14 / 50

1-14:ひねくれ処女の強がり

「うっわ、びちょびちょ」  そんな声が遠くで聞こえたような気がした。頭がぼうっとして、何を言われているかわからなくなる。 「こんなにしてたら触ってほしくなるよな。……遠慮すんなよ。ちゃんと気持ちよくしてやるから」 「あ……」  優しい声のせいでまたきゅうっとお腹が苦しくなる。  さっきまで胸を弄っていた手が、今度はとろとろに濡れた私のそこに触れた。 「んっ……」  また、変な声が出てしまう。でも、もうそんなことも気にならないくらい、意識が菅原の指に集中していた。  下着の上からぐっとそこを押される。そのままゆっくり指を動かされると、くちゅくちゅ音が響いた。さっきのキスよりもっと粘ついていていやらしい音。それが私の身体から、菅原の指によって生み出されている。 「……あ……あぁっ……あん、んっ……」 「いいよ、声出して。我慢できないだろ」 「あ、あんたに聞かれるの……やだぁっ……」 「こんな時まで強がんな」 「聞かないで……こんな変な声、聞いちゃやだ……」 「……っ、バカ」 「ひっ……」  下着の上からだったのに、引っ張られて脱がされる。 「んなこと言われたらもっと啼かせたくなるに決まってる」 「んんんっ……!」  ぬるぬるになったそこを今度は直接触れられる。ぴんと硬くなった場所にいやらしい液体を擦りつられた。何回も何回も擦りながら、舌で胸の先端を愛撫してくる。  身体のあちこちが気持ちよくて、全部溶けてしまうかのようだった。  震える身体がびくっと跳ねては、菅原の甘い責めに溶けていく。聞こえてくる水音もだんだん激しさを増して、それに合わせるように私の中で何かが大きくなっていった。 「も……やめて……おかしくなっちゃう……」 「まだだってわかってるから。な?」 「やだ……変なの、そこ……ぎゅって……ん、うぅっ」  一生懸命訴えてるのに、話も聞かずキスされる。  さっきとは比べ物にならないくらい荒っぽく舌を絡められて、それと一緒に足の付け根をぐちゃぐちゃ愛された。 「んっ……んっ……んんーっ……」  なにか、くる。  伝えたいのに唇を塞がれて何も言えない。そうしている間も敏感な所を執拗に弄られた。  勝手に足が開いてしまう。もっと強い刺激を求めるように菅原の指を受け入れてしまう。  律儀に応えてくれる指が更に激しさを増した。 「ふ……ぁっ……や……だめ、だめぇ……っ」 「いいよ。イっとけ」 「あ……あーっ……あっ……!」  びくん、と一際大きく全身が跳ねた。一気に力が入って、すぐに脱力する。  快感が足の先から頭のてっぺんまで駆け抜けた瞬間、ひどい倦怠感に襲われた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!