2 / 2

第2話

ある晩ね あいすくりーむの話し合いを雲さんやお星さまがしていた! ぼくも、話し合いに入ったんだよ。 「ね!あいすくりーむって何の話し合い?」 「あれ?お月さま?知らないの?」 「うん(´・ω・`)?」 「そうなんだあ~!教えてあげる!」 「ありがとう~!」 「あいすくりーむってね!氷みたいなクリームなんだあ~!」 「ふむふむ!」 「下の世界にあるのさ!」 「うん(´・ω・`)ヨシ!食べにいくョ~!」
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

両片思いなのに、不器用な二人の一冬のエロ甘なお話。
2
完結済/5話/10,000文字/20
2017年10月28日
私は今日も、姉の婚約者に抱かれるーーーー
1
1
完結済/16話/15,117文字/12
2018年1月7日
憧れの先生のモデルをすることになった楓。二人きりの部屋で先生の視線が身体を疼かせる。
3
1
3
1
完結済/1話/6,115文字/79
2018年1月13日
セフレでいいから、なんて嘘。
8
6
4
6
3
完結済/6話/9,999文字/140
2018年3月21日
あるバレンタインの日姫花は、カフェ Rionで必死に、最愛の彼氏英知にあげるバレンタインチョコを作っ
連載中/1話/1,564文字/0
2018年5月25日
僕と君が出会うまで 出会ってからもそれからも
5
3
2
完結済/3話/2,256文字/60
8月11日