3 / 4

ドキドキハラハラのお昼休み💞

 手作りのシフォンケーキを渡すだけ――ただそれだけなのに、お昼ご飯が喉を通らなかった。そんなビビりまくりの気持ちを何とかすべく、トイレでしっかりと化粧直しをして、見た目から自信をつけてみる。  しかしながら綺麗にしたところで、毎日顔を突き合わせてるアイツは、私の些細な変化に気がつかないだろう。どんなに可愛くしてもマイナス面を目ざとく見つけて、ツッコミを入れてくるのが想像ついた。  他にもどうやって声をかけようとか、自分では上出来だと思ったけど、口に合わなかったら嫌われるかもしれない。なんてことが頭の中をループするせいで、手渡すこと自体をやめようと考えつく。 (告白するわけじゃないのに、今からこんなメンタルなんて、先が思いやられるよ……)  残り時間、あと20分で終わってしまうお昼休み。ビルの屋上で昼食をとっているであろうアイツのもとに向かうために、渋い表情のまま部署を出た。天気のいい日は決まって、屋上でお昼を食べる習慣がある。  前日の頑張りを思い出し、必死に勇気を振り絞った。小ぶりの紙袋の取っ手をぎゅっと握りしめながら、上に行く矢印のエレベーターのボタンを押す。心臓が痛いくらいに高鳴っていることを、空いてる手を胸に当ててわざわざ確かめた。  就活の面接のときとは明らかに違う、胸のドキドキ――それはとても苦しく感じるものなのに、全然つらくはなかった。むしろ、心地良い苦しさだった。  恋するドキドキは、自分の背中を後押しするスパイスみたい。ドキドキを感じてるだけで、マイナス思考がどこかに飛んでいってしまうのが不思議。  てのひらに伝わってきたドキドキを逃がさないように、握りしめながら顔を上げたそのとき、エレベーターの扉が小さな音を立てて開いた。数歩先にある屋上に通じるドアに向かって、弾むような足取りで近づく。  心の中で「えいっ!」とかけ声をかけて重いドアを開けると、飛び込んできた真っ青な青空が目に眩しかった。 (空って、こんなに青かったっけ? 心ごと、吸い込まれてしまいそうになる――)  澄んだ屋上の空気を吸い込みつつ、瞳を細めて眩しさをやり過ごしながらアイツを探した。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!