1 / 1

第1話 発熱

「マリー朝だよ、起きなって」 「んん……何時?」 「六時半」 家を出るのは八時なのに、どうしてこんな早くに起こすの? 起き上がるのが怠くて仕方なくて、寝てる間にぶかぶかで脱げそうになったキャミソールの肩紐を直す。その時、ふと部屋にいる人物に気づいて鳥肌がたった。 なんで、勝手に部屋入って来てるの? 「ちょ、ちょ、なんでいるのよ?!」 「なんでって朝ごはんだから」 「いらない!出てって!」 枕を力いっぱい投げるも、彼はいとも簡単に受け止める。 「マリー昨日もご飯たべなかったじゃないの。だめだよそういうのは」 「お、お昼は食べるもん!やだもうとにかく出ていってよ」 勝手に部屋に入ってくるのは、兄。ただし、義理の。 「マリー」 「その呼び方やめて、私は万理」 「口にすれば同じじゃないの、マリー?」 私をまるで外国の少女のように呼ぶ、彼は潤夜。ひまな大学生はやたらと朝が早かった。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

牢屋行きか国王の護衛。女用心棒に提示されたのは究極の二択だった。
2
連載中/7話/15,680文字/6
2017年9月17日
美大受験を控えた少女と彼女の才能に惚れた教師が紡ぐ不器用な愛
1
1
1
連載中/8話/18,177文字/0
2017年11月17日
ドS皇子×不憫人魚の猟奇系ラブコメ。
完結済/2話/9,995文字/39
2017年10月24日
職場の人間関係に疲れ、田舎町に療養に行った先で初恋の人と再会し――
完結済/21話/110,701文字/32
7月1日
主人公はキャバ嬢。祖父から遺産相続したカフェの営業再開に向け孤軍奮闘する物語
連載中/5話/6,023文字/0
7月15日
ふたごの姉と弟。一年ぶりの再会は、嵐の夜だった。
1
1
1
完結済/1話/8,848文字/0
9月6日