13 / 14

お正月里帰り編 彼の実家へご挨拶

「あけましておめでとうございます。さっそくですが、このたび三葉は職場で親しくさせていただいた整形外科医の大倉琉さんと入籍し、大倉三葉になりました」 『……そうか』 「驚かないんですね」 『いや、いつかそうなるだろうなと思っただけだ』 「まぁ、あなたの娘ですからね……っ」  厭味ったらしく受話器で新年の挨拶と結婚報告をしている三葉を膝に乗せたまま、リビングのソファに座っている琉は、スマホをあてていない方の耳朶を舐めたり、ニットと下着ををまくりあげて胸を露出させ、冷たい指で胸の頂を抓ったり、まろびでてきた乳房を揉みしだいたり、三葉が抗えないのをいいことにやりたい放題している。 「――おっ、乳首勃ってる……いやらしぃなぁ」  小声でぼそりと呟く琉にぎょっとしつつ、三葉は何食わぬ表情で父親との電話をつづけている。 「それで、そちらに挨拶がてらふたりで向かおうかと思ったの、ですが」 『……正月休みはいつまでだ』 「今週いっぱいで、明日から主人の実家に」 『悪いが明日からしばらく家をあける。春先まではバタバタしているだろうから、わざわざ挨拶に来なくていい』 「えっ、ちょっと?」 『どうせ七実と連絡取り合っているんだろ? 詳しいことはそっちに聞いてくれ、じゃあな』  プツンと電話を切られ、三葉は唖然とする。実の娘が入籍したというのに驚きもせず、せっかくだし顔を見せに行こうと思ったのに来なくていいと出鼻を挫かれ、おまけに電話中の三葉をこれみよがしにイタズラしている琉のせいで内容がちっとも頭に入ってこない。 「……んぁっ!」 「おっぱい丸出しで父親に結婚の報告をした気分は?」 「バカぁっ……!」 「電話している間じゅう、我慢していたんだものね、こんなに物欲しそうな乳首して」 「ふぁ……ぁあっッ」  コリッと両乳首をダイヤルのように回して、琉は息を乱す新妻を満足そうに見つめている。  ハァハァと甘い吐息を漏らしながら、恨めしそうに琉を見ていた三葉だが、そのまま彼に唇を塞がれて、文句を封じられてしまう。  執拗な胸への愛撫と舌を絡ませる濃厚な口づけに、三葉の思考能力は奪われていく。ちゃんと今後のことについて話し合わないといけないのに、手に持っていたスマホはソファの上にこぼれ落ち、彼の腕に囚われたまま、喘がされてしまう。  琉は自分の手で快楽へ堕ちる三葉を楽しみながら、ちからの抜けた彼女をソファの上へ横たえて、焦らすように服を脱がせてにやりと笑う。 「……きょ、今日はしないんじゃ」 「明日から実家だぞ? さすがに両親や臨月の姉がいるところじゃこんな風に三葉を抱けないじゃないか」 「ならお父さんとの電話邪魔しないでよ、危うく変な声出しちゃうとこだったじゃない……」 「スリルあったでしょ」  弱々しく反発する三葉をさらりといなして琉は全裸にした彼女を慈しむように観賞する。 「……あぁ、もぉ」 「ふたりで一緒にお正月を過ごすの、初めてだから嬉しくて。俺の部屋で年を越して、近所の神社に初詣して……あぁ、このひとが俺の奥さんなんだなって」 「りゅ、琉せん」 「もう夫婦なんだから、呼び捨てでいいんだよ、三葉」  ちゅ、と啄むようなキスで遮られた三葉は、思わず顔を赤くして、恥ずかしそうに呟く。 「だ、だってまだ婚姻届を出して一週間経ってな……ぁあっ!」 「ふふっ、初々しい奥さんの姿を見ているとついイタズラしたくなるんだよね……かわいい」 「んっ……」 「ようやく俺だけの三葉になったんだな……」 「あっ、あっ……ん」  全身くまなくキスの雨を降らせて、琉は三葉の肌へ深紅の痕を刻んでいく。その間に彼の利き手が彼女の下半身のすでに潤っている姫壺にふれ、淫靡な水音を奏でていく。 「仕事から家に戻ったら灯りがついていて、三葉が待っていてくれる毎日がもうすぐ当たり前になるんだものな……」 「で、でもまだ荷物がっ」 「それはおいおい、なんならその身ひとつで構わないくらい。洋服もいらない、俺が三葉に似合うものを下着からぜんぶ買い揃えて」 「却下」 「……俺は本気だよ?」 「だから怖いの……っ」 「わかったわかった、アパート引き払うのは来月末だよな。それまでに必要な荷物をゆっくり運んでいこう」 「ん」  お喋りしながらたっぷりの愛撫を施して、自身も服を脱ぎ捨てた琉は、すでに硬くなっている一物を見せてくすりと笑う。 「それじゃあ、結婚して最初のお正月の三葉、いただきますか」    * * *  入籍を済ませて迎えた初めてのお正月、元旦の翌日から三葉は武蔵野市にある大倉家へ琉とともに挨拶へ行き、寝食をともにしていた。同じ敷地内にある整形外科診療所は住宅の隣に建てられており、室内の電気が落とされた入り口にはお正月飾りと休診のお知らせが貼られている。琉の両親がふたりで暮らしている家は落ち着いた和風建築で、よく言えば風流な、悪く言えば古臭い、昭和の雰囲気が漂う二階建てだ。琉が生まれた頃から家はそのままで、診療所だけは数年前に建て直したのだという。  初日は緊張でガチガチだった三葉も、琉の両親とお腹のおおきな彼の姉に歓迎されたことで安心したのか、二日目からは台所仕事を手伝ったり、箱根駅伝の中継を見て歓談したり、まるで以前から家族であったかのように溶け込んでいる。  三が日が落ち着き、琉と三葉も土曜日で帰るつもりだったが、「明日の朝には九州から海玖ちゃんの旦那さんが来るからあと一日いて!」と言われて結局日曜日の朝まで滞在することになった。三葉は日曜日に日帰りで実家に顔を出せるかと考えていたのだが、さきの電話で父親に来るなと言われたこともあり「いいですよ」と彼の実家でもう一泊することを快諾、すると琉の母から思いがけない提案をされてしまう。 「海玖ちゃんの振り袖着て、琉と氏神さまのところへ参拝してらっしゃいな」    * * *  口許を彼のネクタイで塞がれ、両手をあたまのうえに持ち上げた状態で着物の腰紐に拘束され、薄紅色の牡丹が描かれた晴れ着姿のまま鴨居に吊るされた三葉は信じられないと夫になった琉を白い目で見下ろしている。 「綺麗だよ、俺の奥さん……」  それ以上の抵抗ができなかったのは、ここが琉の暮らすワンルームマンションではなく、彼の実家の二階にある客間だからだ。  この下では琉の両親と臨月の姉とつい先ほど上京してきた海玖の夫が談笑している。上の階で物音を立てたらきっと何事だろうと訝しまれてしまう。  九州からはるばるやってきた姉の夫はお酒に強いから、すでに父親と酒盛りをしているだろうと琉は目論んでいた。  着物姿で氏神さまのもとに参った後、親族と改めて新年の挨拶を済ませた彼女とともに、スーツ姿だった琉も楽な恰好に着替えてくると言いおいて大広間を抜け出し、彼女を二階へ誘導したのだ。  そしてキシキシ音を鳴らす階段を軽やかにのぼっていく琉に驚く三葉を予め着替えを用意しておいた和室へ押込み、自分がつけていたネクタイで黙らせて、手早く帯をほどいて腰紐で拘束した。  まさかここまできて彼にしてやられるとは思っていなかった三葉は琉にされるがまま、見知らぬ畳の部屋で破廉恥な姿にさせられていく。 「――んっ! ――っ……」 「はだけた着物からのぞく脚も思った通り、素晴らしいよ。ゆっくり目で犯してあげたいけど、長い時間席を外すと気づかれちゃうだろうから、このままつづけちゃうね」 「……っ!?」  帯と腰紐を奪われ、両手を縛られ既に着物を羽織っているだけの無防備な三葉の足元に、琉が顔を近づける。まだ履いたままの白足袋を脱がされ、爪先にキスされて、三葉は顔を真っ赤にする。  裸足にされて両方の爪先にキスされて、そのまま親指を舐めしゃぶられて、三葉の下腹部は彼女の意志を無視して疼きだす。 「感じてるんだ……かわいい」  ちゅぱ、と三葉の足の指を吸ってから、琉は着物を汚さないように背後へ捲りあげて外気に晒された肌に手を伸ばす。長襦袢のしたに隠されていたショーツを剥ぎ取れば、薄い和毛に覆われた秘処が現れる。湿り気があるのは感じてるからだろう、甘酸っぱい彼女の蜜の香りがふわりと漂う。  何も言えない彼女をいいことに、琉は敏感な場所を探しだし、淫核を指先で弾いて莢を剥く。両足をびくびく震わせて逃げようとするから琉の腕で足を押さえ込む。そのまま舐めあげれば、声にならない呻き声を溢して、妻が達する。 「上手にイけたね……このまま突っ込みたいけど着物を汚したくないからいっかい紐をほどいてぜんぶ脱がすよ……口枷はそのまま、ネクタイ唾液でぐちゃぐちゃにしても構わないから……ね?」 「――!」  ――ね? じゃないでしょう!?  三葉が達して身体を弛緩させている間に鴨居に吊るしていた腰紐をほどいて着物を剥がすように脱がせた琉は、紅潮させたまま睨みつける全裸の彼女を畳に組み敷いて、乳首に噛みつきながら自分のズボンのベルトを緩め、手早く彼女の姫壺にいきり勃った分身を押し込もうとして。  太ももから腹部にかけてドピュ、と白濁が放たれた。 「……でちゃった」  ネクタイを自分で外した三葉は瞳を潤ませながら悪態をつく。 「――この、早漏っ……!」  ここまできて挿入しないで終わりなの? と不服そうな彼女に、琉は苦笑する。 「つづきは明日、戻るまでお預けだな」  着替えたら宴会のつづきが待っている。裸にした妻を愛したい気持ちはあれど、彼女を焦らして更に乱れるのならば、一日お預けにするのも悪くない。  そんな風に思えるのはきっと――…… 「……もう、琉ったら。明日の夜、仕返ししますからね」 「それは楽しみだ」  一緒に過ごす日常が、当たり前になったから。  新婚のふたりは慌てて着衣をととのえて、クスクス笑いながら宴のつづく大広間へと、階段を下りてゆく。  まさかこの後、臨月の海玖が破水して、緊急入院した翌日の一月五日に、無事に男児を出産するなんて思いもよらずに。    * * * 「それじゃあ、お正月中に向こうには戻らなかったんだ」 「ななちゃんから事情教えてもらったんですけど、年末に継母の父親が入院したらしくて……」  バタバタしていた琉の実家を辞してから七実に連絡を取れば、三葉の実家もバタバタしていたことがわかった。  七実の産みの母である秋奈の父親が年末に転倒し、骨折したのだ。三葉は面識ないが、七実にとっての祖父にあたるひとだ。  先に継母が向こうに行っていたそうだが、今後のことも相談したいと正月早々後妻の実家行きが決まったのだという。  その直後に前妻の娘である三葉から電話があったから、父親の応答が挙動不審になっていたのだろう。ましてや結婚報告だ。 「じゃあ、結婚の報告はしたんだな。大倉先生の実家にも?」 「はい、挨拶に」  そっちはそっちでバタバタしてしまったが、無事に琉の家族と顔を合わせることができたし、将来整形外科医院を引き継ぐであろう彼の家を見ることが叶った。  しばらくは琉が契約したワンルームマンションで三葉も暮らすつもりだが、子どもができたら二世帯同居も考えてみるつもりだ。  正月休み明けの職場で叔父に顛末を伝えれば、彼はそれは大変だったねと笑いながら三葉を労ってくれた。義姉の破水に居合わせた三葉は酒に酔いつぶれていた男衆に代わり義母とともに車を呼び入院手続きまで付き合ったのだ。翌日早朝に無事出産したよ、母子ともに健康だよという報せを受けて琉と一緒に面会に行って、ようやく安心できた三葉である。 「赤ちゃん可愛かったですよ~、海渡(かいと)くんっていうんですけど。新生児ってあんなに小さいんだなぁって……」  白衣姿でいつものようにドリンク剤を棚に並べながら、三葉は義理の姉になった海玖の赤ん坊との邂逅を思い出し、ふふふと微笑(わらう)う。  破水前の宴会の時にはまだ名前を決めていないと言っていたが、出産して顔を見たらすんなり決まったよと三葉と琉が来たときに嬉しそうに教えてくれた。海玖の海の字をどうしても使いたかったんだとはにかみながら。 「赤ちゃんか……もう何年も抱いてねぇや」 「わたしが琉先生の赤ちゃん生んだら、薫おじさんにも抱っこさせてあげますよ?」 「おや、新婚早々そんなこと言っていいのかな?」 「……できれば結婚式してから、つくりたいけど」 「じゃあ、結婚式もすることにしたの?」 「実家のゴタゴタが落ち着いたら顔を出すつもりだけど、そのときに招待状を渡したらいいんじゃないかって……」  三葉は別に結婚式を挙げなくてもいいと思っていたが、琉が小さな規模のものでいいから式をしたいと望んだのだ。飛鷹をはじめとした仕事仲間にもウェディングドレス姿の三葉を見せびらかしたいから、と。  三葉の実家のことも落ち着いたら一緒に行ってきちんと話をつけるから、と。  三葉も異母妹の七実やお世話になった叔父に幸せな姿を見せたいと思う。たとえ継母に嫌われつづけてしまっても、けりをつける必要があるだろうから…… 「琉先生の仕事の都合もあるから、早くても今年の秋かな」 「そうか、楽しみにしているよ」    * * *  産院からの帰り道、琉がぽつりと呟いた一言が嬉しかった。 「俺、姉貴の子ども見ていたら三葉との赤ちゃん欲しくなっちゃった……かも」 「わたしもいつか、あんな風になれる?」 「なれる」 「そんな風にキッパリ言われると、本気にするよ?」 「だけど。子作りの前に結婚式だな」 「……うん」  入籍して最初のお正月。  予定通りに物事はなかなか進まなかったけれど、三葉と琉にとって、忘れられない穏やかな時間になったのだ。  このあとはじまる結婚式場選びで思いがけない喧嘩をしたり、指輪の購入で一悶着もあるけれど……それはまた、春先の別のおはなし。 「劇薬博士の溺愛処方 彼の実家へご挨拶」お正月休みの里帰り編――fin.
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!