18 / 72

第16話 届かない言葉

  「真白、濡れすぎだろう」 「……は……んん」 「俺がどんな奴かも知らないで、こんなに感じて、ここに俺のを咥えたいの?」  クロッチの縦溝を沿っていた指が、真ん中の一点を指の腹でぐりぐりと抉るように力を込めた。欲しかったところへの強いびりびりとした刺激に、わたしはぶるぶると身震いして悲鳴を上げる。 「やんねーよ」  リクはわたしの首に唇を宛てながら、言った。 「俺をもっと知ってから、俺を求めろよ、真白。身体だけではなく、……あいつの代わりでなく」  リクの胸の突起を弄っている指が、きゅっと胸を引っ張るようにして押し潰し、ショーツを弄っている指がクロッチの際から中に忍び、掻き混ぜてくる。 「あああ、やあんっ、駄目、それ駄目っ」 「いやらしいお前なんか、指だけで十分だ」  リクの指が蜜壷にくぷりと吸い込まれて、大きく抜き差ししながら、わたしの顔を至近に見て反応を窺う。 「は……んっ、ああっ、駄目、駄目っ」  見られていると思ったら、さらにわたしの身体に火が着いて。  どうしてこんな興奮が止まらないの。  相手は安心出来る狼じゃないのに。会って二度目の男に。 「凄い涎垂らして、きゅうきゅう締め付けて悦んでるぞ、真白。ああ……本当に、お前の身体は、こんなに熱く俺を誘うのに……」    彼がなにに耐え、なにに憂えているのかわからず、わたしは斜めに伸びるリクの腕を掴みながら、与えられる快感に嬌声を上げる。  リクの黒い長袖が捲りあがり、下腕の上になにかの模様のタトゥーが見えた。  不気味な闇の印が――。  彼とわたしは同類なのだろうか。  血の繋がりはあるのだとしたら、狼よりも濃い関係なのだろうか。   「リク……ちょうだい……」  ひとつになるいう儀式(イニシエーション)を、わたしに――。 「なにを?」 「意地悪っ、リクのが欲しいっ、この中に」  わたしが子宮のあたりを手で摩ると、ぎりりと歯軋りをしたリクは、切羽詰まっているような苦しそうな翳りが出来た顔で言った。 「駄目だ。お前は指で十分だと言ったろう」  胸を弄っていた手でわたしの片足を持ち上げ、愛撫されているそこをより外気に晒すと、飛沫を飛ばす蜜壷に挿れる指の数を増やして捻らせ、卑猥な音をたてて荒々しい手淫を施す。 「ああっ、あああんっ」  気持ちよすぎて狂ってしまいそう。  リクに触られていると思っただけで、こんなにわたしは乱れる。  触れる彼のすべてが快感となって、白い閃光がスパークしそうにちかちかする。 「俺だって……、俺を求めてこんなとろとろになっているお前の中に挿りたいよ。でも、それをしたら……、あいつとなにも変わらないじゃないか!!」  なにかリクが言っているが聞こえない。  快楽しか存在しない白い世界が、ぎゅっと狭まってくる。 「なんであいつに身体を拓いたんだ、真白っ!!」  リクがなにかを叫んだ。  わたしの膣壁を擦っていた彼の指が、わたしの中の一点で曲がり力を入れると、ざわめいていた快感がひとつのうねりとなって全身を駆け上る。  声となって通り抜けることをリクは許さず、自らの口でわたしの開いた口を塞いだ。 「――っ、――っ!!」  わたしの絶頂を告げる嬌声は、リクの口の中に呑み込まれる。  重なった唇の感触に、ゆっくりとまだ弄っているリクの指をまたきゅっと締め付けてしまう。  わたしは、最高に気持ちいい時にするキスは、狼には教えて貰わなかった。  こんなに幸福感に酔い痴れるものだったなんて。  こんなに相手が愛おしくてたまらなくなるなんて。  リクは、肩で息をするわたしの唇をちゅくちゅくと食み、宙を彷徨う舌をねっとりとした舌で絡めては、下の根元から先端まで舐め上げ、口腔内をあますところなく舌先で愛撫する。  それに応えるわたしは、身体を揺らしながら声が止まらない。    公園の真ん中で、こんな淫靡な戯れをせがみ、快楽の最果てに連れられても尚、身体をびくびくと引き攣らせて大きすぎる余韻をやり過ごすわたしは、淫乱以外のなにものでもない。  だけどリクだからだと、それだけは朦朧としている頭でもはっきりとわかった。  リクとのキスは長く続いた。  リクはわたしの身体の位置を変えさせ、正面から性急な口づけをやめず、わたしの尻を自分に引き寄せながら、硬く膨らんだそこをわたしに押しつける。  まるで下で交われない代わりに、口で激しく交わっているかのように。 「ん、むぅ……んんっ」 「ん……は……」  荒い息と、漏れる声。そして荒く絡まる舌の音。  強く抱きしめ合って、貪るようなキスをし続ければ、たとえ錯覚でも、愛されているという気分になる。  ……キスをしないことがきっと、狼にとっての境界線(ボーダーライン)だったのだろうと、わかってしまうほどに。  ぷはりと音をたてて唇が離れる。  名残惜しいというように、リクの濡れた目が絡みつく。  彼の指とキスは、蕩けるように壮絶に気持ちよかった。  彼と繋がったのなら、どれほど気持ちいいのだろう。  だが、彼への欲情が少し静まると、途端に理性が戻ってくる。  わたし、なにを……。 「やっ、離れて!!」  我に返ったわたしは、恥ずかしさやら罪悪感やら様々な思いに穴があったら入りたくなったが、リクは逃れることを許さず、逆に強く抱きしめて来て、わたしの頬と彼の頬を摺り合わせて言った。 「お前が、俺に興味を持ったら……俺のすべてを見せてやる。その時は俺、我慢しないよ」  そして……。リクは艶めいた男の顔と流し目で……わたしの蜜でまだ濡れている指を、扇情的に口に含み、卑猥にも舌をくねらせるようにして舐め上げた。 「今度は直に舐めてあげる。お前の足を開いて、顔を埋めて」 「……っ」  わたしの秘処が彼の誘惑に、甘い蜜をまた垂らして、甘く疼く。 「俺がいない時も、ずっと俺に欲情していろ。あいつにではなく」
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!