4 / 4

素直な気持ちを想いにのせて💞

 ドアの前で立ち止まった状態で右から左へ、すーっと視線を動かす。ここで見つからなかった場合は、歩いて探さなきゃなぁと考えたときだった。 「あっ……」  声にならない声をあげてしまった理由――視界の一番左端にいたアイツと目が合った。ドアノブを握りしめた私に視線をロックオンしてきたことよりも、別の部署にいる仲のいい同性の同期と3人でお昼を食べていたことに困惑する。 (ううっ、このままここにいることは絶対に不自然になる。何がなんでも、アイツのところに行かなきゃ)  放たれる視線を感じつつ、足を前に出してゆっくり歩いた。ぐさぐさ突き刺さるようなそれを意識してしまい、顔がどうしても変になってしまうのはいた仕方ない。 「何しに、ここに来たんだよ?」  俯き加減でアイツの前に登場した私に投げかけられたセリフは、疑問に満ちていて当然だと思う。  恐るおそる顔をやっと上げたらベンチに座っている3人が、揃って私をじーっと見ていた。逃げられない現状を目の当たりにして、ビビりまくりながらもなけなしの勇気を振り絞る。 「あのね、これっ!」  手に持っていた紙袋を、勢いよくアイツに差し出した。しかも若干怒ったみたいな言い方になったのは、心の内を晒さないための強がりだった。 「なんだ、これ?」  可愛くない態度で渡した紙袋を眉根を寄せて受け取り、中を覗き込む。 「抹茶のシフォンケーキを作ったんだけど、たくさん作ったからお裾分けしてあげる。食後のデザートにどうぞ!」 「これ、お前が作ったのかよ?」 「うん……」 「へぇ、すげぇな。コイツらにやってもいい?」 「……いいよ」  アイツのために作ったのに、この場では嫌だとは言えない。黙ったまま、ことの成り行きを見守った。 「食後のデザートだってさ。ラッキーだったな」 「ぉ、おう。サンキュー」 「ありがと」  口々に感謝を述べられたけど、アイツからは『すげぇな』のひとことのみ。これを素直に喜んでいいのかな。 「ああっ、しまった! 先輩に頼まれてた書類、午後イチで提出しなきゃいけなかった」 「何やってんだ。手伝ってやるから早く戻ろう。これ、あとからいただくから!」  アイツの隣にいたふたりが、大騒ぎをしながら去って行く。突然のことに、茫然とその背中を見送った。 「あのさ――」 「なっ、なに?」  屋上の出入口に視線を飛ばしていたため、いきなりアイツに話しかけられたことに驚き、体をびくっと震わせた。 「俺、甘すぎるお菓子、苦手なんだけど」 「知ってる。だけどそのシフォンケーキは甘さが控えめだから、きっと大丈夫だと思うよ」 「どうして、そのこと知ってるんだ?」  答えにくい質問を投げかけられ、ひゅっと息を飲んだ。途端に頬が熱くなっていくのを感じて、逃げ出したい気持ちに駆られる。 「答えられないのかよ」 「たっ、たまたま偶然アンタの好みを聞いたからって、これを作ったんじゃないんだからね」 「そうなんだ、ふぅん」  身構える私の目の前で、アイツは紙袋からビニールのラッピングに入ったシフォンケーキを取り出した。がさがさ音を立てて中身を引っ張り出すなり、親指と人差し指を使ってスポンジをぎゅっと押し潰す。 「ちょっ、何やってんの!?」 「何って柔らかそうだったから、つい」 「ついって、そんな……」 「すげぇな、これ。押しても戻ってくる」 (食べる前にこんなふうに遊ばれるなんて、想定外だよ――)  頑張って作ったシフォンケーキを雑に扱われ、絶望に打ちひしがれている私の前で、アイツがそれをやっと口にした。 「んっ、甘っ!」  告げられた判定は『美味い』でも『不味い』でもなく『甘い』――それは、失敗を意味するものだった。  唇を噛みしめながら両手をぎゅっと握りしめて、悲しさをやり過ごす。やっぱり渡さなきゃ良かったと後悔しまくった。 「……甘いけど平気だ」 「えっ?」  もう一口、はぐっと噛みつくように食べて、嬉しそうに頬を緩ませるアイツをまじまじと見つめた。失敗したと思って心底凹んだあとだったからこそ、喜びがじわじわと湧き上がる。 「すげぇしか言えなくて悪いんだけど、これなら甘くても食える。抹茶の風味と渋みが口の中に広がるから、うまいこと甘さを抑えているのかもな」  告げられるシフォンケーキの感想に、頷くのが精いっぱいだった。 「これなら店に出しても、文句の言う客はいないと思う。親に食べさせてやろうかな」 「親?」 「うん。俺の実家、ケーキ屋やってるんだ」  ガーン! アイツの実家がケーキ屋だなんて、衝撃的すぎる事実なんですけど! 「毎日売れ残った商品がおやつだったし、ケーキの焼ける匂いが家の中に充満していたせいで、甘いものが好きじゃないんだけどさ」  そう言いつつも、大きめにカッティングされたシフォンケーキの一切れ分を、ぺろっと平らげてくれた。 「お前が作ったこれなら、食べることができる」  手に持っていた空のラッピングを紙袋に入れるなり立ち上がり、いきなり頬をぎゅっとつねる。 「いっ、痛いってば」 「さっき食べたシフォンケーキと、おんなじ柔らかさだよな」 「だからってわざわざ、こんなことして確かめるなんて酷い!」 「ショートケーキの上にのってるイチゴみたいに真っ赤になってて、美味そうにみえたから。つい……」 (イチゴみたいに真っ赤って、そんなに赤くなってるの!?) 「そっそれは今日は何だか、いつもより暑いから。そのせいだって」 「じゃあどうして、いつもより髪の毛が綺麗にまとまっていて、顔も不細工じゃないんだよ?」 「それは――」  顔全部が、更にぶわっと熱くなる。  アイツらしいぶっきらぼうな言葉遣いで、綺麗にしたことを指摘されるとは思いもしなかった。 「こんなことされたり赤くなってる顔を見たら、期待してもいいって思うだろ」  告げられた言葉に返事をしようとしたら、自分よりも背の高いところにあるアイツの顔が、音もなく近づいてきた。つままれている頬の指先に力が入った瞬間、唇が重ねられる。  信じられない出来事の連続で、思考停止状態になる。目を開けたまま、キスを受け続けた。 「ずっと好きだった。一目惚れって感じで」 「一目惚れ……」   アイツの顔に焦点があったときに告げられた言葉を、オウム返しするのが精一杯だった。頬をつまんでいた手が唇に移動して、なぞるように優しく触れた。 「お前、他の奴らと喋るときは楽しそうにしてるくせに、俺とは全然だったろ」 「それはっ! ……それはアンタが、私を馬鹿にするようなことばかりっ!」  文句を言う私の唇を、きゅっとつまむ。たったそれだけのことなのに、心臓が跳ねるみたいに弾んだ。 「しょうがないだろ。好きすぎて、素直になれなかったんだから。お前の気を惹こうと必死になってた、俺の気持ちなんて知らないだろ」  何か言いたくても唇をつままれた状態なので、自分の想いを伝えたくても伝えられない。 「だけどさっき、屋上の戸口のところで真っ赤な顔して俺を探しているお前を見て、素直になろうと決心したんだ。そしたら事情なんて何も知らないアイツらが、気を利かせていなくなったのはビックリした」  ちょっとだけ頬を染めたアイツが、やっと唇を解放した。 「私はラッキーって思っちゃった。ふたりきりになれるから」 「ハハッ! お前、顔に出てたもんな。あんた達は邪魔よって」 「嘘っ!?」 「本当だって。アイツらがいなくなった途端に、ほっとした顔になったもんな」  そのときの心情を言い当てられ、複雑な感情に苛まれる。だけどここで、怯んでばかりはいられない。 「ほっとするに決まってるでしょ。だって――」  美味しそうにシフォンケーキを食べただけじゃなく、堂々と告白してくれたアイツの想いに報いたい。 「大好きな人の笑顔をこうやって独り占めできる時間を、ふたりで過ごしたかったし」 「ぉ、おう」  照れて頭を掻きながら視線を彷徨わせる見慣れない姿に、思いきって告げてみる。 「これからもこういう時間を一緒に共有したいので、私と付き合ってくださいっ!」  アイツの顔をしっかり見上げて大きな声で言った告白に、目の前にある顔がみるみるうちに歪んでいく。 「何でお前がそれを言うんだよ。俺から言おうと思って、いろいろ考えてたのに!」 「そんなの、アンタがさっさと言わないのが悪いでしょ」 「こういうのは、タイミングが大事なんだって。いいムードを壊していきなり言う感じは、ガサツなお前らしいよな」 「いいムードなんて、全然なってなかったよ。もう!」  言いながらアイツに体当たりしてやった。体の小さい私がそんなことをしても、大柄なアイツはびくともしない。そのことに余計苛立ち、ぷいっと背を向けたら突然右手を掴まれた。 「ガサツなお前の相手をできるのは俺くらいなんだから、これからこうやって手を繋いでやる」  明後日のほうを見ながら告げられたアイツの耳は、パイに使うラズベリーみたいにすごく真っ赤になっていた。返事の代わりに、繋がれた手に力を入れて握り返す。 「ほら行くぞ。お昼休みが終わる前に部署に戻らなきゃ、先輩にどやされるだろ」  ふたりきりの時間を少しでも堪能したくて、足が重たくなっている私を、強引に引っ張りながらも歩く速度をゆっくりにしてくれる。そんな優しさに甘えつつ、隣に並んで歩いた。  これからふたりそろって、仲良く並んで歩く未来のように――。  Happy End
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ケーキ屋の娘と和菓子屋の息子、まさかの禁断の恋?
2
1
1
完結済/5話/7,283文字/19
2018年5月26日
彼と会う前には、必ずチョコレートを口に入れる。この甘さに慰められるから。
1
1
1
完結済/2話/8,644文字/12
2018年5月12日
「スイーツって、幸せな気分にさせてくれるものなのに……心ゆくまで楽しめないのは、辛いことですね……」
1
1
完結済/1話/9,983文字/12
2018年5月21日
あるバレンタインの日姫花は、カフェ Rionで必死に、最愛の彼氏英知にあげるバレンタインチョコを作っ
連載中/1話/1,564文字/0
2018年5月25日
ゆるやかに、甘く、繋がる
完結済/12話/9,370文字/0
2018年5月27日
甘党男子と辛党女子の話
完結済/3話/2,999文字/0
2018年5月27日