1 / 1

第1話 発熱

「マリー朝だよ、起きなって」 「んん……何時?」 「六時半」 家を出るのは八時なのに、どうしてこんな早くに起こすの? 起き上がるのが怠くて仕方なくて、寝てる間にぶかぶかで脱げそうになったキャミソールの肩紐を直す。その時、ふと部屋にいる人物に気づいて鳥肌がたった。 なんで、勝手に部屋入って来てるの? 「ちょ、ちょ、なんでいるのよ?!」 「なんでって朝ごはんだから」 「いらない!出てって!」 枕を力いっぱい投げるも、彼はいとも簡単に受け止める。 「マリー昨日もご飯たべなかったじゃないの。だめだよそういうのは」 「お、お昼は食べるもん!やだもうとにかく出ていってよ」 勝手に部屋に入ってくるのは、兄。ただし、義理の。 「マリー」 「その呼び方やめて、私は万理」 「口にすれば同じじゃないの、マリー?」 私をまるで外国の少女のように呼ぶ、彼は潤夜。ひまな大学生はやたらと朝が早かった。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

あなたの指で、唇で、私を壊して欲しい。
連載中/25話/29,870文字/0
12月17日
酒好きという共通点が、ただの上司と部下の一線を越え……
28
12
7
5
17
完結済/50話/51,670文字/142
11月14日
いままで公開した短編のよせあつめです。一話完結
1
2
1
連載中/10話/61,220文字/20
5月30日
高校時代にタイムリープしたOLさんが、16歳のころの今彼と出会って奮闘する物語
2
6
5
3
2
連載中/4話/8,720文字/25
1月29日
甘党男子と辛党女子の話
完結済/3話/2,999文字/0
5月27日
ツンデレ黒猫姫と夜はオオカミ王子なふたりのお話
完結済/13話/2,704文字/0
7月25日