26 / 33

Chapter.2 もっと知りたい*Act.3-01

 バイトは予定通りに終わった。  それから私は電車に乗り、家の最寄り駅から自転車に乗り換えて急いで帰った。  ご飯は遅い時間ということもあって簡単なもので済ませた。  お風呂もいつもよりも早く上がり、髪を乾かしてベッドの上で座りながら高遠さんからの電話を待つ。  待っている間、緊張で何も手に付かなかった。  何を話すか頭で考えるも、話題が全く浮かばない。  そもそも、大学生の私と社会人の高遠さんでは住む世界が違い過ぎる。  高遠さんはどう思っているのだろう。  でも、優しいあの人のことだから、私によけいな気を遣わせないようにしてくれる気がする。  それがかえって申しわけない。  そのうち、携帯の着信音が鳴った。  あらかじめ分かっていたとはいえ、先ほどにも増して緊張感が駆け巡る。  私は深呼吸を数回繰り返し、電話に出た。 「もっ……、もしもし……」  普通にするつもりが、かえって意識し過ぎて声が上ずってしまった。  高遠さんももちろん気付いたに違いない。  でも、そのことには全く触れず、『どうも』と穏やかな声音で返してくる。 『ごめんね。遅くなってしまったね』 「あ、えっと……、いえ……」  自分でも何を言っているのか分からなくなってきた。  そこでさすがに高遠さんも電話の向こうで、『あはは』と声を出して笑った。 『そんなに構えなくていいよ。リラックスリラックス』 「はあ……」 『やっぱり無理?』 「えっと……、ちょっと……」  また、馬鹿正直に答えてしまった。 『参ったな……。こっちは緊張させるつもりはないんだけど……』 「――すいません……」 『いやいや、謝らなくていいって』  少し慌てたように言ってから、高遠さんは、『さて』と言葉を紡いだ。 『今日はどんな話をしようか?』 「どんな……」  こっちに委ねられても、私も何を話していいのか全く分からない。  とはいえ、高遠さんに丸投げしてしまうのも悪い気がする。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!