29 / 41

第29話

 プラグの先端をひたりとあてたあと、真は淫裂に指を這わせた。  そこはもうすっかり蕩けていて、ぬめりを帯びた光沢を放っている。  甘露に濡れたピンク色の花びらを慎重にかきわけると、奥から新しい蜜が溢れてきた。透明なしずくが肉ヒダを伝い落ちて、また花弁を濡らしていく。花の香りに吸い寄せられた蝶のように、真はそこに顔を寄せた。プラグの先端をすぼまりに押し当てながら、淫蜜が溢れるところに舌を伸ばす。  尖らせた舌先で湧き出るしずくをすくい取ると、濃厚な雌の味がした。舐め取ってもそれはなくならないどころか、あとからあとからしみ出してくる。びちゃびちゃと音を立てながら舐めしゃぶると、それに合わせてマリィの声がすすり泣いているようなものに変わっていった。 「ああ……っ! や……んっ! そこっ、イイっ!」  愛液の匂いと味、それに喜悦が滲んだ嬌声は、雄の本能に火を付けた。手にしたプラグのことなどすっかり頭から抜け落ちてしまい、ミルク色の尻たぶをしっかりと鷲づかみ、真は赤く色づいた淫裂にむしゃぶりついていた。媚肉をかきわけながら尖らせた舌先を先に進めると、マリィが声にならない声を上げる。 「ふぁ……っ!!」  蜜壺を満たす粘液をかき出してやると、蠢く肉ヒダの動きが舌に伝わってきた。舌の抜き差しを激しながら、真はあえて避けていた肉粒へ指を伸ばす。したたった蜜を塗りたくってやると、マリィの体が大きくビクンと跳ね上がった。 「イっ、イっちゃうっ……。ダメっ! や……ぁっ!」  真が荒い息を吐きながら充血した女陰にむしゃぶりついていると、マリィはベッドに突っ伏しながら赤い髪を振り乱す。すると、掴んでいた尻肉がこわばったと思ったら、ぶるぶると小刻みに震え出した。 「や……あ……っ! あ……っ! 真! 真っ! イくっ!」  すすり泣きの合間に聞こえた自分の名。それを耳にした瞬間、体の奥がカッと熱くなった。真は何かに突き動かされたように、ばっと唇を離しいきり立ったものでマリィを貫いた。すると、それを待ちかねたように、柔らかなヒダ肉が肉棒に吸い付き、きゅうきゅうと締め付けてくる。突如襲ってきた強烈な快感に、危うく精を漏らしそうになったが、真はぐっと奥歯を噛んで堪えた。  ぱんぱんに膨れた亀頭で柔肉の奥の奥を突いてやると、マリィの体が陸に打ち上げられた魚のごとくビクビクと跳ねた。鈴口にあたる柔肉が、きゅっとすぼまりそこを刺激する。 「真っ! 真っ! もうっ、ダメぇ……」  逃げを打とうとし始めたマリィの腰を両手で掴み、真は更に追い打ちをかける。腰を突き上げるたびに、淫猥な音がそこから立ち上がった。ブルブル震える体はすっかり上気しピンク色に染まり、肌には汗が滲んでいる。名を呼ばれたとき、急に湧き上がった衝動はまだ収まり切れていない。まだ燻っている情欲の矛先をどこへ向けたらいいのだろう。と、そのとき汗が滲んだマリィの背中が見えた。  真は荒い息を吐きながら、薄い皮膚に強く吸い付いた。幾度となくそれを繰り返したあと、浮き出た肩甲骨の間には、うっすら赤いあとがいくつか遺っていた。それを見ていると、それまでベッドに顔を突っ伏していたマリィが、はあっと大きな息を吐き出しながら顔を横にした。  乱れた長い髪のあいだから覗いたマリィの頬は赤くなっていた。しかも、涙の跡がうっすらと残っている。真が、顔に掛かった赤い髪を払ってやると、それに気づいたのかマリィがちらりと目を向けた。涙ぐんでいる黒い瞳を目にしたとき、真ははっと我に返る。  体の熱を逃がすように深く息を吐き出すと、衝動が急に勢いを失っていった。汗ばんだ女の体を背後から抱きかかえ、真は深呼吸を繰り返す。ひと心地ついたあと、真は今度はゆっくりとした動きで、抜き差しし始めた。 「あ……ん……」  熱を帯びた艶めいた声だった。えぐるように腰を穿つと、その動きにあわせて白いししおきが快感を求めるように揺れ動く。マリィと呼吸を合わせるようにしていると、やがて白い体が淡い光を発し始めた。中の肉ヒダが一斉に肉棒に絡みつく。 「う……っ」  急に締め付けられてしまい、真はとっさに歯を食いしばる。募る射精感を抑えつけたけれど、いよいよ我慢ができなくなってきた。マリィを見ると、浅い呼吸を繰り返しながら、再び絶頂を迎えようとしているようだった。  真はマリィの体を背後から抱き締めながら、腰の動きを早くさせる。すると、小さな手が、枕をぎゅうっと握りしめた。真は、その手に自分の手を重ね、ぎゅっと握りしめた。そして、マリィの名をうわごとのように呼びながら、彼女の体の奥へ子種を注いだのだった。  強烈な快感が体を突き抜けた後、頭の中が真っ白になった。  そして、一瞬途切れた意識が戻り、息苦しくなってきた。  熱い柔肉の奥へ精を放った後、真はマリィの体を抱いたまま大きく息を吐く。  ドギースタイルで繋がったマリィは、腰を突き出したままはあはあと荒い息を吐いていた。  真が濡れた背中に顔をすり寄せると、くすぐったいのかマリィが身じろぎした。  そのときカシャンと音がした。その音はマリィの両脚を拘束している棒だった。  ずっと両脚を固定したままだったことを思いだし、真はゆっくりとペニスを引き抜いたあと、彼女の足から枷を取り外す。すると、それまで四つん這いになっていたマリィの体が、ゆっくりとベッドに倒れ込んだ。汗ばんだ白い腿に、放ったばかりの白濁が伝い落ちる。それを目にしたとき、得も言われぬほどの喜悦を覚えたが、すぐにそれは薄れていった。真は倒れ込んだマリィの背中に回り込み、背後から抱き締める。  いまだ絶頂の余韻に浸っているのか、マリィは息を弾ませながら、体を震わせていた。乱れた赤い髪に顔を埋めると、汗の匂いに混じって、ほんのりとチャームが香る。それを胸いっぱい吸い込んだ後、心地よい疲労感のせいか、真は眠りについていた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!