3 / 3

第3話

「相川ー、福永ー、ゼミ始まるよー?」  タイミングが良かったのか悪かったのか、通りがかりの仲間が声をかける。 「あら、もうそんな時間?」 「うん。教授も研究室向かってた」 「じゃあ先に行くね! デートの邪魔してごめんね相川ー」 「福永もごめんねー」 「べっ、別にデートじゃ……っ」  顔を真っ赤にした飴子に手を振り、仲間たちは食堂を出ていく。メロンソーダのジョッキを空にした圭一もまた、うっすら赤い目元を窓の外に向けた。 「……相川」 「……なによ」 「来週、仕掛けるから」 「は……?」 「それだけ。先、行くぞ」 「え、ちょ、……福永くん……!?」  動揺を抑えられないまま追い掛けた圭一の耳がまだ赤いことに気付いて、飴子の唇は弧を描いた。 「待ちなさい圭一!」 終わり
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

きっかけはよく似た指輪と、罪の匂い。
連載中/5話/4,279文字/0
2018年1月14日
医学博士に恋された女性は、夜の街で精力剤を売る薬剤師さんなのです。
7
2
1
1
完結済/5話/9,800文字/64
4月4日
ほろ甘さに恋する気持ちをのせての番外編
1
完結済/1話/929文字/20
5月31日
ツンデレ黒猫姫と夜はオオカミ王子なふたりのお話
完結済/13話/2,704文字/0
7月25日
わたくし、血が苦手ですのよ!
連載中/2話/208文字/0
9月8日
劇薬博士の溺愛処方の後日譚編です。
1
1
完結済/11話/22,462文字/0
11月23日