5 / 5

第5話

快感に痺れそうになって、声をあげるとそれに応えて彼は更に刺激を与える。腰の辺りのもやもやとした感覚はどんどん強くなり、下腹部が溶けていくようだ。 触ってもいないのにとろりとした液体が溢れてきているのを感じて、早くもっと彼を感じたいと全身が震えた。 胸に顔を埋めている彼の頭を両手で掴んで、強引にキスを求める。今度は私から誘い込むように彼の口内に入り込んで、歯の表面や歯茎までもねっとりと舐めまわしていく。 「ねえ、気持ち良くて頭の中が溶けちゃいそう」 「溶けてるのは頭の中だけ?」 キスを交わしながら、合間にする会話は吐息混じりで返事をするのも難しい。 「どういう意味?」 「こういう事していたら、溶けるのは頭の中だけじゃないよね」 「そうかもしれない。さっきからそんな気がしてるから」 「うん、それならそっちも味わいたい」 キスを止めてすっと離れた彼は私の腿に唇をつける。何回もキスを落として。膝と膝の間に両手が当てられると、ぐっと押し分けるように力が込められた。 「恥ずかしいから……」 「ダメ」 思った以上に強い力のせいか、それとも私が本当はそう願っているからか膝が開かれると彼はすっと頭を膝の間に潜り込ませる。 「力抜いて」 そう言いながら彼は腿の内側を軽く咥える。咥えられた歯の間から尖らせた舌先が肌を滑りながら何度も動き回ると私の体から力が抜けていった。 位置を変えながらキスが繰り返し落とされ、じわじわと下着のある場所へと近づいていく。しかし、そこに触れるかと思うと今度は反対側の腿にキスが落とされた。 焦らされているのが苦しくて私が小さく声をあげると、彼は唇をつけた場所を強く吸い上げる。 「や……」 じりっとした焼けるような痛みがしてすぐに消える。 「ごめんね、なんだか僕のものだっていう印がつけたくなって」 膝の間から彼が顔を上げ、虚ろな表情をしているだろう私の顔をじっと見る。 「もうあなたのものだから、焦らさないで」 「うん。ここに触って欲しい?」 私が返事をしないと分かると、彼はおそらく下着の上からでも分かるほど湿っているだろうそこにちゅっと音を立ててキスをした。 「言わないとこうやってしているだけだよ」 「……やだ。お願い、触って」 「良く言えたね」 下着の上から何かを探しているのか、彼の唇がゆっくりと移動する。少しずつ上っていく唇が目的のものを見つけたのか吸い上げられると、びくっと私の体は震え、信じられない程の甘い声を出した。 「見つけたみたいだ」 下着が片側に寄せられると、舌先が中心部にそってあがってくる。そしてさっきよりも更に敏感になっているそこを彼の親指が潰すと、それは逃げてしまう。それを追いかけて彼の指先は弄ぶ。 その刺激の強さに思わず腰を引きそうになると、逃げられないようにか溶けている場所に彼の舌が少しだけ差し込まれた。 声にならない声を上げた私の中に力が入ると、差し込まれた舌はするりと押し出されてしまう。 私の反応に手応えを感じたのか、彼はもう一度同じことを繰り返す。同時に刺激されると不思議と強すぎた感覚が鈍るのか、再び私は力を抜いて吐息を漏らした。 「ここ、固くなってきたよ。小さいのに自分の存在を主張しているみたいだ」 彼はそう言うと親指を離し、左手でそれをしっかりと露出させると音を立てて吸ったり、舌先で円を描いたりする。快感を求めようとする欲求に羞恥心がかき消され、私は腰を浮かせて彼の舌にそれを押し付ける。 「気持ち良くておかしくなりそう」 「うん、おかしくなって。そうなっているところが見たい。 ねえ、潮を吹いた事はある?」 まるで鯨の潮吹きを見たことがあるかと尋ねるみたいに彼は言う。 「潮?」 「そう、おしっこみたいに出るやつ」 「ううん、ない。こんな風に濡れたのも初めてだから。なんだか魔法にかかっているみたい。 何かで読んでそんな風に気持ちよくして貰えるのっていいなって思った事はあるけど」 「それなら試してみてもいいかな?」 言ってはみたものの急に恥ずかしくなって顔を背けたのを了承と取ったのか、彼は溢れだしたとろりとした液体を人差し指と中指に纏わりつかせると、さっきまで舌を差し入れていた場所にそっとあて割れ目をなぞるように何度か往復させる。 「とろとろすぎて形がよく分からないね」 彼の吐く言葉にじわっとまた腰の辺りのもやもやとした感覚が強くなり、そのとろりとした液体がまた溢れだす。全く侵入を拒まれる事なく、まるで沼のように彼の指を飲み込んでいく。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

オフィスで、家で、そしてホテルで。付きまとう性悪男から貞操を守り抜く処女の物語。
13
7
2
1
9
連載中/50話/52,135文字/179
2018年2月1日
シンデレラでは義母と義姉がいじめっ子。だけどこの物語でのいじめっ子は王子様なのです。
1
2
連載中/14話/29,679文字/25
2017年11月2日
どうかあたしに麻酔をかけて。これ以上、恋なんかできないように。
1
連載中/46話/58,761文字/6
2018年6月4日
教師(♀)×元生徒(♂)。触れたいし愛したい、欲をいえばえっちなこともしたい
1
2
3
完結済/5話/9,499文字/0
2017年12月19日
医学博士に恋された女性は、夜の街で精力剤を売る薬剤師さんなのです。
7
2
1
1
完結済/5話/9,800文字/84
2018年4月4日
中華風ファンタジー??
連載中/1話/3,387文字/0
3月23日