2 / 5

第2話

「好きなんでしょ、これ……」 「や、やだぁ……」 「もう、説得力ないよ……ちょっとごめんね」  するっとカットソーの中から手を抜き、そのままブラごとカットソーをめくり上げる。明るく照らされたライトの下で、美沙子さんの白い胸とイチゴみたいにぷっくりと熟れた頂きが晒された。美沙子さんは小さく「いや」と囁いて、俺から視線をずらす。 「……こうなってたんだ」 「やだ、み、見ないでぇ」 「やだ、こんなにかわいいのに」  俺がまださわっていない方の胸も、さわって欲しげにぴくぴくと震えている。俺はそこに唇を近づけ……ふっと息を吹きかける。 「んんぅ!」 「気持ちいい?」 「ち、がう……」 「意地っ張りなんだから……それなら、これは?」  俺はぷっくりと熟れたソレを唇で甘く食む。食みながら、舌先でその先端をチロチロとくすぐった。もう片方の胸は円を描くように大きく揉みしだき、時折かたく尖って主張する乳首を摘まみ、指先で弾き……きゅっと押しつぶす。  美沙子さんが口では「いや、やだ」と繰り返していたのに……物足りなくなってきたのか、太もも同士をこすり付け始めた。俺は両手を押さえつけていた手を外し……スカートの中に滑り込ませる。ストッキングごと下着に指をひっかけ、そのままゆっくり、下に引きずり降ろしていく。 「や、やだぁ、やめて……!」 「でも、ここでやめたら美沙子さんも辛いんじゃない?」  脚の間に潜む秘裂に指を這わせると、じっとりと湿っていたのが分かった。 「それとも、一人でスル? それでもいいけど」 「そうじゃなくってぇ……」 「じゃあ、何?」  美沙子さんは口元を手で隠し、恥ずかしげに目を伏せた。俺はもう一度「何?」と問いながら、ゆっくりそのナカに指を押し込もうとした。小さな反発が、指先に触れる。 「は……」 「は?」 「初めて、なの……私、その、こういう事……」 「はぁあ!?」  その言葉に驚いた俺は、慌ててすべての手を離す。美沙子さんはその隙に、するっと起き上がった。 「そ、そういう大事なことは早く言えよ!!」 「だ、だって……瀬戸くん言わせてくれなかったじゃない!」 「そうだけど……そうだけどさ、言ってくれたらもっと優しくしたかったのに!」 「でも!」  美沙子さんは声を張り上げたと思ったら、そのまままた押し黙ってしまう。俺は美沙子さんの頬に触れ、その言葉の続きを待った。意を決したように、美沙子さんは大きく息を吐く。 「だって……恥ずかしいじゃない。いい年して、しょ、処女だなんて……」  美沙子さんが顔を真っ赤にして、俯いてしまう。俺はその顎を掬い、無理やり視線を合わせる。 「きゃっ……」 「恥ずかしくないよ、美沙子さん」 「でも……」 「俺、めっちゃ嬉しい」  血色がよくなって、さっきよりもツヤツヤとしている唇に、チュッと軽いリップ音を立てながらキスをする。 「あのさ……もしかして、キスも初めてとか……?」  美沙子さんは、ぎこちなく頷く。 「あー! くそ! そういう事はする前かした後に言ってくれないと……もっと大事にしたかったのに」 「でも……」 「ん?」 「わ、私は、嬉しかったから……」  美沙子さんは、小さくはにかんだ。  俺が何事もなく奪った彼女のファーストキスは、彼女の中でどんな存在になっているのか……彼女が話してくれない限り分からない。でも、もう一つだけ、大事に『奪える』物がある。 「あのさ、美沙子さん」 「な、何……?」 「続き、してもいい?」 「え……あの、それって……」 「このまま、美沙子さん抱いてもいい? ちゃんと大事にするから」  あわあわと動揺しながら、美沙子さんは少し悩んだ後、コクンと頷いた。 「で、でも……私ちゃんとできるか分からないし」 「大丈夫、俺が全部やる。痛くない様にするし」 「せ、瀬戸くんが満足するかも分からないし……」 「大丈夫だって……ほら」  美沙子さんの手を掴み、自分の下腹部に導く。もうそこは、盛り、熱を吐き出したくってうずうずしていた。美沙子さんは初めて触るソレに「キャッ」と飛び上がった。 「良いでしょ?」 「は、はい……あの、お手柔らかに……」 「分かってる」  もう一度カットソーを掴んで、今度は脱がすために真上に引っ張ろうとする。しかし、その途中であるものが邪魔になった。 「美沙子さん、眼鏡とってもいい?」 「え? あ……」 「取るよ」  両手で眼鏡の弦を掴み、ゆっくりと畳んでケーキの隣に置く。そして今度こそ、下着ごとカットソーを脱がす。細くか弱い肩が、震える。ぎゅっと優しく抱きしめると、腕の中で美沙子さんが息を吐いた。 「こっちもいい?」  スカートに触れる、美沙子さんが頷いたのを確認してからホックを外し、そこらへんに投げ捨てる。一糸まとわぬ姿になって、大事な所を腕と手で隠す美沙子さんは、とても艶めかしい。俺は美沙子さんを抱き上げて、ベッドに座らせる。そのまま膝の裏を掴み……肩に乗せた。目の前には美沙子さんの赤く瑞々しい秘部、耳には、恥ずかしさげな美沙子さんの悲鳴が聞こえた。 「ちゃんと、濡らさないと痛いから」 「でも、恥ずかしい……見ないでぇ」 「やだ……見せてよ、俺美沙子さんの彼氏でしょ?」  フッとまだ包皮の中に隠れる花芯に、息を吹きかける。美沙子さんは小さく震えた。俺はそこに舌を伸ばし、少し舐めた後……チュッと吸い付いた。 「……や、あ、あぁあ!」 「……痛かった?」 「違くてぇ……」 「……変な感じ?」
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!