3 / 6

第3話

「触って欲しい?」  揺れる私の腰に、三山さんは自身の下腹部を押し付ける。スラックス越しに、彼の熱がお尻に伝わってくる。 「ふあ、あぁんっ」 「触って欲しいなら、言ってくれないと分からないよ?」 「あ、あぁ……や、ちがう……」 「こんなに硬くなってるのに、いいの?」 「……涼香ちゃん、本当にいいの? 触ってほしそうにぷるぷる震えてるのが、僕から見ても分かるけど」  私の仕草、一挙手一投足をそのままスケッチブックに写し取っている桐生先生が私にそう声をかける。情欲の熱に浮かされない第三者である彼から見たら、私が淫らに感じているさまがよくわかるのだろう。恥ずかしさで居たたまれなくなった私は俯いて顔を下げようとするけれど、三山さんは「ダメ」と顎を掬うように持ち上げた。 「どうして欲しい?」 「え、あ、あぁあ……」 「意地っ張り。もう触っちゃうからね」  ねっとりとしたその囁きに、私は思わず頷いていた。私の乳房を揉みしだいていた三山さんの指先が、私の乳首をきゅっと摘まんだ。 「あぁああ……!」 「すっごく硬くなってるね、君の乳首」 「や、やめてぇ……あ、あぁ……っ!」 「こんな風に、『見知らぬ男』に『電車の中』で痴漢されて感じるなんて、とんだ『淫乱女子高生』だな」  三山さんのささやきが、私の頭を徐々に錯覚させていく。まるでここはいつも乗っている電車の中で……『女子高生』の私が、『見知らぬ男』に背後から弄ばれる。私にそのスイッチが入ってしまったことに気づいた三山さんは、片方の手を胸から離す。もう一度お尻を撫でて、スカートの中に潜り込ませる。そして、そのまま……下着のクロッチの脇から、 するりと指を挿れた。 「ふああっ!」 「びしょびしょ、すっごい濡れてるけど……大丈夫?」 「あ、ああぁん、あ……だめぇ……っ!」 「大丈夫じゃないねぇ。……いいよ、もっとシテあげる」  『痴漢』はその言葉の通りに、指に愛液をなじませてそのまま私の蜜壺に指を押し込んでいった。するりとその指を受け入れた私の淫部は、きゅっとそれを締め付ける。 「気持ちいい?」  抗うことすらできず、私は息絶え絶えになりながらも「気持ちいい」と何度も呟いていた。 「もっと、シテ欲しい?」 「あ、あぁん……ん、あ……シ、シテ、ください」 「エッロ」  胸を揉み解していた『痴漢』の手が、私の下肢にのびていく。そのまま下着に入ってくるより先に、何かつんざくように冷たいものが触れた。 「ひゃ、あぁ……!」  チョキン、という金属が擦れあう音が二回、その音と共に下着がハラリと落ちていく。 「穿いたままだと、桐生先生に見えないからね。見てもらいたいでしょう? 中野さんのびしょびしょに濡れたアソコ」
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!