3 / 8

夜の魔法使いの朝-3

 三年前『大惨事』が起きた。  ヨーロピアン大陸の中心にある、このウィンクルム王国と、周辺の国々の境近くで起こったことだった。  竜の化身の魔王が、直径十間(約七十メートル)ほどの巨大な火の玉をいくつも吐いて、一帯の森を焼き払ってしまったんだ。  これまでも、悪竜王と呼ばれた魔王は、ヨーロピアン大陸に巣くい、各地を荒らしまわってはいた。  雷雲を呼んでは大雨を降らせたり、思い通りにならないことがあるとすぐ、人家に落雷させたりしてたんだけれど。  ある日突然森を焼いたその日まで十五年くらいは、大人しくしていたと言うのに。  魔王は、一体、何が気にくわなかったんだろう?  たまたま、竜に焼かれた場所がステーラ家の領土の一部だったからね。  当時、国で一番の魔法使いだった父は、弟子のゼノと他の五人の勇者……騎士や、精霊召喚士なんかをひきつれて、魔王退治に出かけたんだ。  竜は、とても強かったけど、父たちも負けなかった、という。  七人の勇者たちは、悪竜王と戦って魔王城に追い詰め、倒すことができたんだ。  でもね。魔王は退治できたけれど、帰る途中で、魔王の残党たちに不意打ちを受けてしまったんだ。  結局。  生きて帰ってこれたのは、ゼノと王国近衛隊長の騎士、女性の剣士の三人だけ。  ウチの父を含めた後の四人は、文字通り帰らぬ人になって、その亡骸さえも家に戻ってはこなかった。  それでも、魔王と戦った勇者たちとウチの父は、伝説になった。  国々を……しかも祖国だけじゃなく、ヨーロピアン大陸を竜から救った大英雄と称えられたんだ。  そして、それから遺族年金を支給されたから、残った母と二人。  貧乏貴族のわたしたちも、何とか生活出来たのに。  今から二週間前のことだった。  父の年金を受け取っていた母が、ぽっくり亡くなってしまったのを境に、わたしの生活が大きく変わってしまったんだ。  大好きだった母が天に召されて、泣いていたわたしに、ウインクルム王国の財政課から届いたのは……父の遺族年金を終了するって言う通知だったんだ。  本来なら、父が命を賭けて、魔王を倒して稼いだお金だもの。  亡くなった母に代って、わたしが貰えるはずだったのに、そこにはとても難しい問題があったんだ。  このウインクルム王国では、親子関係の証を、先祖代々受け継がれた魔法で見極める習慣がある。  魔法って言うのは、今、人が生きて生活しているこの世界。いわゆる物質世界って言われるココには、無い。  別世界にある、マナンっていう魔力の元を汲み上げ、使う技術だ。  水をバケツで汲み上げるように、物質世界に来たマナンは、一旦、自分のカラダに蓄積される。  そして魔力として放出するときに、本人の才能によって地、水、火、風、雷、光、闇、時、命の九つの種類の魔力に変化できるんだ。  どの種類の魔法をどれだけの強さで、またはどのくらいの長さで使えるのかって言うところは、個人差がある。  一人一人がまるで指紋のように違っていて、同じ組み合わせの人は、居ない。  ただ、血のつながった家族では、ほぼ同じような組み合わせで受け継がれるんだ。  だから、わたしもウインクルム王国一番の魔法使い、トニトルス・ステーラの娘であるならば、父と同じく、雷と命の魔法が、人より飛びぬけて強いはずだった。  もし、父と同じ魔法が受け継がなかったとしても、母方の魔法。時間と、火が自由に使える魔法使いでなければならなかったのに。  どうやらわたしは魔力の元、マナンを汲みあげる力が無いらしく、どんなに簡単な魔法も、これっぽっちも使うことができなかった。  だから、わたしは父の娘であることも、母の娘であることも、何一つ証明できず。  かねてから、財政難だったウインクルム王国側は、功績を鑑みれば微々過ぎる遺族年金でさえ、打ち切ってしまったんだ。  しかも、そもそも精神世界から、魔力の元を汲み上げられないコトで、魔法が使えないわたし。  実は、とっても。  と~~っても、苦労しているんだよね、なんて。  はぁ、と思わずため息をついたわたし、ゼノに、声をかけられた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!