12 / 18

已んだ世界(6)

  「停学って……どういうこと?」 息を切らした波は、空き教室でもある社会科資料室へとやってきた。 千尋を殴った後、ここに隠れた俺は波をメールで呼び出したのだ。 ここなら誰もやってこない。 俺はそういう隠れ家的な場所をいくつも知っている。 そういうことに関しては他の皆より長けている。 「千尋を殴った。ただそれだけ。たぶん……明日から停学」 「それだけって……なんで殴ったの? 千尋くん、陽介になんかしたの?」   俺は椅子に腰かけていた。 波の声に、俯いていた顔を上げる。 そして、冷めた目で、波を下から舐めるように見つめた。 「ねえ、陽介。なんか言って……っ」   そう波が話しかけた瞬間、俺はその言葉を遮る。 唇を重ねたのだ。 そして、一度離すと波の鼻に自身の尖った鼻を擦り付けた。 「やっぱ……こんなの俺じゃねぇ」   言いながら俺は制服のネクタイを解き、波の両手首に縛った。 突然の出来事だった所為か、いつもの俺じゃない所為か、波は呆然としていた。 身動きできない体を机に押し付けると後ろから下着を撫でつける。 「陽……介?」   俺の指に、波の体は反応する。 「感じた? 家では声出せねぇもんなぁ? ここでは声出していいんだぜ? 誰も見てねぇ よ」 「や……無理だよっ。私達の関係、バレちゃダメなんだよ?」 「ほんっと、糞がつくほど真面目だね。その真面目臭さが俺に染み付いたってわけか。俺が禁煙とかしちゃうなんて、信じられなくない?」   机に押し付けた体を反転させ、俺はその足を思い切り開かせ顔を埋めた。 下着をずらし、舌を這わせる。 それだけで溢れる波の味。 波はほとんど喘がない。 果てるときも声を押し殺してイキやがるんだ。 この関係がバレないために顔を歪ませて唇を噛み締め、快楽に耐える波の表情は俺を奮い立たせた。 「波、太股まで伝ってる」  言いながら、波の蜜を掬う。 そして、再度後ろを振り向かせると、俺は一気に波の中まで入っていった。 こんなに激しく律動を繰り返しているというのに、波は声を一切漏らさない。 「出せよ、声」 「……無理」 「なんで?」   苛々しながらも、波の背中を指先でなぞった。 「だって……」 「俺が弟だからか? 血が繋がっているからか?」   俺の問いに、波は小さく頷く。 「ばれたら終わりなんだって……分かるでしょ?」 うっすらと瞳に涙を浮かばせて、俺の胸に顔を埋める波。 「ばれるの嫌だったら、なんで俺に抱かれんだよっ?」 悲痛な叫びが教室にこだました。 その叫びで誰かがやって来たとしても、俺は波の中にいることをやめないだろう。 思いの丈をぶつけたせいか、俺の息は乱れていた。 大きく呼吸を繰り返して、少しの間、腰の動きを止めていた。 ふいに、波の右手が俺の左頬に添えられた。震える手は、仄かに染まった頬と唇をなぞる。 「……き……だから。陽介が……好きだから」 涙目の波は顔を寄せ、俺の唇にキスをした。   まさか、波から「好き」という言葉が出てくるなんて思いもよらなかった。 俺の頭の中は真っ白で、かなり混乱していた。 無理矢理犯して、家や学校でセックスして、相手の気持ちを考えていない行為の度に、波はいつも涙を流していたというのに。 少なからず、好かれてはいないだろうと思っていたはずだったのに……。 驚きのあまり、いつ果てたのかも分からずただただ律動を繰り返していた。 俺は、波を一人教室に取り残して、その場を去った。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!