21 / 22

21

…また、知らないところだ。 正確な時間は分からないけど、たぶん舞さんのお家には1日とちょっと、いたと思う。舞さんのお部屋、天井は白かった。 でも、いま私がいるこのお部屋、天井が黒い。舞さんの、お家じゃない。実は、目が覚めてからそれなりに時間が経っている。気がついた時はびっくりしたけど、頑張って記憶を辿ったんだ。 玄関から音がしたと思ったら、知らない男の人が入ってきて、首をトンッてされて……それで、ここ。 「お母さんとお父さん…」 いや、ない。ありえない。お母さんとお父さんが私を心配してるのだけはない。……自分で言ってて悲しくなってる事は無視をする。 そしてもういっこ、気付いた事。私の足首、なんかついてる。それも怪我をしてる方だから、当たって痛い。 私には毛布がかけてあって、少し寒いけど我慢できた。少し右足を動かしてみる。 「っ、…」 やっぱり、何かついてる。がしゃがしゃ音がする。……なんだろう。勇気を出して身体を起こしてみる。その勇気が、間違いだということもわからずに。 「お目覚めか」 「…っ?!」 その人は、普通にその場にいた。寝ている私からは見えなくなる所に椅子を置いて座っていた。びっくりして、思わず飛び起きた。……いろんなところが痛かったけど。 その声は、間違いなく……あの部屋で、私を無理やり……。 「随分と眠っていたな」 身体が、動かない。……怖い。それだけが頭の中を埋め尽くす。 怖い、怖い怖い怖い……! また……、また私はこの人に…? 随分とって、どれくらい寝てたんだろう…? その罰を受けなくちゃいけない? いっぱいかな、たくさんかな……。怖い……嫌、だ………。 「…お前はどうしてここにいるか理解しているか?」 「……い、え」 もう知らないよ。何も知らない。…お願いだから、何も聞かないでよう……っ。 「お前、何が望みだ。いくらで雇われた。とっととはいそうですと口を割ればいいものを」 「……が、…っ…う」 だから、違うんだってば。 「あ、の…」 「…なんだ」 私、じゃない。 「わたし………本、当に…何も、知りません…」 「まだ言うか」 うつむいていた視界のはしで、男の人が動くのが見えた。気づくと、その人は私の上にいた。上半身を起こしていたはずなのに、また寝転んでいて。その人を、見上げていた。一瞬、何がどうなったのか分からなくて。理解した途端に、またあの恐怖が込み上げた。 1回怖いって思っちゃうとダメで、とまれとまれって思うのに震えが止まらない。 「安心しろ、殴りはしない。ただ別のホシがあがってくるまでお前には………そうだな、俺の相手をしてもらう」 「い、」 「いや、と……拒否をできる立場ではない…とは散々言ったはずだが?」 ……どうして、こんなことになっちゃったんだろう。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!