9 / 9

第9話

 心地良いリズムで夫の指が秘部を出入りする。夫の一部を体内に留めておきたくなって桔梗は絡みついてしまう。 「お嫁さん…?どうしてそんなにボクの指…食べちゃうの…?」  中で動きが止まる。だが桔梗のそこはまだ彼の指を食んでいた。潤んだ目で夫に続きを乞う。 「答えて…?」  夫は額に口付ける。唇に欲しくなり、彼の首へ腕を回す。 「ボクに…教えて……ネ?」  キスする直前でその唇が開いた。逆らえなくなる。早くすべてを奪っていく蕩けた柔らかさに触れたくなっていた。 「……あなたの、指、気持ち良いから…」 「よかった」  爛々とした眼差しで夫は笑う。逃げられてしまいそうで頬を捉えた。 「あなた」  柔毛に覆われた大きな耳が上下する。唇が触れ合った。中がうねり、絶頂の手前まで高まってしまう。 「ぁ…っん、」 「こんなの…挿れたらボク…すぐイっちゃう…」  甘く疼く箇所を掻かれ夫にしがみつく。内側から自分でないものが現れそうで恐ろしくなった。 「いいよ…?あなた。いっぱい、わたしで気持ち良くなって」  夫の膨らみを撫でる。いくらか固さを持ち、熱くなっていた。 「手と口どっちで大きくする?」  答えが返ってくるまで掌で摩り、育てていく。 「お嫁さん…お口でしてくれるの…?」  確認されると桔梗は顔を赤らめ、控えめに頷いた。 「お嫁さん…寂しくさせて、ごめんネ…」  桔梗は首を振って否定した。顔はもう紅梅のように染まった。夫への欲求に:他意はなかったが、普段から施されるばかりでそれに甘えていた。 「あなたにもいっぱい気持ち良くなってほしいだけ」  もう一度口付ける。離すのが惜しくなってしまったが、口淫するのなら暫く出来なくなってしまう。甘い粘膜を弱く噛んで、蕩けた一瞬が終わる。夫の指が秘部から抜け、彼の股座(またぐら)に潜る。下着を捲り、半分ほど勃ち上がっている雄の先端にある小さな果実に接吻してから口腔に迎えた。夫の手が顔を隠していた髪を耳 に掛ける。撫でられているようで心地が良い。低く漏れ出た声には快感が滲み、上目遣いでとろんとした表情を盗み見る。狭まった眉間が艶っぽい。あどけなく幼い振る舞いをする可愛らしい夫が大人の男の顔をして、感じていることに嬉しくなった。頭を動かし口内で扱く。髪を撫でられながらするのが好きだった。熱芯は大きくなっていく。喉奥まで咥えて締めた。 「ッ…、お嫁さ…っ無理しなくて…いいんだ、ヨ…?」  髪を通っていく指先に力が入り、掻かれいるようだったがそれもまた気持ちが良かった。 「らいりょーふ」 「ぁっ…喋ったら…だ、め…だって…っ」  含みきれない部分は手で刺激しながら舌と唇を扁平(へんぺい)にするとゆっくり茎に沿わせ、先端まで引き抜く。夫の下半身が小刻みに震えている。 「お、嫁さ…ぁっ!お嫁さっ…お口の中で、イっちゃ…待って、お嫁さんっお嫁さぁっ…!」  夫の風味が強くなる。唾液と空気が混ざる音に煽られ、頭の動きが速くなる。 「待って…待って!」  懇願するような響きになって桔梗は口淫を止めた。口腔からぶるりと抜けた夫の屹立は天を仰ぎ、唾液と露に濡れ白く照っていた。卑猥さと堂々とした美しさを兼ね備えているが、桔梗は恥ずかしくなって目を逸らした。 「お嫁さん…もう!お口に…出しちゃうトコロだったんだから…」  優しい手櫛に自ら頭を寄せた。毛先まで通された体温が顎を捉え、唇が降りてくる。 「あなたの、舐めたばっかりなのに…」 「気にしないよ…お嫁さんだって…してくれるじゃん…」  角度を変えながら唇を当て合い、夫の腕が彼女の身体を辿った。 「ボクも…お嫁さんのコト、舐めたい…腰…上げて?」  桔梗は四つ這いになって腰を高く上げる。温いような疼くような熱を籠めた手が彼女の白く円い尻たぶを揉み摩りながら開いた。淡く色付く小さな窄まりから舌が下され、秘花に到達する。何度見られ、何度舐められ、何度奥まで貫かれても慣れない羞恥に全身が火照り、またそれが媚薬にもなった。  夫の舌先が潤みを舐め取り、唾液を秘襞に(まぶ)していく。 「あなた…」 「お嫁さんは…気持ち良くなるコトだけ…考えててネ?」  首をこてんと倒した夫の可愛らしさとかっこよさに桔梗の胸が大きく鳴った。不意に彼の前に晒している箇所がひくついて、恥ずかしさに燃え上がる。肩越しに覗いた夫が消える。 「あなた、ぁっ…」  花弁に触れた質感に桔梗はもう鳴くことしか出来なかった。脳髄を沸かせる快感と、想い人に愛されているという状態に酔ってしまう。 「ボクは…ここに、いるヨ…?」  尖らせた舌先が蜜口に挿入されていく。桔梗は喘いだ。背筋に痺れが走り、力が入らない。 「ぁっぁ、ぅんっ」 「気持ちいい…?このまま、軽くイっちゃう…?」 「いや…っ、あなたがいい。あなた、あなたが、ぁんっ」  夫の舌が離れるが名残惜しげに糸を引く。代わりに長くしなやかな指がゆっくり入った。 「そんな…コト、言われたら…ボク…もう…我慢できないヨ…」  悪戯好きな指は奥まで進んでいく。何も傷付けようとしない動きで内壁を掻いた。夫の声は鼻にかかり、掠れていた。 「我慢、しないで…いっぱい、いじめてください…」  指も抜かれていく。空虚感に寂しくなった。寝返りを打って仰向けになる。捉えた愛しい人の眼差しに犯され、ぞくぞくと妖しい悪寒に酩酊する。 「痛かったり…怖かったら…言ってネ?」  彼は桔梗の上に影を重ね、髪を撫でる。嚥下とも首肯ともいえない仕草に夫の腰が傾いた。濡れた秘所に興奮が押し当てられる。 「あっああんっ…」  待ち焦がれて待ち焦がれて燻り続けた愛壺に望んだ相手のよく知った淫情がやって来る。割り開かれて、重みを感じた。痛みや苦しさすら快楽に塗り替えらる。心配そうな双眸とかち合って、それだけでもう奥を突かれているような感じがした。 「あ…んん、あなた…」 「痛くない…?」  こくりこくりと頷いた。淫らな色を帯びて夫は微笑む。長い睫毛に見惚れた。小さく揺れる大きな耳が外を向いて伏せていた。 「でも…慣らしながら…ゆっくり…しようネ…」  十分に中が満ちた感じがしたがそれでもまだ半分程だった。口と喉で覚えた感覚はまるきりあてにならなかった。夫は深く息をして、桔梗の肌に触れた。 「ブラジャーから…おっぱい…出してるの…すごく…目に毒…」  ブラジャーに付いているリボンを指で弄んでから胸にある小さな実に触れた。 「やぁっ!ぁんんっ!」 「中…きゅん…ってした。おっぱい…好き…?」  摘まれ、連続して弾かれる。親指の腹に押し潰され、凝った媚粒の固さを知らされる。 「あなたに触られるの…大好き…」 「ボクに…触られるのが…好きなの…?」  両胸のそこを指の腹に挟まれ速い動きで捏ねられる。下半身に弱くはない電流が走っていく。夫の質量を内部からさらに認識してしまう。 「ボクじゃなくて…?」  どこで覚えてくるのか心配になるほどに時折夫らしくない駆け引きをする。あどけなく無邪気で永遠の少年然とした彼のその差に桔梗は心臓を掴まれたままだった。 「ち、違う…ぁん、ぁ、ぁっ…」 「うん…?なぁに…?このまま…おっぱいだけで…イっちゃう…?」  円を描くように回され、淡い色付き全体を擽られた。凝った先端部を潰されると鋭い快感に目を閉じてしまう。夫の言葉の通りになってしまいそうだった。夫と共に、夫のリズムで、夫の熱を受けながら達したい。 「あなたのことも好き、大好き」 「ぁっ…お嫁さ…っそんな、待っ…」  へらりと幼い表情と笑顔を目にし、腰が揺れてしまった。夫が呻く。熱い息が頬を撫ぜ、包み込んだ肉塊が奥を穿った。そして引かれ、激しい抽送へ移り変わる。 「あっあっあっぁんんっ」 「お嫁さんっ……中、きついし、……熱くて…お嫁さん…っ!」  耳が垂れ、夫の姿勢が低くなる。桔梗の肉体は跳ね、ラグを背に擦り付ける。 「好き、あなた。ずっと待ってた、あなた…あなた」 「っお嫁さん…ダメ、だヨ…ッそんなこと、言ったら…すぐっ…、」  唇を奪われる。口腔の性感帯を自覚させるような丹念な舌遣いに頭の中は穏やかな真っ白に塗りたくられる。しかし腹の奥は貪欲に夫を求め、彼はそれに応える。 「あっ…んっんんっんぅ」 「は……ぁッ」  夫の背中に腕を回す。密着する上体に深い安堵感に沈み、さらに胸を押し付ける。 「爪…立てていいんだヨ…」  凄まじい揺れに指を立てる。夫は汗ばんだ顔で微笑む。桔梗は首を振った。傷を付けたくない。痛い思いをさせたくなかった。 「好きな人の…爪痕、んっ…ぁ、欲しい…ヨ…」  言葉に甘えて爪を立てると結合が強まった。理性が飛ぶ。 「好き、あなた…あなた大好き、大好き、あなた、あっあっあっあ」 「お嫁さん…ボク、もう……っ!」  弱った声で限界を告げられると桔梗の内部も急激に高まり、ますます夫を追い込んだ。 「お嫁さ…っお嫁さ…ん、どこに、…どこに、出す…?」 「中がいい…中に、ちょうだい」  夫の虚ろな目が光り、桔梗を抱き締める。腰が今までの打ち付けとは比べ物にならないほど強固に中を抉った。脳天へ快感が駆け抜ける。中が緊縮する。脈動が始まった。 「あっあっああんんんんっ」 「気持ち、いい…っ」  腹の奥に夫の絶頂が迸る。互いにもう放せないほど抱き締め合った。鼓動が伝わり、汗が混ざる。湿った肉体まで心地良い。夫の唾を飲む音が凄絶な艶を感じさせた。まだ精を放つ夫のそこを食い締め、腰に巻き付けた脚の力も緩められない。蜜肉は穏やかな動きに変わった夫の根に絡みつき、落ち着いた快感を拾っていく。彼の尾骶(びてい)骨のあたりから生えた豊かな毛並みの尻尾が桔梗の脹脛に触れた。 「すごい…お嫁さん。大好き」 「もう少し…このままでも、いい?」  夫の尻尾が忙しなく揺れる。勿論だヨ。 「ネ、お嫁さん…プレゼントが…あるんだケド…」  夫の手が妻の指輪を外していく。そこに淡い桃色を帯びた、新たな指輪が嵌められ、男女は再び火が点いて燃え上がる。夫が宅配ピザを頼んでいたのをすっかり忘れ、インターフォンが鳴るまで2人は睦んだ。  遠くでサイレンが鳴っている。警察車両のドラマや映画、或いは現実として聞き慣れたその咆哮を背に、少年は歩いた。地域住民の眼差しが痛い。彼のよく知るような高層マンションや荘厳な門などない欠けたブロック塀だの、ゴミ屋敷かと思うほどに庭に土埃をかぶった家具や廃材の置かれた家々が並ぶ区画を抜けていく。悦びににやけているうちに手から力が抜け、太い縄が落ちた。興奮が喉奥から突き上げ、笑い声を抑えることが出来なかった。鼻にこびり付いて忘れられない馨しい女の匂い。腕に収めた肉の柔らかさ、抱いた熱。すべてが忘れられそうになかった。ここに来るまで何度眺めたか知れない女性物の指輪をまた爛々とした目で見て、少年は笑った。拾い損ねた縄の端がアスファルトを擦っていく。すぐ傍を通ったベビーカーに足を止め、少年は美しい顔に温和な笑みを浮かべた。昨晩父親に殴られた頬が痛んだ。視線が合った母親の姿に、脳裏から離れない女の姿が重なって身体の中心に活力が(みなぎ)る。あの姿の隣に自身を描いて、少し歩くのが速くなったベビーカーと母親の背を快く見送った。片手の縄がアスファルトを擦り、安物の包丁が真横のブロック塀に白い線を引いた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

王子同士の争いに巻き込まれた一人の女性と彼女を支える従者のすったもんだ話
連載中/7話/16,630文字/0
2017年9月11日
お前は黙って俺に愛されてろ
連載中/19話/15,071文字/0
2018年4月11日
「あなたのしたことは、れっきとした触法行為です!」……白雪姫は、ツワモノだった。
1
3
完結済/1話/9,991文字/99
2017年11月5日
憧れの先生のモデルをすることになった楓。二人きりの部屋で先生の視線が身体を疼かせる。
3
1
3
1
完結済/1話/6,115文字/79
2018年1月13日
「スイーツって、幸せな気分にさせてくれるものなのに……心ゆくまで楽しめないのは、辛いことですね……」
1
1
完結済/1話/9,983文字/12
2018年5月21日
闇社会の王様と女の子の話
連載中/22話/32,765文字/4
2019年6月10日