11 / 224

”トモダチ”を超えようか… ②

 刺激が強過ぎて現実に生気吸い取られたみたいに、しばらく家でもおとなしくなっていた。 ”どうした?恵風?”って、パパが心配して声を掛けてくれたんだけど、”何でもない”って、答えるしか出来ないよね こんな事…… ユイは知ってるのかな…… ユイの顔を見たけど、分かるわけがなかった。  決して今まで童話の世界の中に入ったまま、ここまで大きくなったわけじゃないよ。 普通に転んで泥まみれになったり、膝小僧擦り剥いて炎症させた事だってある。 ミズキによく、”ヤンチャ!”って怒られるほど…  時々、彼は私のお世話をする為にそばにいるんじゃ…って思う事がある。 ミズキと比べると私の方が鉄砲玉みたいな時があるよね……確かに……  ママにウソを言う事だってある。悔しくて大泣きしながらだけど、ユイとケンカだってするし。それにパパやママやユイにも言えないような事を、胸の奥に潜ませるようになったり、そんなヒミツを悟られたくなくて、普通を装ったりする顔が出来るようになったり。 ヒミツにしている自分を、部屋でコッソリ鏡に映して見ている事だってある。 けれど大勢の中にいるとふと何気なく思う事があった。 自分は周りより遅れてる… 周りの子より知らない事が一杯…… そんな自分と周りとの違いに段々意識し出すようになって行った。  高校に上がって環境が変わると、ミズキはこれまでと違って同性の友だちが出来たの。 ミズキとクラスが離れた私は、自分の事より心配に思っていた事だった。 でも同性の友だちが出来たら出来たでまた別の心配があったのは彼には内緒。 性格には問題はないと思うの ただ…… 怪しい誤解をされたり”気持ちワリー”ってミズキがどうか新しい友だちに言われませんように……    私がそうだったって事は、ミズキも同じように変わらないと思うんだよね。 でもミズキとははした事なかったから、彼がどの位を知ってるのかなんて、分からない。もしも私より色々知っているんだとしたら、ほとんど私と一緒にいたミズキはどうやってを得る事が出来たんだろう。 多分… 私と同じ位しか知らないと思うんだけどな…… それか 何にも知らないとか……  いくらナンでもそれはないか…… はぁ… でも、こんな事聞けないよね やっぱりさ…… ”アンタ、どの位知ってるの?”なんて…… 「ミズキ知ってる? セックスって、生理のアナにアレを入れるんだって」 ・・・…… やっぱりゾッとする……
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!