54 / 59

第54話

 自分の変化に、八重子は下腹に力を込めた。 「呼んで、八重ちゃん」 「……優斗、くん」  褒めるように口付けた優斗の手が、八重子の小ぶりだがふっくらと丸い乳房を手に包んだ。繰り返すキスを受けながら、ゆるやかに揉みしだかれ、八重子は自分の体が熱くなっていくのを感じた。握らされた優斗の熱と同じ現象が、自分の体に起きていると知る。 「ぁ、あ」  自分の呼気が荒くなるのが恥ずかしく、乳頭を摘まれた刺激に上がった声を飲み込もうと、八重子は唇を噛んだ。すると優斗が、とんとんと八重子の唇を軽く叩く。 「堪えないで。全部、知りたい」 「でも」 「僕の全部をさらけ出して、受け止められたいんだ。――隠し事の無い八重ちゃんに」 「何もかも?」 「うん。何もかも」  八重子はぎこちなく唇をゆるめた。優斗に「ありがとう」と言われながら、唇を押し当てられて、八重子はうれしくなった。  優斗の手が八重子の下生えを探る。太ももを強く締めた八重子の耳に、優斗がささやいた。 「恥ずかしがらないで」 「でも」  八重子は自分の奥が溶けだしている事にとまどい、躊躇した。もじもじと足を擦る八重子の下生えの先を、優斗の指が求める。 「僕も、同じだから」  再び優斗の熱を握らされた八重子は、その先が少しぬるついている事に気付いた。 「ね? これは、八重ちゃんが欲しいっていう証拠なんだ。……僕も、八重ちゃんに求められている証を知りたい」  八重子はゴクリと唾を飲み、おそるおそる足を広げた。優斗の指が秘裂に沈み、ていねいに様子を探る。そこはどうしようもなく彼を求め、想いの蜜をあふれさせていた。 「八重ちゃん、すごい……濡れてる」  恥ずかしくて、八重子は目も口も硬く閉じてシーツを握った。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!