126 / 126

Skip 22 ヤローズトーク ①

”前と何が変わったか”って?  そうだな… それを知る前の自分には、もう戻れない 彼女への愛が止まらなくて、自分がトマラナイ……そんな感じ……。 簡単に言うとね、全てがエッちゃんなんだ。 例えばさ、朝は”エッちゃん起きたかな” そして夜は”エッちゃん寝たかな”  もう、 エッちゃんなしの人生なんて、考えられない  んだよ クスクスクス…… そこが大きく変わった所かな… え?マスマス分かんない? ま、君の場合はね…  そうだね… それは自分でも思うよ ”よくぞ俺は…!”ってね… でもそれは、エッちゃんとお付き合いを始めて… 始めた途端にまるで…… ああ、そうだ、彼女がこう言ってた事があった。 :「見慣れた葛籠(つづら)の蓋を開けてみたら、思いも寄らないバケモノが飛び出して来た」!  ちょっとこれは彼女、言い過ぎだと思うんだよね。 ま… エッちゃんはね驚くほどの白さ!って位のかわいい女の子なんだよ 見掛けだけじゃなくて、エッちゃんの中身もだよ…    ……ホントだって! だから、最初はナカレタ ナカレタ…… ハッハッハッ ハ~~…… モ~~そっからして、かわいいよね彼女…… お前と違って汚れてないんだよ…    いつもイイニオイするし… ……”気持ちワルイ”? え? ドコが  そんなワケで、アレのように別に用意するモノは要らない。 だって、俺の目の前にはエッちゃんがいる! もう君しか見えない 君しか俺には必要ない!ってさ クスクスクス…… けれどね、ひとつだけ絶対用意しなきゃいけないモノはやっぱりあって それは ア レ なんだ。 いい?アレは大事だから、ちゃんと用意しておいて! ヤル、ヤラナイに関係なく…… だって、いつそうなるかも分からないでしょう 持ってた方が良くない? そうするか、しないかで、君の印象は絶対違うと思うんだ 相手のコに対しての、思いやり…というかね、 コレはもう、常識って事なんだ 分かった?  え? ”アレアレって、分かんない”? アレったら、アレだよ オトコのタシナミだよ。 ティッシュ、ハンケチ、そしてアレ…  あと、爪が伸びてるとか汚いお手々なんて、アリエナイから… ちょっと、見せてごらん 何コレ…醤油って……  ベントー用?いっつも忘れるから手に書いた? ……… ハア… ヤレヤレ…… 君、考えてもごらん ”醤油”って書いてある手で、好きなコと手を繋いだりするの? 俺だったら書くならそこにかわいいネコちゃんでも描いて、 「わあ!どうしたの? ミズキの手に今日の私の黒パンのネコちゃんがいる~~ オソロイダネ! クスッ」  って、俺の手に何の迷いもなく彼女は親しみを感じてくれ… へ?そんなコトないって?  ……そうかな… エッちゃんはかわいいモノが好きなんだよ 醤油より全然いいと思うね! 女の子は”醤油”より、ネコちゃんを選ぶと思うよ!  とにかくね、キレイなお手々で彼女の事を触らせてもらうんだよ! 分かった!? キッタナイ、ベタベタのお手々で爪が伸びてるとか、アリエナイ世界だからね! 分かった!?
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ヘタレヒーロー(童貞)×訳アリのヒロイン(処女)の結婚譚
3
1
完結済/81話/327,313文字/30
11月16日
「あなたのしたことは、れっきとした触法行為です!」……白雪姫は、ツワモノだった。
1
3
完結済/1話/9,991文字/85
11月5日
あたたかな部屋で待つ、愛しい人。
4
3
3
5
完結済/3話/4,387文字/58
1月8日
平凡な女子高生が、四人の天使にセクハラされながら、人間界のカリスマ目指して奮闘するお話。
連載中/15話/32,671文字/0
4月11日
私を助けてくれた彼との出逢いは偶然、それとも……?
15
9
5
4
連載中/47話/34,484文字/106
20時間前
二人が愛し合うのは運命。ただ少し遠回りをしただけ。
1
連載中/9話/30,015文字/76
5月28日