4 / 5

第4話

 美沙子さんは、コクンと頷く。俺はその頬を撫で……少し湿っている秘裂に、俺自身を宛がう。ゆっくりを腰を押し込むと、美沙子さんのナカはギュッと縮こまり……滑り込もうとする俺を追い出そうとする。 「美沙子さん、力、抜いて……っ」  肉壁の締め付けは、快楽を呼び起こすものではなくむしろ痛いくらいだ。美沙子さんの呼吸は浅く、びくびくと震える体中に余計な力が入っている。涙をたまった目は、真っ直ぐ俺を見つめる。 「で、できない……ごめ、んね……?」 「大丈夫、謝んないでよ……」  痛みを味あわせたり、怖がらせたいわけじゃない。お互いにむさぼり合うように、気持よくなりたいだけなのに。お互いの経験不足のせいか、どうしてもうまくいかない。  美沙子さんのイチゴみたいに可愛い唇から、「はあ……」と戸惑うようなため息が漏れる。その音をすら聞きたくなくて、俺は覆いかぶさり……美沙子さんに深く口づける。 「……んっ」  唇同士が合わさった時……ふっと、美沙子さんの漏れる声と共に体中を雁字搦めにしていた余計な力が抜けていった気がした。舌で唇を割り、咥内に押し入る。美沙子さんの舌を掬い、絡みつき、混じり合った唾液が美沙子さんの喉を鳴らす。  歯の裏側をなぞると、びくっと美沙子さんの体が震え……ふにゃっと力が抜けていく。その隙に、俺は腰を強く、奥まで打ち付ける。 「ん、んんぅ……っ! ん、ふ……ふぁ、あ……」  塞いだ唇の隙間から、美沙子さんの嬌声が漏れる。ぴちゃぴちゃと舌同士が混ざり合う音が聞こえる度に、美沙子さんの蜜口が潤み……俺との摩擦は少なくなっていく。ゆるゆると入り口を根元でくすぐると、俺の下で美沙子さんは体をくねらせる。 「どう、慣れた? 気持ちいい?」 「わ、かんない……」 「ゆっくりするからさ、気持よくなったら言って?」  俺の言葉を聞いた美沙子さんは、小さく頷く。その従順な仕草は、さらに俺の劣情を呷るだけだ。無理やり最奥まで打ち付けたい、そんな欲望を押しとどめるように、今度は俺が深呼吸をする。  ゆるく、入り口から奥まで……何度も何度も抽送を繰り返す。次第に、美沙子さんの声は吐息交じりから快楽に喘ぐ様な甘ったるい嬌声に変わっていく。最奥を突くたびに、美沙子さんのナカはきゅっと俺を締め付け、背筋から伝わり脳みそをとろけさせていく。早く出したい、でも、辛い表情は見たくない。眉を潜めながら快楽に耐えていると、美沙子さんの唇が小さく動いた。 「え……なに、聞こえない……いたい?」  美沙子さんは、首を横に振る。そして、腕を俺の背中に回してぎゅっとしがみついてくる。 「か、和樹くん、シテ、いいからぁ……」 「んっ……だ、くそ、ソレ反則だろ……!」  初めて俺の『下の名前』を呼ぶ彼女の声は、そこら辺のケーキなんかよりもずっと甘く俺の体中に飛び跳ねるように伝わっていく。もう堪えることは出来ず、一気に彼女の体の中心を硬い俺の屹立で貫いた。 「あぁ、あ、やぁあ……あ、ん、だめ、い、イク、の……だめぇっ」  最奥と勢いよく突くと、美沙子さんのナカはきゅーっと俺自身を締め付ける。たったそれだけなのに、それが体中にぞわぞわと電気が走るように気持ちよくって……俺は彼女の体を労わる間もなく何度も何度も打ち付ける。 「あ、んん……和樹く、ん、あ、や、やぁあ……」 「美沙子さん、ん……好き、好きだよ」 「わ、私も……好き、和樹くん、好き……!」  美沙子さんの背中に腕を回し、離れていた体の距離すらゼロにする。ぐちゅぐちゅという重たい水音と、むせ返るような甘いお互いの体液の香り……そして、求めあう声が狭いワンルームに響く。 「美沙子さん、俺、もう我慢できない……出して、いい?」 「ん、だ、出してぇ、和樹くん、や、もぉだめ、私もイクからぁ……!」  その言葉の通り、美沙子さんのナカが強く俺を締め付ける。先ほどの破瓜の時のような苦しい締め付けではなく、美沙子さんが俺自身を求めている事が分かった。俺は最後、誘い込むようにうごめく美沙子さんの最奥に自信を打ち付けて……そのまま、声にならない呻きを吐き出しながら、精をぶちまけた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!