5 / 5

第5話

 言いかけて、アイツがふっと息を飲んだ。 (――おかしい。いつもなら口撃してくるはずの場面……) 「せっかく手を繋いでるのに、これ以上アンタとは喧嘩したくないしね」  小さな声で呟くと、頬を赤く染めて俯いて黙り込む。  恋人らしいことをしているのを、アイツのセリフで改めて意識した。 「まぁそうだな、うん。なんか焦っちゃって」 「焦らなくてもいいよ。少しずつ、慣れていけばいいんじゃない?」  優しいアイツの言葉が、胸にじんと染みた。 「分かった。ちょっとずつ頑張る」  一気に縮まった距離に翻弄されて右往左往した、格好悪すぎる今日の俺。だけど明日からは、少しでも格好いいところを見せるべく、頑張ることを心に誓ったのだった。 おしまい
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

あなたの指で、唇で、私を壊して欲しい。
連載中/26話/31,970文字/0
2月2日
まさか、別れたはずの彼が私の前に再び現れるなんて――
3
2
3
完結済/8話/6,375文字/101
2017年10月11日
王となる人の妻として育てられた。けれど心は王弟に向いていて
1
完結済/99話/101,312文字/25
2018年3月31日
きっかけはよく似た指輪と、罪の匂い。
連載中/5話/4,279文字/0
2018年1月14日
セフレでいいから、なんて嘘。
8
6
4
6
3
完結済/6話/9,999文字/140
2018年3月21日
劇薬博士の溺愛処方の後日譚編です。
1
1
完結済/11話/22,462文字/0
11月23日