4 / 5

Strawberry Love + 4 +

『好きだよ、……君!』 『ん、大好きなんだから、――君!』  沢山呼んで“彼”の名前、沢山沢山呼んで! 『今でも好き、ずっとずっと好きだった、ショーゴ君!』    * * * 「真昼間に生れたから、正午……」  反芻する。  彼の思い出が強すぎたから、彼の名前を忘れていた。  彼を思いたかったから、その可能性を否定していた。  彼は、あたしをずっと見ていた。  彼は……   「貴方は、あたしの?」  彼は、ぎゅっと抱き締めてくれた。  茫然自失のあたし。  白いホイップクリーム、ほっぺについてるよ、まつこちゃん。  ほっぺ?  届かないなら僕が取ってあげる。ハイ。  ありがとう。  まつこちゃんのほっぺ、すごく柔らかいね。  ショーゴ君だって、美味しそうな肌してるよ。  いつか、まつこちゃんのほっぺ落とせるような、そんな美味しい甘いもの、作るんだ。     「「そしたら僕の、お嫁さんになってくれる?」」  あたしは。  貴方の。  アナタノモトメルモノヲモッテイルトデモイウノデスカ?     「ショーゴ……君」  あたしは死んだ魚のように濁った瞳で彼を見ている。  桜色したディスプレーの中に置かれている小さな苺大福。  白い膨らみは、母親の、乳房。  そっか。  彼は、求めていたんだ。  だから、あたしは……        * * *  ネェ、キスシテヨ、今ココデキスシテ、オ願イ、アタシヲ壊シテ!  あたしの頭の中で何かが弾ける。  ぎゅっと掴まれた腕に身体を擡げ、あたしは彼の口唇を思いきり吸う。  コレハ夢ジャナイ、コレハ罰ナノカモシレナイ、アタシタチニ背負ワサレタ……  何度も何度も舌を入れてかき混ぜて甘いだけのキス。  甘い甘い甘すぎる!  乱れる呼吸高ぶる鼓動。  正午君の大きな身体があたしに被さる。  二つの身体が畳に転がる。  仏壇の前で、激しく身体を求め合う。  言葉なんかいらない。ただ、衝動のまま。    兄妹? そんな真実信じない。    こんなにも、貴方を思っていたあたしと、  あたしを想っていた貴方だから。    姉弟? こんな真実信じない。    誰にも知らせない。  彼はブラウスをたくし上げてあたしの乳房を取りだす。  あたしは彼のズボンから勃起したペニスを奪う。  誰にも渡せない。わかるわけない。腹違い? 何それ?  否定する自分拒絶する自分。  あんなにマジメな彼が、あたしの殻を剥くことで狂い出す。  狂っても構わない。 「苺大福を作ってよ。あたしの乳房で」  捻りあげられる桜色の乳首、正午君の汗。  愛撫でほどけた蜜口に串刺し団子のように彼が貫いていく。  声にならない絶叫とともに、あたしと彼はひとつになる。  処女と童貞の慣れない交尾はいつまでもつづく。     * * *  ティッシュペーパーをくしゃくしゃと丸めて、ふたりで慣れない事後処理。  破瓜の痛みはあった。血もそれなりに出た。けれど“彼”に奪ってもらえたことが嬉しくて。  顔を真っ赤に染めて彼の裸の胸に顔を寄せるあたし。  悪いことをしたなんて思ってない。  愛してる人とすることは悪いことなんかじゃない。  それも、ずっと昔から思いを寄せていた人、大好きな“彼”。  目の前であたしの乳首を吸って満足そうにしてる“彼”。  あたしと貴方は、いつまでも一緒。  だって、その当事者ふたりは、あたしたちを置いて、死んでしまったのだから。    * * *          帰り道。  交差点の前で起こった突然の空白。  大きなクラクション。  ずっと貴方を抱き締めていたと思ったのに。  突き放されてしまうなんて、なんて。   「待子!」  それは罪なのですか?  だからこうして裁かれるのですか?  あたしは、ここで死んでしまうのですか?  ねぇ、誰か、答えてよ!        * * *  モシモアナタトアタシガ犯シタ罪ガ許サレナイモノデアルノナラ……  敵は、どこにいる?  真っ白。  それは、浄化を表す色。  あたしと貴方はまだ、汚れきっていない。   「待子!」 「……お兄ちゃん」  そこにいたのは将兄ぃだった。  今までのは全て夢?  どこからどこまでがあたしの夢?  白すぎて思い出せない。  もう、そんなの頭のすみずみに霞がかかってて、わからずじまい。 「お前、あとちょっとずれてたら死んでたぞ」  どうやら交通事故のことを言っているみたいだ。  あたしは、車に轢かれたのだろうか?  傍にいた、彼は?   「ねえ、ショーゴ君は?」    * * *          面会謝絶。  白いうすっぺらい紙にそれだけ書かれている病室の扉。  あの中で彼は戦っている。  生と死の狭間を夢見ている。  もし、神様がいるのなら……こんな悲劇をどう対処するのだろう?  あたしはその時、人目憚らずただ、泣いた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!