1 / 17

Act.1

 十二月二十四日、クリスマスイヴ。  辺りの風景はその名の通り、クリスマス一色となる。  煌びやかに飾り立てられる装飾、エンドレスで流れ続ける定番のクリスマスソング、互いの手を取り合い、寄り添うように過ぎ行く男女の若いカップル――  何もかもが浮かれている街中を、俺はただ、黙々と歩き続ける。  もちろん、ひとりだけでいるのは俺ばかりではない。  けれども、心なしかカップル達の視線が痛い。  思い過ごしかも知れないが、〈若いくせに恋人の一人もいない淋しい男〉、などと密かに笑われているような気がした。  ――ひとりで悪かったな……  無性に腹が立った俺は、一組のカップルと擦れ違いざま、冷ややかな視線を投げ付ける。  けれど、カップルは俺に睨まれたことに気付く様子もなく、暑苦しいまでにイチャイチャを繰り返している。  誰からも相手にされない自分。  心の底から溜め息が漏れた。  本当に、俺はいったい何をしてるんだ。  よくよく考えてみたら、勝手にイライラして、幸せ全開な周りに八つ当たりしているだけじゃないか。  ――俺はもう、〈幸せ〉になんてなれねえんだから……  俺は爪痕が残りそうなほどに強く拳を握り締め、足を止めた。  夜空を仰ぐと、星が辺り一面に散りばめられている。  美しくて、けれども、あの時のことを彷彿させ、胸が酷く締め付けられる。  と、俺の右腕に、強い衝撃が走った。  ハッとして地上に視線を戻すと、女子高生らしき少女と目が合った。  彼女は舌打ちしながら俺をギロリと睨んだ。  そして、一緒にいた女友達と、「何あいつ。チョーうぜえ!」、「つうか邪魔だし!」などと、わざとらしく大声で言い合っていた。  彼女達の無遠慮な態度に、俺はまた苛立ちが募ったが、言ってることはもっともだから返す言葉など見付かるはずもない。  同時に、彼女達のお陰で、いつまでもこんな所をさ迷っていても仕方ないと改めて思えた。  言い方はともかく、感謝すべきかもしれない。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!