1 / 17

1st side -Natsume-*Act.1

 彼女は俺をからかってる――  水島萌恵(みずしまもえ)に突然声をかけられ、告白された時、夏目毅弘(なつめたけひろ)は即座に思った。  萌恵はその頃、まだ十九歳。  前年に高校を卒業したばかりだった。  対して夏目は四十路。  肩書も〈主任〉という、年齢的に考えて出世コースからは完全に外れた存在だった。  特別美男でもなく、突出した才能もない。  下手すると親子ほど年の離れた萌恵が自分に好意を寄せている。  しかも、好意を寄せられたきっかけも全然分からない。  だから、萌恵の告白に疑念を抱いたとしても無理はなかった。  だが、さすがに面と向かって「俺を馬鹿にしてるの?」などとは言えなかった。  それは萌恵の気持ちを配慮して、というよりも、夏目自身が女性に対し、元々気を大きく持てない性格だからだった。  代わりに、夏目は慎重に萌恵に告げた。  「君は俺より一回り以上も若いんだ。もっと手近にいい男がいるだろ?」と。  その夏目に対し、萌恵は真っ直ぐな視線を注ぎながら返してきた。 「私はチャラい同世代の男子より、夏目さんのように真面目な男性がいいんです」  確かに萌恵の言う通り、夏目は〈真面目〉を絵に描いたような男だ。  ただ、真面目過ぎるがゆえに要領が悪い。  出世がなかなか出来ない原因のひとつもそこにあった。  だが、萌恵は夏目の不器用なところも良いと言ってきた。  何もかもをひっくるめて好きなのだと。  夏目は少し考え、まずは当り障りのない関係で付き合うことを決めた。  からかわれているとは思いつつ、それでも告白されたのは素直に嬉しかった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!