3 / 5

第3話

  涙目になった美沙子さんは、何度も頷く。それならいいや、と俺は続ける。下から上へ、まるい秘豆を舐め、唇で啄むように柔らかく挟む。繰り返している内に、ソコは少しずつ充血して、下かゆっくりと顔を覗かせる。口をすぼめて吸い付き、舌先でチロチロと舐め続けると美沙子さんはその度に嬌声を漏らす、快楽に耐えるように俺の頭を掴み、髪を梳いた。聞かなくても、感じているのは分かった。秘部からは少しずつ蜜が溢れ始めてきている。それを指にまとわせて、今度こそナカに指を滑り込ませる。さっきよりも柔らかく解れてきたけれど……どうしても、ぎゅーっと必要以上に締め付けてくる。 「美沙子さん、大丈夫?」 「う、んぅ……あ、だ、だいじょうぶ……」 「もう少し、強くしてもいい?」 「ぇ……?」 「一回イッたら、楽になると思うから」  俺の言葉をいまいち理解できていないのか、美沙子さんは曖昧に頷いた。その戸惑ったような表情は、今まで付き合っていた中で一度も見たことがなかった。キュウッと胸がきしむようにときめく。 「美沙子さん、少しだけでいいから力抜いて」  俺の言葉に従うように、美沙子さんは深く長く息を吐く。少しずつ、ほんの少しずつだけど体から力が抜けていくのが、粘膜越しに俺の指に伝わる。入り口を少し強引にほぐし、美沙子さんの中から潤みが滲みだす。それを指に纏わせて、もう一本指を強めに押し込んでいく。 「んっ……ふ、あ」 「少しだけだから、我慢できる?」  美沙子さんの目じりに涙があふれる、顔を近づけて舌先でそれをぬぐう。美沙子さんは俺の耳元で、とても小さな声で囁いた。 「いいから、シテ……?」 「……わかった、もう少し脚開くけどいい?」  小さく頷くのを見届けた俺は、美沙子さんの脚を掴み……かかとをベッドに乗せ、膝を強く押した。先ほどよりもつよく、美沙子さんの甘い蜜の香りが漂ってくる。美沙子さんは「ひゃっ」と驚いたように声をあげた。 「大丈夫? 恥ずかしい?」 「はずかしい……けど」 「けど?」 「瀬戸くんなら、大丈夫」 「そういうかわいい事言って、どうなっても知らないよ」  大きく開かれた秘裂の上で、ひくひくと震えている淫核にもう一度強く吸い付く。美沙子さんは甘い叫び声をあげ、きゅーっと肉壁が強く俺の指を締め付ける。俺はそれに抗いながら、ゆっくりとナカを探っていく。そのうち、指先が少しザラザラしているスポットに触れた。 「あ、や、まって……!」 「ココ? 気持ちいい?」 「へ、変な感じで、や、だめ、擦っちゃやだ」  グッグッと強めに淫核の真裏を擦ると、その度に美沙子さんの体が跳ね、俺の指を締め付ける。一番感じるスポットを見つけた俺は、そこをくすぐりながら舌先ではグリグリと秘豆をはじく。美沙子さんの言葉にならない嬌声は涙まじりになっていき、体が汗ばんでいく。  俺が夢中になってソコを責め立てていくと、美沙子さんがぎゅっと俺の頭を掴んだ。ぷっくりと腫れた秘豆を腔内に含みながら見上げると、ぽろぽろと涙を流す美沙子さんと目が合う。 「瀬戸くん、もぉ……や、変なの来ちゃうの」 「ん? イク?」 「え、あ……ん、んぁ……」 「美沙子さん、そういうときは『イク』って言うんだよ。いいよ、イッて。美沙子さんのイクところ見せて」  じゅっと秘豆を吸い上げ、熱がたまる快楽のスポットを強く押す。美沙子さんの体が、大きくビクッと震える。 「んあっ、あ、や、い、イクの、あ、ああぁ……っ!」  美沙子さんの体からくたっと力が抜け、そのままベッドに倒れ込んだ。しかし、ナカは指を強く締め付けたままだ。俺は傷つけないように、そこから指を引き抜いていく。指に、白っぽい美沙子さんの愛液がべっとりと付いた。ペロッと舐めると、今まで触れてきた何よりも甘い。 「瀬戸、くん……?」  白いシーツの上に、美沙子さんの艶やかな黒髪が広がる。汗ばむ首筋にもピタッと張り付き、その白と黒のコントラストが美沙子さんの無垢さを引き立たせ……俺にとっては、劣情をさらに煽るものだった。  顔を近づけ、唇に軽くキスを落とす。美沙子さんの黒い瞳に、俺の姿が映る。 「いい?」 「……え?」 「もう、挿れたい。いいよね?」 「でも……」 「怖い?」 「違うの……上手にできないかも」 「いいよ、それくらい。俺が上手にやるからさ」    ベッドから離れ、持ってきたカバンを漁る。いざというときのために、ゴムはちゃんと持ち歩いているのだ。それを持って美沙子さんの元に戻ると、美沙子さんは俺の服の袖を引いた。 「なに?」 「瀬戸くんも……」 「ん?」 「服、脱いで? 私一人だけ裸なの、恥ずかしい……」 「いーよ、ちょっと待って」  美沙子さんに背を向けて、着ていた服を脱ぎ捨てていく。そのタイミングで、今か今かと待ち構えていた俺の熱の塊にもゴムをかぶせる。美沙子さんに向き直ると、目を大きく丸くさせていた。 「そ、そんなになるの……?」 「ああ、見たの初めてだもんね。びっくりした?」 「……うん、それ、本当に入るの?」 「入れるんだよ……美沙子さん、我慢できる?」 「……頑張る」
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!