59 / 59

第59話

 優斗が八重子の手を、両手で包む。 「改めて言わせて。……八重ちゃんの一番になりたい。どんなときでも、八重ちゃんが誰よりも先に思い浮かべる人になりたい。八重ちゃんの特別になりたい。八重ちゃんを独り占めしたい」 「それは」  私も同じだよ、と続けようとした八重子の唇を、優斗の瞳が押し留める。 「愛しています。僕と、ずっと一緒に生きてください」  真摯な眼差しに、八重子は体中が熱くなった。 「……はい」  厳かな心地で呟けば、八重子の瞳が喜びの雫を零す。 「ありがとう」  優斗の声が、ふわりとあたたかく八重子の鼓膜をくすぐった。 「私も……」  ありがとうという八重子の声は、優斗の息に重なった。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

シンデレラでは義母と義姉がいじめっ子。だけどこの物語でのいじめっ子は王子様なのです。
1
2
連載中/14話/29,679文字/25
2017年11月2日
自分宛でないバレンタインチョコを見つけてしまった俺は、嫉妬のままに彼女に手を伸ばす……
4
2
2
2
完結済/3話/5,764文字/46
2018年1月14日
唇に、肌に、体中で感じる温かな愛は記憶の底を揺さぶっていく
3
3
1
2
1
連載中/5話/9,621文字/20
2018年3月30日
亜人族の人たちに結婚を迫られまして。
15
3
6
12
完結済/6話/9,839文字/381
2018年5月27日
私の初めての彼氏は吸血鬼だった。
連載中/10話/4,801文字/10
2018年11月27日
絶縁を告げた相手に監禁される話。
完結済/9話/49,331文字
2020年2月12日