10 / 14

番外SS「騙す」

騙す  自分を騙すことと、相手を騙すことは、  どちらが、より不実なのだろう。  愛していると、囁きながら、愛していないと言い聞かせている。 (閨の中の睦言なんだよ、紛い言だ。 ぱらぱらと指先から零れる程度の)  吐き出す紫煙が宙に浮かんでは消える。    女の肉体を宿らせる清らかな少女は、時折顔をしかめながら眠っている。  安心して眠れない状況を打破するには、どうすればいいか、  答えは知っているはずなのに、自分を騙す。  真実、救われるのではなく一時楽になれればいい。  そんな弱さを、醜いと思った。  青は、くっと笑いながら、柔らかな肌を引き寄せた。  身勝手な欲は未だ、勢いを失わず彼女ー沙矢ーを求めていた。 「青……」  頬を包む手のひらを感じ目を覚ました沙矢は、  彼女に触れたまま、眠っている青に気づいた。  名を囁くと、彼だと実感する。  吐き出す息が、肩にかかる。長い睫が震えていた。  その寝顔を視界に焼きつけたくて、目を凝らして見つめる。   普段の鋭い表情が僅かに緩んで、彼の素を覗かせていた。  長めの前髪、切れ長の瞳、整った鼻梁、形のよい唇。  寸分の狂いもなく整った彫刻のような美貌を持つ人。  色を名前に持つ彼は、その色がとてもよく似合った。  澄み切った夏の空ではなく、深海の青。 「……ディープブルー」  手と手を取り合って泳ぎきる日がいつか必ず来る。  そう信じて自分を騙し彼を騙す。  愛に執着なんてしていない。  下手な芝居に興じているのだけれど。  気づいて。  悟られたくない。  二つの相反する気持ちが胸からあふれ出している。  広い背中にしがみついた。  ボディーソープと彼自身の匂いが溶け合って眩暈がするほどセクシーだ。  沙矢は、こてんと頬を預けて瞳を閉じた。  膨らみを押しつけているせいで、彼の欲を煽っていることなんて考えもしなかった。  腰の辺りで、かさかさと音が聞こえて、はっと気づいたとき体が反転した。 青が避妊の準備を整えたのを察し、 心臓が破れんばかりに音を立てた。  組み敷かれ見下ろされると、深遠の瞳と 視線が絡む。 鋭く射抜かれ、懸命に見上げた。  頬、額、首筋、鎖骨へととめどなくキスは続く。  首筋に顔を埋められた時、 胎内(ナカ)を貫かれた。  熱い。焼き尽くされそうで、息を吐き出す。  擦られ、つぷと混ざった。意識が、朦朧とする。 「っ……あ、青……や……あ」 「何が嫌なんだよ。俺に抱かれるの好きだろ」  言葉と体の両方で責め苛まれ、血が沸騰するようだ。  背に爪を立てれば、更に勢いが激しくなった。  ホテルのベッドは、沙矢の部屋のベッドと違い、軋む音は立てない。  淫らな水音と、息遣いが響くだけだ。  絶え間なく上がる甘い嬌声と。 「私はあなたのこと……」 「言えないよな。すべてを壊したくないもんな」  安っぽいプライドが、邪魔をする。  紛いごとも積み重ねれば、真実に変わるのではないだろうか。  揺れる世界で、ぼんやりと宙を見つめる。  奔放に開かれた両足の間に、彼の体が割り込んでいた。  何故だろう。  彼の自由に抱かれながら、決して無碍に扱われていない気がするのは。  体重をかけないように、体をずらして、沙矢を抱いている。  僅かな隙間を開けて、触れ合っていた。  このやさしさは何より残酷で、沙矢を蝕む。 「好きだよ? 」  無感情の声音が肌に染み渡る。 「……好き……っ!」   無感情に対して、思い切り感情をこめて返す。    それが、沙矢にできる意趣返しだった。    この時間が、あなたに抱かれることが好きなのだと きっと伝わっただろう。    寄せては返す波に飲み込まれる。    荒々しく、時折酷く優しく。    本能で、求め合いながら心は、空しかった。    すべてをさらけ出すには、臆病すぎて、 少しずつ、気持ちを探って時間を重ねていく。 二人にできる唯一のこと。    体がどくんどくんと波打つ。意識が溶けた。 「っ……く」   後を追うように青が、息を吐いて沙矢の上に覆い被さってくる。    行為の後の濃密な気配に彩られた部屋で、  指先を繋いで、二人は、眠りの底へと意識を閉ざした。    昂ぶっているのは、体じゃなくて心。  お互いが、欲して止まないものだった。   
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!