5 / 1

第弐幕 黒糖飴と歌姫修行 * 1 *

 明治三十七年に株式会社三越呉服店がデパートメント宣言を新聞紙上に掲載したことから、百貨店の普及ははじまった。帝都東京日本橋ではじまったそれは明治の終わりには多くの都市に拡がり、いまでは白レンガのルネサンス式の建築物やエレベーター、スプリンクラーが設備された屋上庭園、きらきらしいシャンデリアにステンドグラスなどの装飾が施されたデパートメントは西洋化の象徴であるとともに庶民の憧れの場ともなっている。  横濱伊勢佐木町にある金糸雀百貨店もまた、モダンな赤レンガが目を引く五階建ての西洋風建築である。外観を損なわないためか、敷地内はすべて赤レンガで統一されており、住みこみの従業員たちが暮らす寮棟も赤いレンガの壁に囲まれている。とはいえ、手入れが行き届かない裏庭は|木蔦《アイビー》の深い緑色の枝葉に覆われているだけで、華やかな正面と比べると、物淋しく、そこから一番近い部屋は横濱の喧騒を寄せ付けることもない。  だから青年は耳栓をつけずに安心して眠れるこの部屋で、今朝も当然のように起床し、文句を垂れる。 「|靭《じん》の部屋には華がないね」 「男子寮に華を求めないでください」 「ここならゆっくり眠れるんだよ、耳栓をつけなくても……とはいえ、白レエスの天蓋つきの寝台で姫君のように麗しく目覚められたらもっと素敵な朝になると思わないかね?」 「思いません」  靭と呼ばれた男は主の夢想を一蹴し、現実を見ろと冷淡に告げる。 「それより、迷い込んできた小鳥を追い払いたいんですよね?」  それを見て彼はフンと毒づく。 「狸ジジイの思い通りになってたまるか」 「でも、社長は彼女を雇って歌劇団に所属させたと……」 「あれは単なる時間稼ぎ……それに」  ――売られてきた花嫁には、婚約者がいた。  夜中に耳にした「皓介さま」という声。耳がよすぎるがゆえにきいてしまった少女の悲痛な声が、昨晩から離れない。 「金糸雀の鳥籠に、|翡翠《かわせみ》は不要だよ」 「……珍しいですね。絆されました?」 「誰が!」  ぷい、と背を向け、青年は耳栓をした後、靭の部屋から優雅に去っていく。それでも聞こえてしまうざわめきを煩わしく思いながら男ばかりのB棟をうんざりした表情で通り抜け、ようやく朝陽が差し込む裏庭に辿りつく。  陽のひかりを浴びた薄紅色の秋桜が涼やかな風を受け、ゆうらりと揺れている。鼻歌まじりにたおやかな花の動きを思わず目で追いかけ、ステップを踏みながら腰をくねらせたところで自分以外のひとの吐息に気づき、苦笑する。茂みの奥に見えるのは海老茶式部の裳裾だろう、洋装が多い敷地内ではなかなか場違いな装束である。 「誰だい?」 「……たぶん、あなたの婚約者です」  花と戯れる気色悪い男を隠れて見ていた少女は、ひょっこりと顔を出し、悪びれもせずそう応えた。    * * * 『早起きできるようなら裏庭に行ってごらん、彼に逢えるかもしれないから』  昨晩、アマネがさりげなく教えてくれた情報は、翡翠の好奇心を刺激するのに充分だった。  緊張で早く目が覚めてしまったため、荷物の中にはいっていた海老茶式部を着て、平常心を保とうとしたが、その努力は残念ながら実っていない。実際に婚約者を目撃した翡翠は、挙動不審状態に陥っている。 「あわわ。ほんとうに、いましたっ……!」  まるで珍獣扱いをされているようだと朝周は思うが、顔には出さず、爽やかに切り返す。 「いい朝だね、お嬢さん」  男性にしてはじゃっかん高い声が、翡翠の耳元へ滑り込む。どことなくアマネと似たような感じがするのは、血が繋がっているからなのか。  浅黒い巨人だなどと噂されていた朝周だが、実際に見たところ、誠より肌の色は薄く、背も男性にしては低く見える。たぶん、彼を知る前に大柄のアマネを見ていたからだろう。  とはいえ、花と戯れて躍っていたというのに軟弱な雰囲気はない。全体的に隙のないアイロンがしっかりかけられた白いシャツに黒いスラックスがそう見せているのかもしれない。そのうえ、足元の厳めしい軍靴は磨かれたばかりなのか黒光りしている。  肩までの黒髪は黒いベロアリボンで束ねられ、だらしない感じは見受けられない。ただ、ひとなつっこい表情とくりくりした瞳が少年らしく見えるのは、欠点かもしれない。  金糸雀百貨店の御曹司、と言われれば素直に納得できる目の前の青年に、翡翠は瞳を瞬かせ、こくりと首を縦に振る。 「金城朝周……さま?」  確認をとるように名を紡げば、彼は不服そうに口をひらく。 「そう呼ばれるときもある」 「はあ」  やっぱり目の前にいる彼が翡翠の今度の婚約者なのだろう。だが、彼はそう呼ばれることを否定はしないものの、どこか自分ではないもののように捉えているきらいがある。  翡翠は首を傾げ、朝周の後ろからぬぅと現れた巨体を見て声を震わせる。 「ぁあっ、黒き巨人!」 「……坊、あの失礼なお嬢さんが?」 「そうだよ靭。噂の悲劇のヒロインさ」  あえて突き放すように応え、翡翠に告げる。 「こっちは靭。俺が生まれたときから傍にいる兄のようなものだ」 「……てっきり朝周さまかと」 「それは光栄です」  靭もまた、朝周と同じように黒いスーツを着用している。どうやらこの洋装が百貨店の制服のようだ。 「では、間違いないのですね。こちらの方が」  戸惑うように翡翠を見て、朝周に確認を取ると、彼もまた困ったように視線を反らす。 「親父が金で連れてきた婚約者だよ」  じゃっかん棘のある言葉に、翡翠は苦笑を浮かべ、靭に礼をする。 「立花翡翠です。朝周さまとの結婚を迫られてはいますが、まずは金糸雀歌劇団の歌姫になるため、こちらでお世話になることになりました」 「……貴女が首位歌姫になるのなら、婚約をなかったことにする、でしたっけ」 「ええ。でもいますぐは無理だと思います」 「だそうです、坊」 「なぜ俺にふる」 「よい縁談だと思うのですが」 「本人たちを差し置いて周りが盛り上がっている時点で俺は気に食わない」  気まずそうに翡翠から顔を背け、朝周は言い放つ。困惑する翡翠を見て、靭は朗らかに言い返す。 「彼なりの照れ隠しです。諦めてください」 「諦めるのですか」 「坊の天邪鬼な性格と奇抜な趣味は誰がなんと言おうとも翻ることがないのです。奥方になられるということはそれらすべてを大らかに受け入れる必要が出てくるわけです」 「はぁ」  よくわからないと翡翠が首を傾げると、朝周と目が合う。彼の瞳は朝陽のせいか、澄んだ琥珀のように美しい。  そして朝周も翡翠の自慢のまるい宝玉のような双眸に魅了されたのだろう、即座に視線を反らし、うろたえながら声を出す。 「靭。この砂糖菓子みたいな女の子をどうにかしてくれ。このままじゃ狸ジジイの思うつぼになってしまう」 「いいじゃないですか、可愛いんだし」  慌てふためく朝周を見て、靭は面白がっている。その横で事情が呑み込めない翡翠だけがきょとんとしている。 「……まあいい。俺と結婚する気がないから歌劇団に行くのだろう? しばらくはそこで芸を磨くがいいさ」 「結局自分で自分の首を絞めてますね」 「いちいち余計なことを吹き込むな」 「坊が不器用だから注釈を加えているのです。老婆心と心得ていただければ……」 「だから! 俺はお前が気にいった」  靭の言葉を遮り、怒ったような顔で、朝周は告げる。 「が、気持ちが落ち着くまで歌劇団にいればいい。過酷な練習に耐えられなくなったら俺のところに来ればいい。なんせ七色の声を持つ歌姫と正面からやりあって勝てるとは思えないからな」  靭、ちょっと向こうに行ってろと目で合図した朝周は、彼の姿が見えなくなるのを確認してから真面目な表情に戻り、翡翠に囁く。 「舞台が厭になったらいつでも可愛がってやるよ。あと、喉は大事にしろよ、っと……」 「んふっ……ン!?」  物音を立てずに彼女の顎を掬い取り、舞台の|接吻場面《キスシーン》のように気障らしく口づけられ、翡翠は目を白黒させる。  突然の接吻で時間を止められてしまった翡翠は初めての出来事を前に硬直している。  ――嘘、いきなり口吸いしてくるなんて!? いやだ舌? 何? 口の中に入れられたの? ……甘っ!  唾液とともに入り込んでくる濃厚な砂糖の甘みに混乱しながら、翡翠は口内に転がってきた固形物を舌で味わい、それが彼の歯ではないことに気づいて正気に却る。  その瞬間、唇がはなれて銀色の唾液がたらりと零れ落ちる。 「っ!」 「これくらい、なんてことないよな? だって歌姫になるんだもんね」 「ふ、ふざけないでください! ……飴?」 「そ。黒糖飴だよ?」  悪戯っぽく笑いながら朝周はポケットから黒糖飴を取り出す。ふつうに手渡せばいいものを、わざわざ口移しで渡してくる時点で悪質だ。 「花嫁殿。俺のこと好きになってくれるかな?」 「……こんな破廉恥なことをいきなりしてくるひとは、嫌いです!」  ぷい、と顔を真っ赤にして背を向けて翡翠は逃げ出す。  そんな彼女をくすくす笑いながら朝周は、それでいいとこっそり嘯くのだった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!