32 / 55

第32話

「……あれ」  腰を押し付けたまま、周くんが笑う。 「もしかして、イッちゃいました?」 「……っ、は……」 「挿入()れただけで?」 「ちょ、……待、……動いちゃ、だめ……」 「かーわいいなぁ」  ゆるゆると腰を動かしながら私の右脚を抱えあげて、膝の裏にチュッとキスをしてくる。  達したばかりなのに、また背中から痺れるようなゾクゾクとした何かが這い上がってくるのがわかった。こわい。こんなに気持ちがいいのは初めてで、こわい。 「待、って、まだ……」 「やーだ」 「あっ!んぅう……!」 「……っん、すっごいキツイ……どうしたの琴乃さん。こんなんなっちゃって」 「あぅ、ああ!だめ、ソコ、触っちゃっ……!」 「ココぷっくりしてるし、乳首もすごい立ってる。おまけに挿入()れただけでイッちゃうとか初めてですよね」 「んん…!あぅ、あ、だめ、だっ、……!」 「オレのこと待てない悪い子は……お仕置きかな」 「あっ……!?」  両脚を両肩に乗せられ、また奥まで挿し込まれ、掻き回され、引き抜かれ、まだ奥まで――延々と繰り返されるそれにぐちゅぐちゅという水音と私の喘ぎ声、そして周くんの吐く息が上がっていくのだけが部屋にも耳にも響いていく。 「ホント…っ、お仕置き、だったんだ、けど、な……っ」 「っ……!んぁっ、あ、……!!」 「……っ、ね……お仕置きの意味、わかってる?」 「わ、……ん、!!」 「お預けの結果コレじゃ……っ、ご褒美、みたい」 「んぁあっ!う、あ、っ……!!」 「犯しても焦らしてもこれって、……っ、ほんっと、えっち大好きだよね……琴乃」 「あんっ、あっ……!」 「ん、……その顔、佐野さんに見せたら……許さないよ」 「見せるわけ、なっ、あ、あぁ……!」 「でも……やらしー顔はっ……、見せて、た……」  必死で首を振る。  そんなつもりない。心は絶対、そんなことなかった。  会いたいのも手に触れたいのもキスをしたいのも、抱き合いたいのだって、周くんだけだ。 「……違うって、言いたいんだ?」 「あぅ……んっ、んぅ、……っ!」 「じゃー……カラダがえっち、ってことだね」 「あっ……い、た……!?」  ――ギリッ!  周くんは私の首元に噛みついた。比喩ではなく、本当に噛みついた。  今まで痕はつけないよう気を使ってくれてたのに、そこからジンジンと痛みが広がっていく。脚を抱えられたまま奥まで出し挿れされ続けるソコと、いじられる胸と、おそらく傷がついた首元を舐められて滲みる痛みと、 (ダメ、もう、わけわかんなっ……!)  知らなかった自分と知らなかった快感が一気に押し寄せてくる。 「あまねく……、っ、も、イッちゃ……」 「んー?なに、噛まれたの気持ちいんだ?……ん、ホントだ、……は、キツ」 「あまねくん、あまねく……っ」 「仕方ないな……っ、オレも、も、限界……っ!」  周くんの腰が早まる。視界が揺れる。  ガクガクと揺さぶられて、もう何も考えられない。  しがみついた周くんの背中に思いきり爪が食い込んだのか低く「いって……っ」という声が聞こえた気がしたけど、私の痕みたいでそれもいいと思いながら、意識を手放した。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!