16 / 18

決意(2)

 吹き付ける風が肌に突き刺さるようだ。 それは、針で何度も突き刺したようなチクチクした感覚だった。 特に頬のあたりが痛い。息を吐くと、白い煙が天に昇って行く。 「暇そうだな」 顔を空に向けた瞬間、背後のほうから声が聞こえた。 俺はゆっくりと振り返る。 「女の子にあんな仕打ち、酷いじゃないか」 真面目臭い声がこんなにも苛立ちを覚えるなんて、吐き気がするくらいだ。 「あんた……いつから見てたんだ?」 「いまさっき」と語るが、一部始終見ていたんだろ? と啖呵を切りそうだ。 目の前に現れた千尋に鋭い視線を浴びせる。 心のどこかで沸々と湧き上がるどす黒いヘドロのようなものが、俺を蝕んでいく。 嫉妬だとか、憎悪だとか、そんなものの集大成のような汚い塊は、千尋に対し大きく膨れていく。 あいつが羨ましくて……声を大にして波を好きだと言えるあいつが心底羨ましくて。物凄く、憎い。 「波ちゃんは、家にいる?」 「……知らね」 唇を尖らせた俺に、千尋はため息を吐き出しながら口を開く。 「今から行って、クリスマスプレゼント渡してくる」 「はっ。プレゼント? 予選で負けて全国大会に出場できずにサッカー部引退して、暇なんだね、あんた」 「だから、今日は波ちゃんと一緒に過ごそうかと考えている」 俺の嫌味に対しても、千尋はうまく話を交わす。それがまた、俺の不安を掻き立てるんだ。 「……行かせないって……言ったら?」 「二人の関係をご両親にばらす……っていうのはどうかな?」 「……っ……」 拳を握りしめた。 言葉が出てこない。 頭が一瞬の内に真っ白になってしまったようだ。 やはり、千尋のほうが一枚上手だ。こいつには、敵わないって……会話するだけで手に取るように分かってしまう。 「俺ね、思ったんだ。陽介くんと波ちゃんの関係は、普通じゃないって。陽介くんが俺を見ている目……ライバル心剥き出しの視線っていうの? ひしひしと伝わってきたよ。あとは……波ちゃんのここにキスマーク……ついてたってことかな」 言いながら、千尋は己の首筋に指を這わす。 不敵な笑みを見せた千尋の視線は俺を捉えたまま離さない。 固まったままの俺の横を素通りしていく千尋。 千尋は俺が望む物を全て持っている。 彼氏になる権利、好きだという権利、波を抱く権利、結婚する権利さえもだ。  俺は、通り過ぎようとする千尋の体を強く掴んで引き止めた。 引き止めた手は震え、力なんてものは一切入ってなく、簡単にすり抜けられるだろう。 「行くな……行かないで……くれ」 掠れた声が虚しく響く。 千尋はため息を吐き出すと、口を開いた。 「波ちゃんを幸せにできるのは、君じゃない。俺だよ」   視界が真っ黒だ。 その言葉を聞いた俺は、その場に膝をついた。 さっき割れた卵の殻が、ジーンズに付着した。 千尋の遠ざかる足音が聞こえる。 だけど、俺にはあいつを止められなかった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!