1 / 1

『スイーツ男子≠肉食男子?』

       なんか、ものすごい目立ってる人がいる。――第一印象が、そんなカンジ。  事務方の派遣社員として勤め始めた会社で、周囲の人々の視線をひときわ集めている人がいた。  営業部の吉崎さん。  まず真っ先に、ガタイがいいから。ぱっと見、一九〇㎝はあるんじゃないかという高身長、のみならず、いかにも武道とか嗜んでます、的な、厚みのある筋肉質な身体。どこに居ても、誰に囲まれていても、常に頭一つ分は抜きん出ているのだから、そりゃ目立たない方がおかしい。  加えて、きりっとした眉も凛々しい、ガタイの良さにも引けを取らない、それなりの男前だしね。  なおかつ、目立つのは見た目の理由のみならず。噂で聞いた話によれば、営業成績も、部内で頭一つ分、抜きん出ているそうな。  入社したて、かつ、業務も畑違いの私では、何がどうスゴイのかまでは詳しくわかっていないのだが……誰が行っても門前払いを食らわされる会社でも契約まで漕ぎ着けられるとか、既に同業他社と結ばれている契約を横からぶんどってきたとか、素人が聞いても『へえ~』って驚いてしまうような話が、よく聞こえてくる。――主に女性社員の皆様から。  さぞかしおモテになってるんでしょうねえ? と思いきや、こと女性に関しては、騒がれているほど派手な交友関係は無いようで。  ともすれば、女性が苦手なの? なんて勘違いされてしまいかねないほど、同僚の女性社員とは極めてビジネスライクな接し方しかしておらず。誰々が吉崎さんを狙って色目を使ってるだの告白しただのといった、女性側の話はクサるほど噂になるというのに、当の吉崎さん側の浮いた噂なんて一つも聞こえてこないという。――またそれがストイックだの何だのと、彼の株を上げる一理由にもなっているようだけど。  それを、『ただ単に、仕事と色気をキッパリ分けたいタイプなんでしょ』とバッサリ切って捨てたのが、直接私に仕事を教えてくれている先輩、井藤さんだ。彼女は、既婚者ということもあるのか、どこか落ち着いた色気なんかを持っている人で、愛だ恋だと色めき立つ若い女性とは一線を画しているようなところがある。そんな彼女ならではの見解は、恋愛フィルターが掛かった女子目線のご意見なんかより、よっぽど説得力があるというもの。私も『なるほどですねえ~』なんて、激しく肯いてしまったものだ。  ――まあ、いずれにせよ、私にはコレッポッチも関係ないしねー。  私だって一応まだ二十代だし、そこまで枯れ切ってもいないし、今のとこ居ないカレシだって出来ることなら欲しいし、恋愛話に興味が無いといえば嘘になる。  けど、別に相手は、そこまで目立っていてライバルも多そうな吉崎さんでなくてもいい。  どこまでも平々凡々で男性に売り込めるセールスポイントなんて何一つすら持っていない私は、高望みなんかせず、身の丈に合った相手と平々凡々でそこそこ幸せな恋愛が出来れば、それでいいのだ。  加えて言えば、相手が同じ職場の人でない方が、なお良い。社内恋愛なんて色々と細々としたことが面倒そうだもの。あることないこと好き勝手な噂とかも流されそうだしさ。  だから、幾ら社内で吉崎さんが人々の耳目を集めていようとも、必要以上に関わることが無ければ、無駄な敵も作られない。大事なのは、そこだけ。  あくまで彼は私とは別次元に居る人であって、噂に踊らされることなく私は私なりに自分の恋愛対象を探さなくっちゃ、と。  この職場にも少しずつ慣れてきて、落ち着いてきたら合コンでもしたいなあ~誰に頼んだら良いメンツ集めてもらえるかなあ~なんて、そんなことを考え始めていた昨今だった。  ――それが、何がどうなって、こうなった? 「頼む! 誰にも言わないでくれ!」  こちらの足元で、そう言って床に額を擦りつけんばかりに深く土下座する吉崎さん。  それを、顔を引き攣らせつつただ茫然と立ち尽くしたまま見下ろしている、為す術のない私―――。  事の起こりは、ついさっきだ。  朝、いつも通りに出勤してきた私は、どこか普段と違って朝らしからぬ雰囲気に覆われた職場の様子におののいた。  どうやら昨日、私が帰宅した後になってから、取引先によるミスによりお得意様への納期に間に合わなくなる、という事態が発覚したそうなのだ。しかも、その“お得意様”は、当社としては絶対に失いたくない大口顧客だそうで。  というワケで、絶対に納期割れなど起こさないよう、営業部の皆さまが中心となって徹夜で奮闘することになり、関係各所あちこちに手を回したり頭を下げたりして、ようやっと始業時間も近くなったあたりで問題解決の目途がついた、…という事情だったらしい。  どうりで、朝も早くから営業部付近に、金曜日の終業間近かよ、ってツッコミ入れたくなるくらい疲れ切った様相の人間が勢ぞろいしているワケだ、と。そのアオリをくって駆り出されたという、やはり疲れた顔の井藤さんから事情を聞き、納得がいった。  で、その井藤さんは、徹夜の時間外労働に駆り出されたということで、本日これから、その代休をもらって帰宅するらしい。 『申し訳ないけど中村さん、そこらへんに積み上がってる諸々、資料室に片付けておいてくれる?』 『はい、わかりました』  二つ返事で了承し、『あとよろしくね~』『お疲れ様でした』と、ふらふら~と帰っていく井藤さんを見送ってから、まず私はデスク上に散らばった資料やらの書類を纏め、仕舞うべきものを選り分けて持てる分だけ掻き集めると、地下階にある資料室――という名の実質倉庫――へと向かった。  ただでさえ人が頻繁に立ち入ることの無い地下階、しかも、資料室になんて、こんな朝っぱらから誰かが居るとは思ってもいなかった。  借りてきた鍵で資料室のドアを開けると、施錠されていたというのに、皓皓と点っている電灯。  さては昨晩のどさくさで井藤さんが点けっぱなしにしちゃったのかな…なんてことを考えながら、部屋の奥へと足を進める。確か、奥にちょっと行ったあたりに、机と椅子がセットで置いてあったはずだ。一旦そこに持ってきた書類の束を置いて、まずは仕舞うべき棚を探そう。  わりと広い部屋が狭苦しく感じられるほど、整然と立ち並んでいる幾つもの資料棚の間をぬって、ようやく行く先に見えた切れ間から目的の場所が見えた――と同時。  その場に誰かが居るらしいことにも気が付いた。  ああ誰かが使ってたんだ、だから電灯も点いてたのね、なんてボンヤリと思いながら、何の気なしに棚の切れ目から顔を出す。  ――あれ? 中に人が居る? なら、なんでドアに鍵が掛かってたの?  その疑問に思い当たったと同時、姿を現した私に気が付いたのだろう、目的の場所で椅子に座っていた、その人とがっちり、目が合った。 『あ、お疲れ様です……』  こちらを振り返り、頭を下げた私の姿を視界に収めるや即その人は、驚きでか目をまんまるに見開いて硬直する。――今まさに、手にしたシュークリームにかぶりつこうとしていた体勢、そのままに。  また、その人が向かっていた机の上に何となく目を遣ると、おそらく手にしたシュークリームが入っていたと思しきカラのパックが一つ――じゃない、ぱっと見でも三つは確認できた。おまけに、机の端に追いやられていたコンビニのビニール袋は、まだ中に何か入っているらしき膨らみがあり、一切れずつ個包装されたロールケーキらしきパッケージが、口からちらりとのぞいている。  ――どんだけ甘党だ、このひと……!  しかし、いま私が驚くべきは、そこではなかった。 『すみません、ご休憩中だとは知らずに、失礼しました……』  頑張って不自然ではないような笑みを浮かべ、そう言って私は、そそくさと踵を返す。――うん、資料は一旦テキトーに置いておいて、また後からちゃんと戻しにこよう。まずは逃げる、これ大事。 『ちょ、ちょっと待ってッ……!!』  しかし、踵を返した背中から、そう引き止める声が聞こえてきた――と共に、『うわっ…!?』という呻き声と、ガシャン、どさっ、という、なにやら不穏な音までもが聞こえてきて。  何事!? と、反射的に私も、返した踵を再び反転させていた。  振り返った私の目に真っ先に映ったのは……座っていた椅子から転がり落ちたのだろうか、床にキスでもしてるのかという格好で這いつくばっている、こちらを向いた背中。――それこそ、まさか顔面から落っこちたんじゃないだろうな? と疑いたくなるくらいの格好で、その変な体勢の所為で、前を開けて羽織っていただけらしいスーツの上着が大きく捲れ上がって、白いシャツの背中が丸見えだ。  しかも、床に伏せた顔面よりも前に突き出されていた手の中には、潰れたシュークリーム。強い力で握り締められてしまったのだろう、はみ出したたっぷりのカスタードクリームが、惜しげも無く握り拳の甲をデコっている。 『――あ、あの……大丈夫、です、か……?』  目の前に広がる、何だかよくわからないがあまりの惨状に居た堪れなくなり、思わずそんな声を掛けてしまった。  途端、がばりと起き上がり、こちらを見上げてきた、その人――吉崎さん、は。  おもむろに両手を床に突くや、せっかく上げた頭を再び床へと向かって振り下ろしたのである。  その姿勢は、まさに土下座、そのもので。  そんな低い位置から、彼は叫んだ。 『頼む! 誰にも言わないでくれ!』  とりあえず……手の中の書類を床にぶち撒けずに済ませた自分を褒めてやりたい―――。  何が何やら…ではあったものの。  しばらく固まっていた間に、真っ白になった頭も、何とか正常な思考を取り戻してきた。  とにかくまずは現状把握だと、恐る恐る目の前で頭を下げ続けている吉崎さんに、「とりあえず頭を上げてください」とお願いしてみるも、一向に下がった頭が上がってくれることは無く。  仕方ないとばかりに一つ嘆息すると、私は手に持っていた書類の束を、近場の棚の上へと置いた。  その場を離れ、この部屋の掃除用具入れの中から雑巾を一枚だけ持ち出すと、もと居た場所へと戻る。  相変わらず吉崎さんは、変わらぬ土下座姿勢のまま、そこに蹲っていて。――その背中が少々もの悲しそうに見えてしまうのは、おそらく気のせいだろう。  彼の下げた頭の前に膝を突いた私は、おもむろに彼の、床に突いていた片方の手を取る。  驚いたのか、咄嗟にびくっと肩が揺れるも、とりあえず見なかったことにして。 「…後から、ちゃんと洗ってくださいね」  言いながらまず、取ったその手に握り潰されているシュークリームの残骸を、雑巾で拭った。  続いて、その手が触れていた床を拭く。――この部屋の床がカーペット敷きじゃなくて良かったよ。もしそうなら、染みになって誤魔化せないところだったじゃないか。こういう時、硬いつるつるした床で良かったと思う。普段よく滑りそうになることは、今だけ目を瞑ってもいいわ。 「…私、何も言いませんし」  クリームをあらかた拭き取り終えてから、雑巾を手に立ち上がった。 「何なら、この部屋で吉崎さんに会ったことから他言しませんし。――ああ、ひょっとして資料室って飲食禁止でしたっけ? それをチクるようなこともしませんので、どうぞご安心を」  言うだけそれを言い切ってから、じゃあ後は好きなだけ土下座でも何でもしててください、と、手にした雑巾を洗いにいくべく、私は出入口の方向へと足を向けた。 「――ま、待ってくれ……!」  足を進めようとした矢先、ふいに背後から呼び止められる。  と同時に、手首のあたりを強い力で握り締められたのを感じた。  びっくりして咄嗟にそちらに視線を遣ると、私を掴んできた大きな手と、その手の主が、目に映る。  ――ピクリと、我知らず片頬が引き攣った。  いつの間にか顔を上げて上体を起こしていた吉崎さんが、中途半端な中腰の姿勢から、私のことを見上げていた。 「あ、あの……」 「――言いたいことがあるなら聞きますけど」  何事か言わんと口を開こうとした、その様子に少しイラッとしながら、まさにその言葉を遮るかのようなタイミングでもって、私はそれを吐き捨てる。 「まずは早急に、そのクリームまみれでベッタベタな手、洗ってきてくださいませんか?」  人の袖なにクリーム触った手で汚してくれとんじゃボケがあ!!!!!  ――という私の内心の怒りが伝わったからかどうなのか、即座にハッとしたように手は放してくれたけど。  そこから私たちの間に、何とも微妙な居心地の悪い雰囲気が漂ってしまうこととなったのは、いた仕方ないと云わざるを得ないだろう。――ああ、もう、ニットに油染みとか付いたら洗うの面倒なんだからなーコノヤロウ……!  そして、吉崎さんは手を洗いに、私は雑巾を洗いに、それぞれ資料室から出て最寄りのトイレへと向かい。  戻ってきてから改めて、例の机を挟んで、お互い椅子に座り正面きって向き合った。  ちなみに、机の上に散乱していたシュークリームの袋は、彼の手元のコンビニ袋への中へと片付けられている。なんだか、ごみと一緒にされているロールケーキに申し訳ない気分になった。 「…あ、休憩しながらで結構ですよ」  こうして話をすべく向き合っても、なかなか口を開いてくれない彼の気を緩めるべく、思い出したように提案する。 「さっきは、私が邪魔をして休憩時間を中断させたようなものですし。袋の中、まだ買ってきたもの残ってるんですよね?」 「いや、それは……」 「そういえば昨晩から、営業部総出で大変だったって聞きました。徹夜で頑張っていたなら、そりゃ甘い物も欲しくなりますよね。こちらのことはお気になさらず、どうぞ好きなだけ食べてください」 「…………」  吉崎さんの手が、おもむろに傍らの袋を正面に引き寄せる。  あ、食べる気になってくれた? と思いきや、取り出したロールケーキを私の前へと差し出した。 「…よかったら、どうぞ」 「いえ、お構いなく」 「まだあるから、そちらもお気遣いなく」  言いながら、袋に突っ込まれた片手が、同じロールケーキをもう一つ取り出す。ついでに、同じロールケーキのチョコレート味がもう一つと、ドーナツにエクレアまで出てきた。そして、ようやく袋がカラになった。――どんだけだホント……。  スプーンまで差し出されては断り切れず、おずおずと私も「いただきます」と受け取ってしまった。もともと私も甘党だ。コンビニロールケーキも大好きだし、こんな誘惑、逆らえるワケもない。  そして、無言のままもそもそと二人で向かい合ってロールケーキを食すること、しばし―――。 「――えっと……君は、事務の中村さん、だっけ?」  私が食べ終わる頃になって、既にチョコレートのロールケーキまで平らげていた吉崎さんが、エクレアの封を切りながら、ようやくそんな言葉を切り出す。 「最近入社してきたばかりだよね。――ひょっとして君、俺のこと、知らない?」 「営業担当の方、程度には存じ上げておりますよ」  問われた言葉の意図が見えず、当たり障りなく返答しつつも思わず首を傾げてしまった。――なんだろう……これは、“この有名人な俺のことを知らないなんてことあるはずないよね?”的なキザ男質問だったのか? だったら、“吉崎さんを知らない人なんて居るはずないじゃないですか~”くらいに持ち上げておくべきだったのだろうか?  内心、失敗した…などと悩む私を他所に、「ああ…まあ、うん、そうだよね…」なんて、どこか一人で納得している風な吉崎さん。――だから一体、何だというのよ?  その疑問が、表情に出てしまっていたのだろうか。おずおずと次の言葉を切り出してくれる。 「君は……俺のこと馬鹿にしたりドン引いたりしないのかな、って思っただけだよ……」 「私には、吉崎さんのことを馬鹿にしたりドン引いたりする理由が無いです。――てゆーか、どうしてそんなふうに思ったんですか?」 「だって俺なんか……似合わないだろう? ――ス、スイーツ、とか……」  途端に口調が重くなった吉崎さんから、それでも何とか無理やりのように聞き出したところによると―――。  吉崎さんは昔から、とにかく甘い物が大好きだったそうなのだ。――うん、言われんでもそうだろうなーとは思っていたがな。  しかし、成長期を迎えて今と同じくらいにデカくゴツい体格となったことで彼は、よりにもよって初恋の相手から、『吉崎くんにスイーツとか似合わなーい』『そんな男らしいガタイしてオンナノコみたいでドン引きー』なんてことを、面と向かって言われてしまったそうなのだ。  その時の思春期真っ只中にいたであろう吉崎少年の心が負ってしまった傷の深さは、はかり知れない。  ゆえに、それ以降、彼は自分がスイーツ好きであることを、頑なに隠すようになってしまった。  それまでの彼を知る友人や家族に対しても『もう飽きた』『甘い物は苦手』と殊更に言い続け、もはや自分は甘党ではなくなったのだとアピールし続けた。だから今や、彼を甘党だと認識する人は誰もいなくなった。  そのことを、これまで誰にも、付き合った恋人にすら、打ち明けられずに一人で抱えこみながら……世を忍ぶ仮の姿のまま立派な社会人となり、このような隠れスイーツ男子として成長した、という―――。 「――だから頼むよ、中村さん。ここまで隠してきたんだ、もう周囲を幻滅させたくないし、俺も幻滅されたくないし。このことは、どうしても知られたくない。俺に出来ることは何でもするから、どうか黙っていてくれないかな」  なんか、もう……聞けば聞くほど、気の毒になってくるな。――まさか、そんな深刻なスイーツトラウマが、この世の中に存在していようとは思わなんだ……。  どうりで吉崎さん、こんな人気の無い資料室なんかに籠もっているワケだよ。疲れて甘い物が欲しくなって、でも人目のある休憩室なんかでは食べられないから、それでこんなところにまで避難してきたんだろうな。 「…お話は、わかりました」  タメ息混じりに、私はそれを返す。 「最初に言いましたが、私は誰にも話す気はありません。そこは信用してください」  安心してもらえるように微笑んでみせれば、ようやく吉崎さんも、ホッとしたように表情を緩め、息を吐いた。 「ありがとう……そう言ってもらえると助かるよ」 「スイーツって、食べる人を幸せな気分にさせてくれるものなのに……それを心ゆくまで楽しめないのは、辛いことですね……」 「…………」  仕方ない、と言わんばかりに、まるで自分さえ諦めれば丸く収まると悟りきったような表情が即座に浮かんでくることが、なんだかとても切なく感じた。  だから思わず、考えるよりも先に、私はそれを切り出していたのだ。 「ところで吉崎さん、次の日曜日って空いてますか?」 「え……?」 「一緒にケーキバイキング、行きません?」 「は……?」 「前々から行きたいと思ってたところがあるんです、せっかくなので付き合ってください」 「いや、だから、俺は……」 「カノジョにせがまれて渋々スイーツ巡りに付き合ってやる、っていう男性は、そう珍しくもないですよ。むしろ吉崎さん、そういう優しいカレシ役、似合いそう」  私の言葉の意図したところに気付いたのだろう、表情のどんよりとした曇りが、そこでぱあっと一気に晴れる。 「こう見えて私もスイーツ大好きですし。甘い物のためにカレシを振り回すカノジョ役を演じるのも、やぶさかではないですよ?」 「――そっか……そういう方法も、あったんだな……」  そして吉崎さんが、改めて正面から私に告げる。少し頬を染めて、照れくさそうににかっと笑いながら。 「日曜日、楽しみにしてる」           *  ――それで……何がどうなって、こうなった?  …よし、順番に思い出してみよう。  今日は午後から、吉崎さんとカップルを装ってケーキバイキングに行って、二人でスイーツしこたま堪能して。  そこを出たら、近場にある有名スイーツ店とか素見しつつ一緒に巡って、これ食べたいあれ美味しそう、なんて言い合ってきゃいきゃい騒いで。  日も暮れてきてから、目に付いたレストランに入って夕ごはん食べて。ついでに、そのお店で売っていたケーキを幾つかお持ち帰り用に買って。  せっかくだからデザートにコレ一緒に食べよう、なんて誘われて、レストランを出たその足で、吉崎さんのお宅へお邪魔しにいって。  ――で、こんな事態になっているワケか……。 「あ、あの、吉崎さん……」 「なに?」 「えっと、デザート、は……」 「もちろん冷蔵庫。明日くらいまでなら、置いておいても傷まないだろ」 「いや、そういうことではなく……」  室内に通され『適当に座ってて』と言われて腰かけたソファの上、その座面には今、なぜか私のお尻ではなく背中が押し付けられており。  最初はちゃんと座っていた筈なのだが、持ち帰ってきたケーキをキッチンへと持って行った吉崎さんが、手ブラで戻って来て隣に座ったかと思えば、いきなり私を抱き寄せてきて……で、唐突にキスされた。  あまりに突然のこと過ぎて、は? って頭が真っ白になってしまって。  そうやって固まっているうちに、気が付くと私はソファの上に押し倒されていたのである。 「心配しなくても、ケーキは後からちゃんと食べさせてあげるよ。――まずは俺のデザート食わせて」 「ちょ…ちょちょちょ、ちょっと待ってくださいっ……!」  どこか身の危険を感じ、制止すべく出そうとした私の言葉は、しかし彼の唇で塞がれてしまった。  開いた唇から、ぬるりとした感触が入り込んできて、ねっとりと私の口内を這い回る。  最後にカレシと別れてからもう何年経ったっけ? というくらい、ほとんど忘れかけていた刺激に翻弄されて、息継ぎすら上手く出来ない。  身体から力が脱けてぐったりとなってから、ようやく唇を離してくれた吉崎さんが、高い位置から私を見下ろす。楽しそうな表情で、にやりと唇を緩ませながら。 「どうして、こんなこと……」  快感による涙目を拭うことも出来ずに、ただ茫然と口に出した。  その問いに、事も無げに彼は答えてくれる。 「惚れた、って言っただろ」 「は……?」 「君に惚れた、君が好きだ、こんな俺を馬鹿にしないどころか笑って受け容れてくれる女性は初めてだ、手放せる筈もない、って……俺、言ったよな? ケーキバイキングで」  言われてみれば、そんな言葉を聞いたような気もするが……あくまで、カレシカノジョのフリをしている最中のこと、それも“ごっこ”でのことだろうと思い込んでいたのだが……、 「君の返事は、確かこうだったな。――『私も、一緒にスイーツ巡りしてくれる吉崎さんが大好きですよ』」 「それは、その場のノリっていうか何ていうか……!」 「ノリだろうが何だろうが、言質は取った。後は君がその気になるまで、気長に頑張ることにするよ。――というわけで、まずはカラダから、な」 「それ、なんか違くない……!?」 「何も違わない。これだって、お互いを解り合うための手段の一つだ」  それもなんか違くない!? と、上げかけた声が再びキスで塞がれた。  ――もう……! なんでこんなに気持ちいいのよ……!  本気で嫌がって抵抗できない自分が恨めしい。てか、そもそも私、吉崎さんのこと嫌いじゃないし。むしろ、タイプだと云っても過言ではないし。生理的嫌悪感なんて無いに等しいのに、抵抗なんて出来るはずも無いのよハナっから。  結局、気持ちいい方へと流されてしまうしか出来ない。私も所詮はオンナだもん、男前には弱いんだ仕方ない。 「――あ、やぁん、そこ、だめっ……」 「だめじゃないだろ。ここまで感じやすい、って……妬けるな、どんな男に仕込まれた?」 「そんなんじゃ、ない、しっ……」  キスでとろっとろにされている間に、気付けば服も脱がされていて、明るい電灯の下で素肌を曝している自分が恥ずかしくて堪らない。感じやすくなっているとしたら、その所為だ。  ホックを外されたブラがずり上げられ、剥き身の乳房が彼の大きな手と長い指で弄ばれている様が、視界に映らないように顔を背ける。  そうすることで晒してしまった項にすかさず舌が這わされて……もう、どうにかなってしまいそうだ。  至るところを這い回る指と舌に翻弄されて、快感で脳味噌まででろでろに蕩けさせられる。  そうして、ついに最後の砦を暴かれた時には、もうはしたないくらいにそこは潤い、それの訪れを待ち侘びていた。  やっと繋がれて、なのに、もどかしいくらいにゆっくりと揺らされると、気が狂いそうになる。  お願い、それじゃ足りないの、もっと欲しい、刺激が足りない、もっと強く揺さぶって、もっと、もっと、奥まで突いて、いっぱいいっぱい、ぐちゃぐちゃにして―――!  そこから先の記憶は、もはや途切れ途切れにしか覚えていない。  気が付けば翌日の朝だった。           *  その後の私と吉崎さんの関係は……うん、ご想像にお任せします……。  また、これを経て、一つ私は学習した。――スイーツ男子は全くもって甘くはない、ということを。 〈終〉
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ケーキ屋の娘と和菓子屋の息子、まさかの禁断の恋?
2
1
1
完結済/5話/7,283文字/19
2018年5月26日
彼と会う前には、必ずチョコレートを口に入れる。この甘さに慰められるから。
1
1
1
完結済/2話/8,644文字/12
2018年5月12日
甘くてほのかに苦い、悪魔のような誘惑……
5
11
5
1
完結済/11話/9,412文字/116
2018年5月26日
あるバレンタインの日姫花は、カフェ Rionで必死に、最愛の彼氏英知にあげるバレンタインチョコを作っ
連載中/1話/1,564文字/0
2018年5月25日
亜人族の人たちに結婚を迫られまして。
15
3
6
12
完結済/6話/9,839文字/381
2018年5月27日
甘党男子と辛党女子の話
完結済/3話/2,999文字/0
2018年5月27日