11 / 1

第参幕 嘘ツキたちの革命前夜 * 3 *

「……彼方、アマネなの」 「信じたくなさそうだね? だけど、そう呼ばせるときもあるんだ」  そう呼ぶ、ではなくあえてそう呼ばせる、と応えれば、翡翠はすこしだけ安心したように表情を緩ませる。  けれども夕刻のやりとりを覚えているからか、朝周の姿で部屋を訪れてきた彼を前に、彼女は怯えていた。  そんな翡翠を宥めるように、朝周……周はうたうように口をひらく。 「貴女が自分のことをかわせみと自嘲するように……|愛《・》の|間《・》に揺蕩う|音《・》色、アマネとして」  声色を変えて言葉を紡げば、かわせみに例えられた少女はくすりと笑う。 「そうね……だけど」  周の琥珀を彷彿させる瞳はいまや漆黒の闇夜によって漆黒に染まっている。心を見透かせない双眸を睨みつけるように、翡翠もまた、夜空のような瞳で彼を射る。 「舞台の上から降りてまで、役をつづける必要はないと思う」 「――俺がまだ貴女に対して演技をしているとでも?」  真摯な彼女の返しに、周はぴくりと頬を引きつらせ、そいつは心外だと頬を膨らませる。 「ようやく貴女が気づいてくれたんだ。もはや、演技をする必要などどこにある?」  本気で憤りはじめた周を見ても、翡翠は動じることなく、先ほどとは打って変わって毅然とした態度で彼に言い返す。 「いいえ。彼方は未だ。演技をしつづけている。舞台から離れていても、周囲の期待に応えるために、自分自身をも偽って」 「やめろ、翡翠」 「わたしを求めているのは歌姫と呼ばれたアマネではなかったのね。だけどおあいにくさま。わたしは彼方、金城朝周が嫌いと言ったはず……」  周は翡翠の甘い拒絶する声から逃れるように耳を塞ぐ。けれど、翡翠の鈴のような声は彼の耳底を震わせながら通り過ぎ、心の奥のそのまた奥へ、鍵をかけた秘密の部屋を暴くかのように、浸透してゆく。 「周囲を得意げに欺いて、自分をも騙し続ける彼方なんか嫌いです……こんな風にわたしを惑わせたのはどうしてなの、なんで彼方は――……」  真意を問う翡翠の声。そのあとにつづくのは罵倒か、拒絶か、慟哭か……  周はそれ以上の追求を避けるため、無防備な彼女の顎に手をやり言葉を遮る。 「これでも我慢していたんだよ……でもね、やっぱりあきらめられないや。嫌いでも構わないから、俺のものになって?」  そして強引に翡翠の言葉を奪い取る。 「いやっ――んっ……!」  荒々しいまでの接吻に襲われ、翡翠はアマネが真実男性であることを思い知る。  アマネの姿でいたときはけしてふれてくることのなかった唇に、周は当然のように自分のそれを重ねてきて、そのまま舌先を彼女の口腔に侵入させ、奥深くまで絡めてゆく。抱き寄せられた際に彼の胸板を服越しに叩いていやだと訴えても、彼は淫らな口づけを止めようとはしない。  黒糖飴の味の接吻を受けて身体のちからが抜けた翡翠を軽々と抱き上げ、どかどかと部屋に入り込んだ周は、唇から滴る銀の糸を拭いながらはぁはぁと息を乱す彼女を寝台の上へ転がし、抵抗しないよう自分の髪に結んでいた黒いリボンをしゅるりとほどき、彼女の両手首に巻きつける。  相変わらず無防備な夜着の姿でいる翡翠は、まさか今夜もアマネが訪ねてくるとは思いもしなかったのだろう。それも、女装姿ではない、れっきとした男性の姿で。 「やめて、くださいっ……あまねさ」 「やめない」  みしっ、と寝台が重々しい音を立てる。翡翠の華奢な身体を押し倒した周は、やめてと懇願する翡翠の言葉を無視して、彼女のネグリジェを器用に脱がしていく。  もう幾夜も、アマネとして裸にした彼女を、本来の姿で同じようにことを起こす日が来るとは思いもしなかった。  必死になって抵抗を試みようとする翡翠だったが、両手首をあたまのうえで縛られたこの状態で動くことができず、左右に身体を捩ることしか叶わない。その動きが、彼女の身につけていたものを容易く剥がしていくことに気づくこともなく。 「嫌い……嫌いですっ、こんなことするアマネなんて……!」 「可愛い翡翠。今夜はいつもよりたくさん、素晴らしいことを教えてあげるからね」  わざとアマネの甲高い声で甘く囁けば、翡翠の身体は素直に抵抗を止める。いままでの淫らなレッスンで、アマネの言葉には従順になっているのだ。  そのことに気づいた翡翠は顔を真っ赤にして否定する。 「イヤです……もう、歌姫になる特訓は……」 「じゃあ、俺の花嫁さんになってくれるね?」  ――音をあげて、朝周のお嫁さんになってもいいのよ? 「え……そ、そうじゃなくて……」  しどろもどろになる翡翠を前に、周が嗤う。  どこか壊れたような、淋しそうな表情で。 「翡翠が選んで。歌姫の練習の最後の仕上げをするか、俺の花嫁になるか……どっちにしろ、最後まで抱くのは決定事項だけど」  ネグリジェを脱がせて一糸まとわぬ姿になった翡翠を見下ろし、周が勝ち誇ったように告げる。 「どうしてそんな意地悪なこと」 「翡翠のことがすきだから」 「……すき?」  きょとんとした表情でこちらを見つめる翡翠を見て、周もまた、すきだよ、とやさしく囁く。  強引に手首を拘束して、裸にしてすきだよ、というのもどうかと思うが、周は周なりに必死になって翡翠に心を渡そうとしたらしい。  けれども、アマネとして自分をさんざん弄んでいた頃のことを思うと、今さら実は自分が歌姫のアマネで貴女の婚約者でした、と暴露したところで、素直に結婚に頷けるかと言えば、彼にすきだと求められているとはいえ、素直になれない翡翠である。 「嘘」 「嘘をついているのは、翡翠の方じゃない? だってほら、嫌い嫌いって言いながら、俺の声に、指の動きに、このうつくしい身体は応えてくれているじゃないか」 「……っ!」  ぴん、と乳首を弾かれ、翡翠が甘い吐息を漏らす。すでに赤く色づいた左右の突起は、かつてアマネに施された愛撫を求めるかのようにいやらしく尖っている。 「うつくしくなんか……アマネの方が、うつくしいのに」 「うれしいことを言うね。やっぱり君をお嫁さんにする」 「……それとこれとは話が別で……ゃんっ!」  翡翠の言葉を遮るように、周は彼女の膨らみかけの乳房を両手で包み、ふにふにと揉みはじめる。アマネの手で一月以上丁寧に調教された翡翠の身体は、あまりにも容易に、呆気なく陥落した。  胸を弄られながら唇で口を塞がれ、翡翠は喘ぐ。艶まじりの甘い声音に、周もまた応えるように、彼女の乳暈を指の腹で撫でながら、舌先を歯の裏までのばし、歯列を辿るように這わせていく。隅々まで味わおうと貪欲に蠢く周の舌は、翡翠の歯茎に味蕾を擦りつけたところで、いったんはなれた。  黒糖飴の濃厚な甘みが口じゅうに拡がる。ただの飴だとわかっているのに、彼の唾液から香るからか、まるで媚薬を飲まされてしまったかのような錯覚に陥る。唇から垂れた唾液を拭いたくても、両手首を縛られているこの状態では拭えない。焦る翡翠を面白がるように、周は自身の顔を彼女の太もものあわいへと近づけ、口腔を犯したときのように、長い舌で蜜口に差し入れ、かき回し始める。 「や、それ、ダメぇっ……」 「ダメじゃないだろ?」  ざらざらした舌先が蜜洞を擦るように蠢く。やがてくちゅくちゅといやらしい水音が奏でられ、あたまのなかに靄がかかりだす。  彼の両手は相も変わらず翡翠の左右の乳首を引っ張ったり摘んだりして戯れている。 「ほら、もう甘い蜜を零している」 「う……そ、んぁ……」 「翡翠はこうされると、イイ声が出るんだよね」 「いやぁ、いやなのぉ……!」  和毛の上に顎を乗せたまま、周は乳首を弄っていた片方の手を秘芽へ持っていき、くりくり、くりくりと慣れた手つきで刺激する。零れだした愛蜜をまぶし、さらに一点を指の腹で突けば、翡翠の身体が落雷に打たれたかのようにびくんと跳ねる。  絶頂を前に、翡翠の脳内が真っ白に染め上げられてゆく。そして。 「い、ひ、ぁあ、あぁ、あ――……っ!」
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!