「あ! 」 高く啼いて、首をのけぞらせてしまった。 「反則だろ、その声。それに、アソコが締まった……」  うっとりとした、砂糖を混ぜ込んでも溶け切らない位に甘い声が首元から聞こえる。ぺろり、と汗をかいた首筋を舐められた。 (どっちがだよ) 舐めるとか、凶悪な声とか。 (反則なのは、そっちじゃないの! ) 「ふ、ううんっ」 鼻から抜けた声が、我ながら甘ったるい。 「舐めちゃ、ヤ……っ」 自分でも抗議にしては、弱々しいとは思った。 「そんな声で言われても、煽られるだけなんだけど」 苦笑された。 (なに、そのオトコの余裕) 「だって、しょっぱい、あ、やぁ」  説明したのに無視されて、余計にぺろぺろと舐められた。 「俺もしょっぱいから、お互い様。あとでシャワーを浴びような」  よしよし、とでも言うように胸の膨らみを撫でられた。 気持ちいいんですけど!  「馬鹿っ、締め過ぎ……っ」 私のナカのヤツが呻いた。 (誰のせいだと思ってんのよ) 気持ち悦くされれば締まるに決まってるでしょうが。自業自得ってもんだ。 (ふんだ、いい気味) 「ヤられっぱなしはっ、性にッ合わ・ないっ!! 」 って、何ちぐはぐな事を言ってるのよう! (”ヤられっぱなし”っていうのは、私の方だからっ!) 君、何か勘違いしてるよっ。 「あ、やめっ……」 くっついている上の珠を厭らしく捏ねられて、私の眼の前がスパークした。 「あっ、ア!ふ、あっ……ん!」  強制的に飛び立たされてて、断続的に躰に震えがくる。 ナカの松本を、ぎゅうぎゅうと締め付けているのがわかった。私は、ただ松本の首に縋りついて、大波をやり過ごすしかなかった。 「ア」 ハァッ、はぁ、は、あ……。  心臓はドキドキと煩いが、ようやく酸欠状態を脱する位になってきた頃。 「じゃ、俺のターンな」  くるん、と視界が反転して天井が見えたなと思ったら、松本が真上から覗き込んで来た。脚をぐい、と持たれて、膝小僧が耳に着く位折り曲げられた。  ぐちゅぐちゅ、とドロドロな蜜路の中を掻き混ぜられたのが先だったのか。パンパン、と私のお尻と松本の下腹部がぶりかりあう音が先だったのか。  わかってるのは、さっきの大波が本番ではなかった、て事だけだった。  自重で飲み込むのもキツい快楽だったけど、真上から振り下ろされる威力は半端ない。私は悲鳴とも呼吸ともつかぬ音しか出せなくなっていた。そして、とうとう松本が短い呻き声を上げて、果てたのだった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!