20 / 20

Act.11

 長い時をかけて、どちらからともなく唇が離れた。 「――そろそろ行かないと……」  砂夜が立ち上がろうとするのを、俺は、咄嗟に腕を掴んで引き止めた。 「――あの時と進歩ないよ、宮崎……」  困ったように、砂夜が苦笑いする。  多分、今の俺は今にも泣き出してしまいそうな顔をしているに違いない。 「私は見守ってる。宮崎のことをずっと……。姿は見えなくても、私はちゃんと、宮崎の側にいるから。だから心配しないで」  砂夜は一度、その場に屈み込んだ。  何をするのかと思ったら、落ちたままになっていたジッポー入りの小箱を拾い上げ、俺の手に握らせた。 「これも、捨てる気がないならちゃんと使ってやってよ。箱にしまいっ放しじゃ、ただの宝の持ち腐れだよ?」  特注で文字入れしてもらって高く付いたんだから、と、最後に付け足した。  俺は再び渡されたジッポーを見つめ、〈Love forever〉の刻印を親指で擦る。 「強く生きな」  砂夜は俺の手をそっと解き、身体をふわりと宙に浮かせる。  と、背中から、一対の翼が姿を現した。  俺を振り返ることもなく、強気な天使は星空に向かって羽ばたいてゆく。  砂夜の姿が完全に見えなくなるまで、そう時間はかからなかった。  砂夜は今度こそ、俺から離れて行ってしまった。  残されたのは、ジッポーと手紙だけだった。 「――Love forever……」  俺はひとりごちると、初めて、ジッポーを点火させた。  カシャリと音が鳴り、橙色の炎が、風に煽られながら揺らめく。  その時、目の前に一粒の欠片がポツリと落ちてきた。  俺は夜空を仰いだ。  星が瞬く中、生まれたての雪が、ひとつ、またひとつと舞い降りる。  まさかとは思った。  けれども、偶然にしては出来過ぎている。 「――砂夜……?」  一度も本人に呼んだことのない下の名前で問いかけるが、返事は戻ってこない。 「俺への誕生日とクリスマスプレゼントってトコか?」  ついさっきまで感じていた哀しみは嘘のように、俺の心に、温かな気持ちが広がっていた。  俺はジッポーに向けて、白い息を吹きかける。  ケーキはないけれど、ささやかな蝋燭代わりだ。  ◆◇◆◇  砂夜、お前は、時間は戻せない、って言ってた。  けど、生まれ変わりだったらありだよな?  俺とお前、縁があるのなら、来世では一緒に幸せになろう。  その時は、俺からお前に言ってやるよ。  永遠に、お前を愛してる―― [Love forever-End]
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

大学時代に告白して振られた男友達と、友人の結婚式で再会した玲愛、何となく付き合いが復活したものの……
完結済/1話/9,924文字/40
2018年1月14日
王子は白馬で現れない。 単車に跨がり爆音で現れた。
1
完結済/11話/18,976文字/29
2018年3月26日
階段からもつれ合うように落ちた2人の過激で罪な恋。
1
1
1
連載中/14話/65,210文字/40
2018年5月12日
気になる職場の同期に、手作りのシフォンケーキを手渡してみた
1
完結済/4話/6,990文字/47
5月27日
主人公はキャバ嬢。祖父から遺産相続したカフェの営業再開に向け孤軍奮闘する物語
連載中/5話/6,023文字/0
7月15日
「劇薬博士の溺愛処方」の短編集です。
完結済/4話/15,579文字/0
3月19日