12 / 17

1st side -Natsume-*Act.6-01

 歩くこと十分。  ようやく、アパートに辿り着いた。  夏目の部屋は106号室。  一階の角部屋だ。 「ここなんですね」  興味深げにドアを見つめる萌恵の横で、夏目は荷物を一時的に下ろし、代わりにチノパンのポケットから鍵を取り出した。  鍵穴に差し込んでクルリと回すと、カチリと音を立てて解除された。  中は冷えきっている。  歩いてきた分、少しは身体が温まっているものの、それでも寒いのには変わりない。 「入って」  夏目が萌恵に声をかけると、萌恵は軽く会釈し、ブーツを脱ぎ始めた。  もちろん、手にしていた荷物は下ろしている。 「お邪魔します」  挨拶した萌恵は、夏目のあとに続いて中に入ってくる。  台所を経由して畳敷き六畳間の居間に着くと、蛍光灯の紐を引っ張って電気を点ける。  そして、コタツとファンヒーターの電源を順に入れてゆく。 「あったまるまで時間がかかるけど」  そう言ってから、萌恵に適当に座るように促す。  萌恵はコートを脱ぎ、丁寧に畳んで側に置く。  だが、さすがにそれが気になった夏目は、すぐにコートを預かり、ハンガーにかけ直した。 「それじゃ、準備するからちょっと座って待ってて」 「いえ、手伝います」 「ダメだよ。君はお客さんなんだから」 「でも、ジッとしてるのは悪いです」  萌恵は夏目を押し退ける勢いで台所へ戻る。 (ほんとに頑固な子だ……)  夏目は微苦笑を浮かべながら、萌恵に続いた。  四畳程度の広さしかな台所は、ふたりが立つと一気に狭くなる。  今は買ってきたものを出したり、棚から食器を出したりしている程度だからさほど気にならないが、さすがに料理をするには厳しい。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!