1 / 5

第1話

 いつもどおりの日常。学校からの帰り道。目の前で楽しげにゆらゆら揺れる、ポニーテールを眺めた。 「ふふっ、美味しい!」  食い気がありまくりの幼なじみの様子に、こっそりため息をつく。  昔と変わらない、幼なじみという自分の立ち位置。それを変えるべく告白したいのに、何もできない。 「なぁ食べながら歩くの、すげぇみっともないだろ」 「できたての熱々を食べたいんだもん!」 「同じクラスの女子で、同じことしてるヤツはいないって」 「文句を言うなら、ついて来なきゃいいでしょ」  アイツが足音を立てて歩くと、ポニーテールが左右に大きく揺れた。 (しょうがないな――)  急ぎ足で隣に並び、左腕を強引に掴み寄せる。触れることのできる瞬間に、ちょっとだけ胸がドキドキした。 「何すんのよ」 「口の端に、ケチャップついてる。そんな顔を、道行く人に見せたい?」 「それは嫌……」  そのまま腕を引っ張って、すぐ傍にある公園のベンチへと導いた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!