7 / 7

第7話・あまくあまく

「あぁー! また散らかしてる! まったくもう……」  寒い寒い冬が終わろうとしている頃、とうとう幸が同居に踏み切った。ボクのだらし無さと、執着心と、ほんの少しの愛情の変化に呆れたと言った。  引越しの前に、運び込む家具や荷物のレイアウトを確認するために家に来た幸は、相変わらずのボクの部屋にため息をついた。 「先週片付けて帰ったのに、もうこれ? 信じられない!」 「だからメールでごめんねって送ったよ?」 「こんなんじゃ、いつまでも来れないんだけど」 「それは……困る」 「じゃあしばらくは毎日片付けて」 「……努力はする」  返事の回答は聞きたい答えではなかったみたいで渋い顔をしていたけど、ゴミ袋をボクに差し出して幸は足元のポテトチップの袋を拾った。 「幸」  その手を引っ張って、少し強く幸の体を抱きしめた。 「だいすき」 「なに、突然どうしたの?」 「仕事も、片付けも、幸との時間も、全部頑張るから」 「うん?」 「捨てないで……」  幸の柔らかい胸元に顔をうずめて、懇願するように呟いた。ふは、と幸が噴き出した。 「急に何かと思えば……そんなこと」  ワガママな子供を諭す母親みたいにボクの頭を撫でながら、優しい声を発した。 「いつ、あたしが冬馬を振るなんて言った? もう同居まで決めたんだよ、今さら離さないよ」  はい、さっさと片付ける! 背中を軽く叩かれ、体を離すと再びゴミ袋を押しつけられた。ボクは耳を赤くさせた幸の後ろ姿を見て、心から愛おしく感じたのだった。 ――作戦通り。ボクの思い通りに動いてくれて助かった。幸、気付いてる? 全部、ボクのためにしてるんだよ。 「冬馬! ぼーっと突っ立ってないで手を動かす!」 「はぁーい」  甘い砂糖菓子の罠を張って、待っている。 End
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

宮廷菓子職人とその弟子のある日の出来事。
1
1
完結済/1話/9,988文字/0
2018年4月8日
放課後の音楽室、私は先生と二人きりの時間を過ごす
20
22
3
2
10
完結済/9話/9,989文字/100
2018年1月6日
教師(♀)×元生徒(♂)。触れたいし愛したい、欲をいえばえっちなこともしたい
1
2
3
完結済/5話/9,499文字/0
2017年12月19日
社会人三年目、仕事は順調。そろそろ恋も良いかな、なんて時に出会った、軟派で甘い運命のひと。
3
1
完結済/10話/8,303文字/20
2018年1月5日
いつも帰宅を外で待つ私の楽しみは。彼が買ってくるあれだった。
1
完結済/8話/6,698文字/0
2018年1月14日
みかんをもらって恋に落ちるとかない。絶対にない
1
2
完結済/2話/1,893文字/111
2018年1月14日