17 / 22

第17話

   * * *  ゴロン、とベッドの上で寝返りを打ち、深々と気の抜けた息を吐く。  見慣れた室内で、真理子はダラダラと過ごしていた。  なんて、あっけなかったんだろう。  意を決して下船して、その足で駅へ向かった。電車に揺られている間は呆然としていたが、部屋に入れば日常があっさりと真理子を迎え入れた。  置きっぱなしの旅行カバンがなかったら、豪華客船に乗り込むところから、すべてが夢だったように感じる。  真理子は胸に手を当てた。  こういうとき、ドラマや映画だとヒロインは恋に胸を押しつぶされて、嘆き苦しむものなのに、真理子の内側は空っぽだった。  なにも感じない。  現実感がどこにもなかった。  ふわふわと魂が漂っている。肉体もそうかもしれない。たしかにベッドの感触はあるのに、それが実感に繋がらない。 「私、ちゃんとここにいる?」  声に出して確かめる。声を聞いて手を伸ばし、ペタリと頬に触れた。触れられるから、ちゃんといる。――でも、この感覚も幻かもしれない。  カレンダーを確認するとか、テレビをつけてニュースを見るとかして、日付を確認したら旅行が本物だったと思えるかも。  そう考えるのに、起き上がるのはおっくうだった。  なにもしたくない。  する気が起きない。  このままゆっくりと溶けて、液体になってベッドにたまって、浸み込むか蒸発するかして消えてしまえたら。  誰もなにも知らないまま、消滅するの。なにもかも、きれいさっぱり。痕跡も残さずに。――誰の記憶にも残らずに。  誰とも会う気は起きないし、誰かに気にかけてもらいたくもない。間接的にも触れられたくない。ただ、こうして静かに、なにもせず、なんにもならない存在でいたい。  からっぽの自分の外殻が、はやく消え失せてしまえばいいのにと真理子は思う。こんな状態で日常に放置されるなんて、堪えられない。――堪える? そんな必要もない。私はただ、こうやって横たわっているだけ。道端の小石とおなじ。誰も見向きもしない、ただそこにあるだけの存在でいたい。  琉偉がもういないから。  琉偉とはもう離れてしまったから。  だから、なにもしたくない。  からっぽすぎて、涙も出てこない。  悲しいという感情すら、湧き上がらない。  いつの間にか、琉偉は真理子の内面のすべてになっていた。  魂をすべて、琉偉のところへ置いてきてしまった。  だから、ここにいるのは抜け殻。  なんにもない、からっぽ。  あと3日、琉偉といられたはずなのに、自分からそれを放棄した。  彼から別れを告げられたくなくて、逃げ出した。琉偉にとっては、期間限定の恋だから。それをわかっていながら、割り切れないほど好きになってしまったから。  宝くじで高額当選をした人は、人生が変わってしまうと聞いたことがある。スロット・マシンであたりを引けば、億万長者。きっと人生が変化するだろう。  私はあの船の上で、あのスロット・マシンで、ジャックポットを引いてしまった。琉偉というジャックポットを、引き当ててしまった。  夢のような時間はあっという間に過ぎてしまった。夢は覚める。現実に戻らなくてはいけない。それをはやめた私の選択は、間違いだったのかな。  琉偉。  彫りの深い顔。青い瞳、黒い髪。――日本人と言われて、ビックリした。それよりも、彼と初対面でいきなり、キスもそれ以上もしてしまったことに驚いた。というか、あんな大胆なこと。いくらお酒に酔っていたからって、自分が信じられない。  でもきっとそれは、夢だったから。  あそこは現実世界とは切り離された場所。外国よりもずっとずっと遠い、夢の国だったから。  だから私はあんなにも大胆になれた。真面目で、両親に心配をかけないで、教師ウケもよくって、大きなハメを外すこともなくて、上司からも信頼されて、アレコレと仕事を任される。友達が大勢いるわけではないけれど、すくなくもない。それなりの人間関係を営んでいた、過不足のないイイ子だった。  そんな、どこにでもいる平凡で、なんの面白味もない地味な私が、あんなにステキな人と恋ができるなんて、現実にはあり得ない。  そう、現実にはあり得ない。  だから、あれは夢なんだ。夢だったの。貯金をはたいて、私は夢を買った。そこで理想以上の人と出会って、恋をして、支払った金額以上の思い出を手に入れた。  それなのに……。  手に入れたはずなのに……。  どうして、からっぽなんだろう。  おかしいな。 「……琉偉」  手に入れたものをすべて、彼のところへ置いてきてしまったからだ。  堂々巡りの思考を、真理子は繰り返す。  そうするほかに、真理子はなにもできなかった。  からっぽだから。  手に入れたはずのものは、すべて消え去ってしまったから。  それどころか、もともと真理子が持っていたものも、なくなってしまったから。  私、なにか持っていたっけ?  なにもなかった。  なにもないのに、あるフリをして生きてきたんだと真理子は思う。  もとから、からっぽだったんだ。  親の言うとおり、世間の認めてくれるようにと生きてきた。ささいな好みやわがまま、望むものはあったけれど、私にはこれがある、と胸を張って言えるものではなかった。  はじめてそう思えたのは、琉偉への想い。  それを自分から手放した。  手放さなくても、なくなると決まっていた。  悪銭身につかず。  古い言葉を思い出した真理子の口許が、不器用に歪んだ。笑みにもならなかったそれは、すぐに消える。  ギャンブルで手に入れたお金は、すぐになくなってしまう。カジノで手に入れた恋は、あっけなく消えてしまった。  そして真理子は、自分がからっぽだと思い知らされた。  使い果たしちゃった。  当初の予定通りだ。  これといった趣味もなく、贅沢をすることもせず、旅行に行くわけでもなく、自然と増えていった貯金。  もう全部、使い果たしてしまいたい!  そう思って、豪華客船に乗ろうと決めたのだ。  いままで模範的なイイ子として、両親に褒められていたはずなのに、手のひらを返したように「はやく結婚しなさい」と眉をひそめられ、その結婚相手になる予定だった男に浮気をされて、人生をすべて否定したくなった。  思い切りバカをやって、真面目な自分をぶち壊したい。  それが今回の、旅行の理由だった。  からっぽになったのは、目的を達成したからだ。 「ふ……、ふふ」  真理子の唇から笑みがこぼれる。ちいさく震えて、真理子は泣き声とも笑い声ともつかぬ音を、胸の奥からあふれさせた。  予定通りじゃない。  全部使い果たして、真面目な自分をぶち壊した。世間一般に言われるようなハメの外し方からすれば、ずっと軽く真面目の域を超えないものかもしれないけれど、真理子にとってはとんでもない行為だった。  期間限定の恋なんて、真面目な人にはできやしない。 「大成功じゃない」  つぶやいた真理子は、クスクスと渇いた笑いに体を震わせた。    * * *  なぜ真理子は来ない。  腕時計を見て、待ち合わせ時間が間違っていないことを確認し、琉偉はイライラと足先で床を叩いた。  約束の時間はとうに過ぎている。待ち合わせ場所も間違ってはいない。それなのに真理子の姿がどこにも見えない。  なぜだ。  琉偉は眉間にシワをよせ、あたりを見回した。  真理子らしい人影はどこにも見当たらない。なぜ真理子は来ないのかと、琉偉はまた腕時計に目を落とした。  待ち合わせに遅れるような人じゃない。それはこの短い期間でわかっていた。なにか、トラブルにでも見舞われたのだろうか。  きっとそうだ。そのほかに、真理子がここに来ない理由が思いつかない。  どんなトラブルだろうか。  考えるよりも確認が先だ。  琉偉はレストランの受付に、真理子が来たら席に案内をしておいてくれと、彼女の特徴を伝えて離れた。  せかせかと事務室に戻る。 「ニック」  扉を開けざま呼ぶと、ニックは驚いてイスから立ち上がった。 「どうしたんですか。そんなに血相を変えて」 「どこかでトラブルはなかったか」 「トラブル? なにかあったんですか」 「だからそれを聞いている。なにかなかったか」 「……そういう報告はきていませんが。どうしてそんなに焦っているんです。いったいどうして、トラブルがあったと思ったんですか」 「――真理子が来ないんだ」 「え?」 「約束の時間に、真理子が来ない」  琉偉はイライラと事務室の中を歩き回った。 「女性に待たされるなんて、いつものことでしょう」 「真理子は違う! 彼女は約束よりもはやく、待ち合わせ場所に来るんだ」 「……真面目な女性だと、言っていましたね」 「そうだ。真理子は俺を待たせないように、いつも先に待ち合わせ場所に来ていた。その彼女が時間を過ぎても現れないんだ」 「フラれた……、という可能性は?」  琉偉は目を見開いた。 「……俺が、フラれた、だと?」 「あり得ませんね」 「いや……、わからない。彼女はとにかく、いままで付き合ってきた誰とも違うんだ。その可能性は……」  琉偉は真理子のほほえみを思い出し、首を振った。 「あるとすれば、彼女はかなりの女優だ。……俺は、なにか彼女を不快にさせることをしたのか?」  ニックは肩をすくめた。 「そんなふうに、女性に関してうろたえている姿をはじめて見ました」 「言っただろう。――本気なんだ。でなければプロポーズの相談なんて、しやしない」 「そうでしたね。……たとえば、あなたの過去の相手から、あなたの素行を聞かされて愛想をつかした、という可能性もなくはないですよ」  琉偉の顔から血の気が引く。 「あるいは、あなたを手に入れようと考えた誰かが、彼女にイタズラを仕掛けたか……」 「すべての従業員に、真理子を探すよう命令をしろ」 「落ち着いてください」 「落ち着かなくさせたのは、おまえだろう」  ニックはやさしい瞳でほほえんだ。 「あなたがどれほど本気なのかを、試しただけです。すぐに真理子がどこにいるのか、調べてみましょう。――すぐに見つかりますよ。クルーがどれほど優秀かはご存じでしょう」 「……ああ」  力なく返事をした琉偉の肩に、ニックが手を置く。 「もしかしたら、単に気分が悪くなって、客室で休んでいるだけかもしれません。どこにいるかわからないのに、やみくもに探し回って、行き違いになってしまっては困るでしょう。とりあえず彼女の部屋へ行ってみてはどうですか。ウロウロなされて連絡が行き違いになると困りますし、そちらでお待ちになっていてください」  反射的になにかを言おうとした琉偉は言葉を探し、けれど言うべきものを見つけられなくて、ただ息をこぼした。 「わかった、そうしよう。……真理子の客室へ行く」  なぐさめるように肩をたたかれ、あるかなしかの笑みを浮かべた琉偉は事務室を後にした。  真理子はどこで、なにをしているんだ。  すれ違いになったのかもしれないとレストランに戻ってみたが、来ていないと言われた。  ニックに言われた通り真理子の客室へ向かうが、事務室へ向かったときのような勢いはなく、琉偉の足取りは重かった。  彼の脳裏にニックの言葉が引っかかっている。 ――あなたを手に入れようと考えた誰かが、彼女にイタズラを仕掛けたか。  ありえなくはない。  琉偉は真理子と過ごしているにも関わらず、熱い視線を向けてくる女性に気づいていた。琉偉のウワサをどこかで聞いていたのか、それとも単に自信過剰なだけなのか。  かつて琉偉の周囲にいた女性は、自分のほうが魅力的だと判断したら、遠慮などせずアプローチを仕掛けてきた。そういうタイプの女性が、真理子を気弱な女性と見て取り、威圧をかけたという可能性を思い浮かべて、琉偉は自分の素行を呪った。 「真理子」  部屋にいてくれと願う。  もしも想像どおりなら、いくらでも彼女をなぐさめる。抱きしめて、キスをして、どれほど愛しているのか心を尽くして伝えよう。――俺にとっては、真理子が最高の女性なんだ。  琉偉は心の中で叫んだ。  真理子のほかの、どんな女性にも心を動かされない自信がある。離れていても、心は真理子に支配されている。魂を取り出して、どれほど惹かれているのかを見せることができれば――ッ! 「真理子、真理子! いないのか」  扉をノックし声をかけても、客室の中から返事はなかった。真理子はいるのか、いないのか。それだけでも知りたいのに、知るすべがない。 「真理子……」  つぶやき、ドアノブに視線を向ける。客室の鍵を持ち出して、室内に踏み込もうか。  行き過ぎた行為だと、琉偉は考えなかった。ただ真理子の姿を見たい。そのためなら、職権を利用してもかまわない。  それほどに、琉偉は追い詰められていた。  イヤな予感が胸のあたりにざわめいている。その原因はニックの言った予想だろうか。  琉偉はふと、朝食のときに真理子の笑顔がくもった瞬間を思い出した。どうかしたのかと問えば、なにがと返された。心配事があるときは、なにが、ではなく、なんでもないと、とっさに返答をしてしまうものだ。だから、ただの気のせいかと思った。それでも気になって、表情が沈んでいるように見えたからと告げると、真理子は「ヤだ」と笑った。 「私、真顔になると暗いとか、心配事がありそうとか言われるのよね」  ぼうっとしていると、そういうふうに見られると答えられて、そうなのかと琉偉は納得した。黙っているだけなのに怒っているように見える人や、泣いているように見える人もいる。生真面目に生きてきた真理子は、考えることがクセになっているので、ふとした瞬間に案じ顔になってしまうのだろう。  そんなふうに受け流した。  だがもし、本当の心配を抱えていたのだとしたら。  もっと深く聞けばよかったと悔やんでも、どうしようもない。あの瞬間はもう、帰っては来ないのだから。 「真理子」  いま、どこにいる。  祈るように名を呼んで目を閉じた琉偉は、扉に額を置いた。  ニックが従業員たちに、真理子の居所を探すよう手配をしている。この船のクルーは優秀だ。きっとすぐに真理子の所在が分かる。ここで待っていた方がいい。  探しに行きたい衝動を堪えるために、琉偉はこぶしを握った。それを扉に打ちつける。  この音に気づいて、真理子が出てきてくれはしないか。  そんな思いを込めてみたが、室内からはなんの反応もない。  部屋にいないのか。  なら、どこにいる。  ジリジリと焦燥にあぶられる琉偉の耳に、せわしない靴音が届いた。顔を上げれば、困惑顔のニックが近づいてくる。  琉偉は扉から離れ、ニックに駆け寄った。 「真理子は?!」 「それが……」 「なんだ。はやく言え! 彼女はいま、どこにいる」 「……下船をしています」 「――え?」 「彼女は予定を繰り上げて、神戸で船を降りてしまっているんです」 「ばかな!」  琉偉はニックが差し出した下船手続きの書類をひったくった。真理子が間違いなく下船をしたという証拠が、目の中に飛び込んでくる。 「……なぜだ」  琉偉はよろめいた。 「真理子、どうして」  壁に背をあずけて、琉偉はずるずると床に座り込んだ。そんな彼の姿を、ニックは気の毒そうに見下ろす。 「彼女との縁も、ここまでだったということですね。――彼女は、あなたから逃げ出した」  なぐさめにしてはシビアなニックの言葉に、琉偉は気を取り直した。 「いいや、まだだ」 「え?」 「これから3日。俺に時間をくれないか、ニック」 「どういうことです」 「真理子を手に入れる」 「――は?」  立ち上がった琉偉は、書類をニックの胸に押し当てた。 「日本近郊なら、俺がいなくとも問題なく旅程を進められるだろう。博多を出発するころには、船に戻る」 「船に戻る……、って。まさか――」 「その、まさかだ」  琉偉はニヤリとした。 「真理子を手に入れてくる」  彼女を得るためなら、どんなことでもしてみせる。  あっけに取られるニックを残し、琉偉は準備のために大股で自分の船室へ向かった。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!