3 / 3

第3話

「相川ー、福永ー、ゼミ始まるよー?」  タイミングが良かったのか悪かったのか、通りがかりの仲間が声をかける。 「あら、もうそんな時間?」 「うん。教授も研究室向かってた」 「じゃあ先に行くね! デートの邪魔してごめんね相川ー」 「福永もごめんねー」 「べっ、別にデートじゃ……っ」  顔を真っ赤にした飴子に手を振り、仲間たちは食堂を出ていく。メロンソーダのジョッキを空にした圭一もまた、うっすら赤い目元を窓の外に向けた。 「……相川」 「……なによ」 「来週、仕掛けるから」 「は……?」 「それだけ。先、行くぞ」 「え、ちょ、……福永くん……!?」  動揺を抑えられないまま追い掛けた圭一の耳がまだ赤いことに気付いて、飴子の唇は弧を描いた。 「待ちなさい圭一!」 終わり
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

まさか、別れたはずの彼が私の前に再び現れるなんて――
3
2
3
完結済/8話/6,375文字/101
2017年10月11日
スパダリ(実は腹黒)✖️高嶺の花(実はアニメヲタク)のラブコメ
1
連載中/4話/4,683文字/6
12月19日
あなたを縛ってあげる。あなたが私から離れないように
連載中/42話/168,666文字/0
5月8日
「スイーツって、幸せな気分にさせてくれるものなのに……心ゆくまで楽しめないのは、辛いことですね……」
完結済/1話/9,983文字/0
5月21日
あるバレンタインの日姫花は、カフェ Rionで必死に、最愛の彼氏英知にあげるバレンタインチョコを作っ
連載中/1話/1,564文字/0
5月25日
それは幽霊が導いてくれた恋だった!?
完結済/5話/7,451文字/0
7月25日