7 / 8

第7話 会えないから

 RAINのやりとりが途絶えた。  私がいくらメッセージを送っても既読がつかない状態が続く。  マンションにもいない。  管理人さんも姿を見ていないという。  もしかして。  奥さんにこの関係がばれたのかな。  最近は、RAINから不倫や浮気が発覚するとかあるもんな。  それだったら。  そういえば。  私たちは、どうして付き合っているんだろう。  体の関係もある。    あれ?  気持ちは?  私は、いつから彼を好きになったんだろう。    私は。  もう。  だめだ。    スマホのRAIN。  見ない。  もう。マンションにも行かないように。  辛いけど。 「彩夏! 暇ならコンビニで夕食買ってきて」 「うーん」 「嫌がらないで。じゃあ、あんたが夕飯作るの?」 「買いに行く」  ノロノロと着替えコンビニに入ると。  ふわんと肉まんのいい香りがした。  肉まんか。  佐道さんと食べた肉まん。  美味しかったな。  連絡をとらなくなって二月が過ぎて。  なんとなく、存在が消えかけてきていた。  あの本屋にも行っていない。    コンビニからの帰り道。  スマホにRAINの通知がきた。  舞からだろうな。  最近甥っ子がお母さんに会いたがってビデオ通話させられてるし。  見てみると。 「!」  佐道さんからだった。  どうしよう。  みても辛いし。  でもどんなメッセージが届いたのかも知りたい。 「ええい!」  RAINを開いてメッセージを読む。 「会いたい」  その一文。    私は急いで帰宅しコンビニの袋をお母さんに渡すと捲し立てた。 「ちょっと出掛けてくる!」 「はぁ! あんたどこ行くの! ネットカフェに行くならちゃんと連絡しなさいよ」 「わかってる!」  マンションに泊まる時、私はネットカフェにいると嘘のアリバイをつくっていた。  だって友達いないし。  とにかく! 今は私も会いたい!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!