2 / 2

第2話

ある晩ね あいすくりーむの話し合いを雲さんやお星さまがしていた! ぼくも、話し合いに入ったんだよ。 「ね!あいすくりーむって何の話し合い?」 「あれ?お月さま?知らないの?」 「うん(´・ω・`)?」 「そうなんだあ~!教えてあげる!」 「ありがとう~!」 「あいすくりーむってね!氷みたいなクリームなんだあ~!」 「ふむふむ!」 「下の世界にあるのさ!」 「うん(´・ω・`)ヨシ!食べにいくョ~!」
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

放課後の音楽室、私は先生と二人きりの時間を過ごす
20
22
3
2
10
完結済/9話/9,989文字/100
2018年1月6日
キミにすることは全部、ボクに返ってくるのを見越して。
完結済/7話/6,306文字/0
2018年1月14日
王子は白馬で現れない。 単車に跨がり爆音で現れた。
1
完結済/11話/18,976文字/29
3月26日
医学博士に恋された女性は、夜の街で精力剤を売る薬剤師さんなのです。
7
2
1
1
完結済/5話/9,800文字/64
4月4日
彼と会う前には、必ずチョコレートを口に入れる。この甘さに慰められるから。
1
1
1
完結済/2話/8,644文字/12
5月12日
ほろ甘さに恋する気持ちをのせての番外編
1
完結済/1話/929文字/20
5月31日