11 / 18

已んだ世界(5)

「陽介くん、こんにちは」 昼休みの後、背後から声をかけてきたのは千尋だった。 爽やかなサッカー部の主将はなおも人気があり、俺と並んだだけで違う人種のようだった。 初めて千尋を紹介されてから、数か月は経っていた。 「二年の教室までやって来て、どうかしたんスか? 先輩」 棘のある言葉をチクリチクリと刻み込んでやる。 なんて思う俺は、どれだけ性格が歪んでいるのだろうか。 俺の嫌味に対し、嫌な顔一つせずに千尋は笑顔を零す。波とお似合いだ。 波にとって、好青年の千尋は最良の彼氏とでも言えるだろう。 だが、その仲を引き裂いたのは俺だ。 波を奪いとったのは俺だ。 罪悪感が芽生えたのは事実だが、悔いはない。 それよりも、この秘密を隠し通すことのほうが賢い選択だ。 千尋はもしかして、勘付いているのではないか? と俺は疑っていた。 俺と波の関係を知ったら……この男はどんな反応を見せるのだろうか。 優越感というものが、沸々と湧いてきた。 「波との仲を取り持ってほしいの?」 「え? そういうわけじゃ……」 「じゃあ、どういう用件で俺に近づいたわけ?」 口元の端を吊り上げて、理由を尋ねる。 優位に立っているのは自分のほうなんだって、こいつに分からせてやりたかった。 いや、みんなに、世界中の人間全てに大声で叫びたいくらいだ。   俯いたままの千尋は、俺に何も言えなかった。 ああ、なんとも言えない快感だ。 千尋のその生意気な鼻を明かしたようだ。 「……何も喋らないなら、もう行っていい? 屋上で昼寝したいんだけど」 「あ、ああ。ごめん」 腕を伸ばし、欠伸をしながらそう言った。 千尋とすれ違う瞬間、俺は恰もさっき気付いたように「あ」と、言葉を付け足し立ち止まる。 「波のこと、あんたが女にしてやったんだろ?」 「は? なに言って……」 「波のパンツに血がついてたから。きょうだいの特権ってやつ? 風呂入るときに覗いたんだ」 嘘をついた。 千尋の青ざめた顔が見たかったからだ。 波が他の男と寝たことを匂わせると、どうなるだろうって、ただ単に興味本位でついた嘘に、俺が翻弄されるなんて思ってもみなかった。 だが、千尋は、青ざめることもなく俺の嘘を上から塗り替えた。 「ああ。俺が女にした」 嘘を吐いた千尋の言葉に息が止まった。 目を見開いたまま、俺の体は固まっていた。 まさか、そんな言葉をさらりと俺に言うなんて。 ただ、お前の青ざめる顔が見たかっただけなのに、自分で自分の首を絞めるなんてな。 俺は鼻で笑った後、千尋に向けて拳を振りかざしていた。 面を食らったのは俺のほうだ。どうしてだ? どうして嘘をついた? 俺も……何故、そんな嘘をついた? 千尋が言った嘘の言葉は、俺が言いたかった言葉だった──。               
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!