49 / 75

第49話

「最初の痛みは、思い切り叫んでしまえばいいからね」  痛み――そういえば、初めては痛みがあるって話を、聞いたことがあったっけ。でも、それは人それぞれだっていう話だったけれど、私はどうなんだろう。――初めて。そう、私は初めて男の人を迎え入れるんだ。  それが、近貞だということに体中が熱くなった。 「かぐや殿」  鼻先が触れて、唇が重なる。私の熱と近貞の熱が唇を通して交わって、とめどなく溢れる想いの泉に硬いものが触れた。びくりと体を震わせた私に 「大丈夫」 「怖がらないでくれ」  左右の耳に、優しい声が響く。頷けば、それはゆっくりと滑るように谷の川を上ってきた。  ぷっ―― 「っ、ぁあぁあああ――――ッ!」  体の奥で破られる音がして背を逸らし、顎を伸ばして叫び声を上げる。谷の川を上る熱い竜はそのまま奥へ進み、頭の先まで食らい尽くされ、細く高い悲鳴を上げ続けた。 「ああ、かぐや殿」  安堵にも似たため息に、近貞を奥深いところで抱き止めているのだと知ったけれど、焼けつくような痛みに涙がこぼれる。 「そのまま、口を大きく開けたままで――声を出していて」  膝にあった久嗣の腕が動いて、乳房に触れた。包むように撫でられ尖りを(つま)まれ、痛みとは別の熱が蘇ってくる。 「かぐや殿……はぁ、すまん――」  強く抱きしめられ、近貞の広い背にしがみついた。飾り気のない近貞の香りに、春日(はるひ)の中でまどろむような心地よさを感じる。首を振って、謝らないでと告げる代わりに唇を寄せる。 「うれしい――」  心の底から湧き上がる言葉をつぶやけば、俺もだと近貞が微笑んでくれる。庭先の笑みと同じそれに、想いの矢は近貞の胸に届いたのだと分かった。  そうしてしばらく抱きしめあって、私の息が落ち着くのを待ちながら、久嗣の手があやすように乳房を探り、近貞が幾度も唇で顔中に触れてくれる。最初の痛みはだんだんに遠ざかっていったけれど、頭の先まで近貞で埋め尽くされている息苦しさはそのままで、あえぐ私に気づかわしげな顔をしたまま、眉根を寄せた近貞が 「――すまん。これ以上は、耐えられん」  私を、揺さぶり始めた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!