1 / 1

序幕 とつぜんの別離

 |周《あまね》の前に立つ少女はうつむいて、困ったように表情を曇らせている。困惑した彼女の表情は無邪気さを彷彿させる|稚《いとけな》い部分が残りつつも、ほのかに艶っぽさが垣間見えている。その色っぽい空気は、ほんの数日前まで彼女が知ることもなかった、大人びた女性らしさとも表現できた。  |黄金《きん》色がかった栗色の髪に、とろみを帯びた青黒い瞳。母方の祖母が西欧の人間だからだという話をどこかで聞いたが、いまさら彼女の出自自体に興味はない。  周にとって大事なのは、彼女のような希少なうつくしい少女はこの小さな島国では滅多にお目にかかれないというところと、それゆえに自分が彼女を護らなくてはならないというところにあった。  膨らみかけた胸元をはじめ、身体の線がくっきり映える薄絹のワンピースからすらりと伸びた手足は陶器のように真っ白で、穢れを知らない新雪のようだ。震える指先に視線を向ければ、桜貝のような爪が丁寧に磨き上げられていて、淡く光を放っている。初夜がくるまで結ばれることが叶わないのは悲しい限りだ。それまでは逃げられないように快楽の檻に閉じ込めて、甘い啼き声で歌わせよう。このあいだの夜のように。  どこから見ても完璧な。ほんとうにうつくしい、西洋人形のような乙女。  自分の花嫁になるかもしれないと連れてこられた彼女を初めて見たあのときから、自身を偽りながら快楽の淵へ誘い、容易く溺れるようになるまでの時間は思っていたよりも短かった。  けれども周にとっての誤算は、それだけではなかった。利用できるだけ利用して、棄てようと思っていた。だからわざと嫌われ者になろうと、いつものように演技をしようと試みて、失敗した。  彼女の面影ばかり追い求めるようになってしまった自分が隠していた素顔。こんなところで教えるつもりはなかった。それでもようやく彼女はこちらを向いて、本来の自分を見てくれた。  ――すこし、いや、かなり怯えてはいるけれど。   「……彼方、アマネなの」 「信じたくなさそうだね? だけど、そう呼ばせるときもあるんだ」  そう呼ぶ、ではなくあえてそう呼ばせる、と応えれば、少女はすこしだけ安心したように表情を緩ませる。 「貴女が自分のことをかわせみと自嘲するように……愛の間に揺蕩う音色、|愛間音《アマネ》として」  声色を変えて言葉を紡げば、かわせみに例えられた少女はくすりと笑う。 「そうね……だけど」  周の闇に染まった漆黒の双眸を睨みつけるように、少女は夜空のような瞳で彼を射る。 「舞台の上から降りてまで、役をつづける必要はないと思う」  真摯な彼女の呟きに、周はぴくりと頬を引きつらせる。 「――俺がまだ貴女に対して演技をしているとでも?」  そいつは心外だと周は頬を膨らませて、少女に告げる。 「ようやく貴女が気づいてくれたんだ。もはや、演技をする必要などどこにある?」  本気で憤りはじめた周を見ても、少女は動じることなく、先ほどとは打って変わって毅然とした態度で彼に言い返す。 「いいえ。彼方は未だ。演技をしつづけている。舞台から離れていても、周囲の期待に応えるために、自分自身をも偽って」 「やめろ、|翡翠《ひすい》」 「わたしを求めているのは歌姫と呼ばれたアマネではなかったのね。だけどおあいにくさま。わたしは彼方、|金城朝周《きんじょうともちか》が嫌いと言ったはず……」  周は翡翠の甘い拒絶する声から逃れるように耳を塞ぐ。けれど、翡翠の鈴のような声は彼の耳底を震わせながら通り過ぎ、心の奥のそのまた奥へと突き進んでいく。  鍵をかけた秘密の部屋を暴くように。 「周囲を得意げに欺いて、自分をも騙し続ける彼方なんか嫌いです……こんな風にわたしを惑わせたのはどうしてなの、なんで彼方は――……」  真意を問う翡翠の声。そのあとにつづくのは罵倒か、拒絶か、慟哭か……  周はそれ以上の追求を避けるため、無防備な彼女の顎に手をやり言葉を遮る。 「これでも我慢していたんだよ……でもね、やっぱりあきらめられないや。嫌いでも構わないから、俺のものになって?」  そして強引に翡翠の言葉を奪い取る。   「いやっ――んっ……!」  荒々しいまでの接吻で。    * * *  |天鵞絨《ビロード》でできた深紅の帳が中央から左右の袖へと裂けてゆく。夕陽を彷彿させるくれなゐの幕の向こうには、海原の波飛沫を身に纏ったようなドレスの少女がひとり、ぽつねんと立っている。  大人びた、どこか淋しげな表情の少女は、青碧に染められたスカートの襞を漣のように揺らしながら、正面観客席へ歩を進めていく。近づくにつれて、彼女の背が、自分よりもおおきいことに気づく。  大柄の少女が舞台中央奥から前へ足を滑らせたのと同時に、ピアノの演奏ははじまった。  ぽろろん、と零れた音はまるで天から降りはじめた慈雨のように優しく、儚げで、観客たちはその音色の美しさに溜め息をついている。  翡翠もまた、そのうちのひとり。    ――なんて、切なげな|洋琴《ピアノ》の音。  けれど、舞台に立つ少女はその音色とともに、懐から取り出したナイフで己の喉を貫いていた。ひとすじの赤い光線が少女の流血になり、やがてぷつりと消滅する。 「ぁっ!」  悲鳴を零してしまったにもかかわらず、翡翠はその場面から目を落とせずにいる。その隣で、|皓介《こうすけ》もまた、彼女の震える手を握りしめたまま、暗い舞台の上へ視線を向けている。  一瞬にして世界は闇へと沈んでいた。  静まり返る客席を嘲笑うかのように、息絶えたはずの少女の楽しげな歌声が響き渡る。  奏でられるピアノに合わせて、澄みきった少女の声が、照明を落とした舞台に光を導く。  そして、楽園が出現する。黝い不吉さが漂っていたさきほどまでの絶海の孤島ではない、新たな陸地が。  少女は歓喜の歌を唇に乗せる。  同時に周囲は色彩を取り戻す。七色の虹のように眩いばかりの、哀しみの滅びた世界。  息をのんだ観客の前で、少女は声高らかに、うたいつづけている。  翡翠は少女から目が離せなかった。視線を背けることができなかった。舞台のうえでひとり、さまざまな表情を、歌を、魅せる彼女から。  美しい歌声が流れるなか、幕は下りた。湧きあがる拍手と歓声に、翡翠は我に却り、慌てて拍手を送る。  死して結ばれたふたりの、情熱的な恋の物語の終幕だった。    けれど、翡翠は知らなかった。この物語のような転落が、自分の身に差し迫っていたことを…… 「皓介さま。すごいのね! |金糸雀《かなりあ》歌劇って」  さきほどまで見ていた歌劇の余韻を引きずったまま、翡翠は婚約者の皓介と陽が落ちたばかりの|横濱《よこはま》を歩く。|瓦斯灯《ガスとう》が生み出すふたりの陰は手を繋いだ形で陽炎のように揺らめいている。 「歌劇を見るのは翡翠、初めてだったな」 「ええ……お父さまがなかなか許してくださらなかったものですから」 「無事試験に受かって結婚したらいつでも見に行けるだろう、とは言われたけどね」 「お父さまったら、皓介さまにまでそんなことを?」  まぁ、と呆れる翡翠に、皓介は柔らかく微笑む。久しぶりに見た婚約者は、まだ帝国大学の学生だというのに翡翠よりも数倍も大人びて見える。  ――結婚なんて、もうすこし先のはなしなのに。  女学校に通う翡翠は、未だに結婚という言葉の響きに現実味を持てないでいる。  それでも見慣れない背広姿の皓介と並ぶと、翡翠は面映ゆい気持ちになってしまう。 「|行弥《ゆきや》さんは翡翠を手放したくなくて仕方がないみたいだな」  父の名を出されて翡翠は頬をぷぅと膨らませる。栗鼠が木の実を頬張るような翡翠の表情を見ても、皓介は微笑を浮かべたままだ。 「……お父さまは過保護なんです。わたしだって数えでもうすぐ十八になるんですよ」 「だからですよ。まだ翡翠は女学生だけど、同い年くらいの女の子で働きに出ている子もいるでしょう?」 「離れていくのが淋しいのかしら」  当然のことなのに、と呟く翡翠に、皓介も苦笑している。 「そういえば、今日観た歌劇団の主演女優も貴女と同じくらいだったと思いますよ」 「え、そうなんですか? あの金糸雀の首位歌姫が……」  |小鳥遊愛間音《たかなしあまね》。アマネと呼ばれている彼女の煌びやかな芸名は、歌姫にぴったりだと翡翠は溜め息をつく。  東京日本橋の白木屋百貨店の白木屋少女隊に対抗する形で生まれた金糸雀百貨店の金糸雀歌劇団は創設して間もないものの、花型女優であり歌姫である小鳥遊アマネの華々しい活躍により、すでに横濱の新たな名物として注目を浴びているのだ。まさか彼女が自分と同年代だったとは。 「どうしたらあんな風に歌えるのかしら」 「翡翠はいまのままでも充分だよ」 「でも……」 「翡翠、遅いわよ!」  鉄道が行き来する横濱駅の駅舎まで辿りついたところで、皓介は待っていた翡翠の叔母、みどりの元へ翡翠を引き渡す。  木製の|長椅子《ベンチ》に座っていた濃い紫色のドレスを着たみどりは、ゆったりと立ち上がり、翡翠と皓介へ視線を向ける。 「みどり殿、申し訳ない、ゆっくり歩きすぎたみたいだ」 「翡翠が歩くのが遅すぎるのです。皓介さまが気になさることはございませんわ」 「ごめんなさい、みどりさん」  ぺこりと頭をさげる翡翠に、みどりはいやだわと声を荒げて言い返す。 「まぁ、仕方がないわね。最後のデエトですもの、少しくらいは大目に見ますわ」 「最後?」  翡翠と皓介が首を傾げると、みどりはあらやだと豊満な身体を揺らしながら意地悪そうに微笑み、告げる。 「そうよ、可哀想な翡翠! あんたはね、これから売られるの。可愛がってくれたお父さまにね」  みどりの言葉は、未だ観劇の余韻に浸っていた翡翠に容赦なく襲いかかる――……
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!