109 / 94

Chapter.7 愛され続けて*Act.4-06☆

 高遠さんが私の着ているもの全てを脱がせ、高遠さん自らも生まれたままの姿になっていた。  どうしても、高遠さんの身体の中心部に目が行ってしまう。  赤黒く反り勃つそれを見ていたら、またこの間のようになかなか入らないのではないかと少し怖くなった。 「触ってみる? 風呂に入ってないから綺麗じゃないかもしれないけど」  高遠さんに言われ、私は半身を起こした。  綺麗じゃないかも、とは言われたものの、触ってみたい好奇心が疼いたのも確かだった。  思った通り、高遠さん自身は硬くなっていた。  でも、ただ触れるだけでは物足りない気がして、両手を使ってそこをゆっくりと上下に動かしてみる。  ビクン、とわずかに高遠さんの身体が跳ね上がった。  顔を上げてみれば、恍惚の表情で私を見下ろしている高遠さんと視線が合った。 「大丈夫そうなら、そのまま咥えてみて?」  私は再び、高遠さん自身に視線を落とした。  少し躊躇いながら、言われた通り、高遠さん自身を口に含んでみる。  汗の味なのか、ほんのちょっとしょっぱさを感じた。  でも、高遠さんの味だと思うと不快感は不思議と全くない。 「絢の好きなようにやってみて?」  どうしていいのか分からず、それでも何となく手でした時と同じように、咥えたまま上下に高遠さん自身を動かしてみる。  また、高遠さんが反応した。  今は顔を上げるだけの余裕はなかったけれど、きっと先ほど同様、うっとりと私を見ているに違いない。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!