8 / 224

ミズキはオトコだった!? ⑧

「エッちゃん女の子なんだから、ブラジャーはちゃんと毎日してよ 寝坊したからって、ダメだよ!男子は見てるんだから!」 「え!ウソ! 分かるの!?」 「分かるよ!エッちゃん男子に人気あるし、すぐに気付かれちゃうんだから! 君の知らない間に、男子は君を見てるんだよ!だから気を付けないと エッちゃん!」 「エー…」  ふたりの性差に対して鈍いままでそれで良いと思っていた。勝手に思っていた。 そうする事で成り立つ、長続きする、そして守れる関係 そう私は思っていたからだ。 けれど彼は私の事をちゃんと、自分とは違うだって見ていた。 ……不安までさせていたんだ…… 見ていた…… そうか……分かるんだ…… ミズキの言う通り、私は時々着けない日があった  なんか… 窮屈で……  そんな事があった去年の夏休み そんなコトもそれっきり…… ま… 受験もあったし… ミズキが言った”カレシになれるよ”はその後の私たちに変化をもたらす事もなく それまで通り変わりなく普段通りのままの私たちだった そして私は未だカレシも出来なく、ミズキとこの関係も続いてる。   なんでミズキはずっと私と一緒にいるのかな… 私は? なんでミズキと一緒にいるんだろう…… こんな事を考えるのは生理のせいかも  ハァ…  私の小物入れの中を勝手に弄っているミズキを見てるのも飽きて、ゴロリとベッドの上でカラダの向きを変えた。 「どうしたの?」 「……なんでもない……」 ミズキ… 私の小物見るの好きだね…… ユイなんか全然興味ないのに…… 「!…」 「痛いの治ればいいね……」 生理を言い当てた彼は今度はお腹を撫ぜて来た 「き… 気持ち悪くないの?」 「なんで?」 「せ… 男の子は苦手なんじゃないかなって……」 「どうして?」   目が合ったその間もなく  ミズキは静かに唇を合わせて来た なんで? それはどういう意味のキスなんだろう…… どうしてキスするの? ミズ… あれ… 「ちょっとやだ! ミズキやめて!!」 ミズキが確かめるようにまた胸を触って来た 「ミズキが心配しなくてももう大丈夫だから触らないで!」 「ごめ… あ… 違う…  えっと…」 「なに!」 「エッちゃん…  僕、エッちゃんの事好きだよ」 「………?」 「好き… だから……   触った……」 え? 「エッちゃん僕、エッちゃんの事が好きだよ だから……エッちゃんのカレシになりたい」 ミズキは去年の話を覚えていた そして気が付けば生理痛は消えていた
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!