10 / 224

Skip 2 ”トモダチ”を超えようか… ①

 初めて生理が来たのは、六年生の春。 前の夜から何となくお腹が痛いな…とは思っていたんだ でも寝たら治るだろうって。 翌朝トイレに行ってビックリしたの。 学校でも教えてもらってたしママからも話を聞いていたけど、やっぱりビックリしちゃった。  ユイが何だろう?って顔してコッチ見てる  ああ… やだな…… ママが部屋まで連れて来てナプキンをくれた。 なんか嬉しいような恥ずかしいような変な気持ち……。 これからコレをアソコにあてなきゃならないのか……。  そんなスッゴイ事が起こったというのに、いつもと変わらない朝なのがまた不思議… そんなモノか……  ミズキはいつもと変わらずウチの玄関で 「おはようエッちゃん!」  と言った。私は何となくいつもと変わらない笑った顔の彼を真っ直ぐ見る事も、いつもと同じように”おはよう”と返す事も出来なかった。 彼は何にも知らない… けど、一段階段を上がった自分がなぜか彼の前で恥ずかしいと感じた。  大体この辺りから女の子の内緒話って、増えて来ると思うの。 胸だって痛いし。 いつだったかユイが私に投げてくれた箱ティッシュが、胸にちょうどあたってそれが自分でもビックリするくらい痛くて泣いた事があった。 パパがまたナンかやったのか!ってユイを怒ってたけど、ユイは”どうして?”って不思議そうな顔をその時してた。 あ… もしかしたら男の子がアソコを痛がる時って、こんな感じなのかな…… 本当にあの時は痛かったな……  そんなヒミツの話はいくら仲良しでもミズキとは出来ない。 学校にいても同じクラスだったせいもありクラスの女子と一緒にいる時間より、ミズキと一緒にいる時間の方が長い私。 ま、トモダチだから普通なんだけどでも、そののせいでと言っても過言じゃないと思う 私の”性の知識”ってのは、周りの女の子に比べたら格段に少ないんじゃ?って思う。  友だち同士の会話から得られる情報が全部正しいか… って言ったら、モノスゴク怪しいけど。 でも同性だから遠慮なしで話せる事って、やっぱりあるよね。 ある日私は放課後清掃の最中、廊下で思わず ウソッ! って大きな声出しちゃった 「セックスって、生理のアナにアレを入れるんだって」  性教育は学校でも受けていたけどこのクラスメイトのなんとも大雑把な物言いが、その後も強烈に自分の中に残る事になってしまった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!