6 / 7

第5話 目覚めた場所

 浮上するのは、泥にまみれ深く深く沈んでいた意識。  重たい瞼をゆっくり持ち上げれば、視界がだんだんと開けてくる。  最初は淡い色がぼんやりと広がっていただけなのに、時が経つにつれ瞳に映るものを脳が認識し始める。  大部分を占めるのは天井、そして視界の端で見切れる豪華な照明。 (……あ、れ?)  そして徐々に脳は覚醒を始め、瞳を左右上下に動かし周囲を見回すと、頭の中にある疑問がより大きくなった。  目覚める前の記憶を必死に手繰り寄せ、アメリ―は現状把握に専念する。  しがない盗賊の根城に身を置いて数か月。一度引き受けた仕事を途中で放り出すわけにもいかず、契約内容に従い生活する毎日だった。  そんな日々を送る中で、不覚にも風邪を引いてしまう。お世辞にも過ごしやすいとは言えない環境のせいか、それとも精神的なものか、原因は不明。  十数年ぶりにかかる病は、思いのほか重く、手足一つ動かすことすら苦痛で仕方ない。  それに加え、盗賊捕縛のため奇襲をかける警備部隊の登場と、踏んだり蹴ったりな朝だった。 『ほう……お前か。噂の用心棒とやらは』  次々と記憶を紐解いていくにつれ、脳内に残る映像が目まぐるしく変化していく。  その中で、色鮮やかに、一際はっきりと刻み込まれていたのは、意識を失う間際目にした光景。  自分が守り続けてきた男達が、一方では項垂れ、また一方では地面に伏せている。それらを背にした男は、どういう訳か楽しげに笑い、こちらを見下ろしていた。 「っ! ……っつ、ぅ」  記憶の中でたたずむ彼が、わずかに口角をあげる。脳裏のよみがえる幻に、アメリ―は思わず上半身を起こし、横たわっていたベッドの上に座りこむ。  急に体を動かしたせいか、目眩と頭痛に襲われる。額に手をつき、顔をしかめ吐き出した息は、ほんのりと熱を持ち、やけに重苦しかった。 「……から。……の」 「でも……」 (……?)  一度大きく深呼吸をし、心と脳を落ち着かせる。そのまま、改めて顔をあげようとすれば、遠くの方から微かに人の声が聞こえてきた。 (誰か、来る……っ、どこ、だ?)  意識を失う直前の状況を思い出したせいか、己以外の気配に、糸がピンと張ったような緊張を感じる。  薄っすら聞こえた声は女のもの。しかし、アメリ―にとって性別など関係ない。  咄嗟に戦闘態勢を取ろうと、いつも(かたわ)らに置いてある剣と短剣を探すが見当たらず、(つの)るのは焦りばかりだ。 「……だから言ってるでしょう? あの先輩は……」 「オ、オルガ! あの人、目を覚ましたみたい」  目線だけの捜索にも限界があり、まだ倦怠感の残る体に力を入れる。  ゆっくり顔をあげた途端、中途半端に開いた扉と、こちらを見つめ唖然とする二人の女が視界に映りこんだ。 「あ、本当だ! ポーラ、急いで伝えてきて」 「うん!」  彼女達は、数回やりとりをすると、一人が足早に去っていく。  現状をほとんど把握していないアメリ―にとって、その光景は己の中にある困惑を増幅するだけ。 (あの子達は……一体? 同じ服を着て……というか、ここはどこだ?)  ずっと惚けてばかりではいられず、素早く周囲を見回し情報を得ていく。  あの廃墟とは別の場所に移動したことは一目瞭然だ。  これまで見たこともない装飾が施された壁や天井。豪華な照明に、床には色鮮やかなカーペットが敷かれている。  野宿か安い宿屋、仕事先での寝泊まりが基本だったアメリ―にとって、初めて目にするものばかりだ。  根城から移動した記憶はなく、過去訪れた記憶もない場所での目覚めに、頭の中は混乱する一方。  膨大な不明点に頭を悩ませるあまり、自然と眉間に皺が寄る。 「……エヘッ」  数回瞬きをしても、そこにある景色は変わらぬまま。一つ変わった点があると言えば、一人残った女が、ぎこちなく微笑むくらいだった。  その後、彼女はニコニコと明るく可愛らしい笑みを浮かべ近づいてきた。  武器を持たないアメリ―は、警戒心を露わにし相手を睨みつける以外策が無い。 「えっと……そんなに警戒しないでください。……と言っても、無理な話なんだけど」  先程出ていった女性に対する態度と違い、女の表情や口調には、明らかな困惑の色が浮かぶ。  その視線から意識を逸らさぬよう注意しながら、アメリ―は今しがた見たものを頭の中で整理し始めた。  内装の豪華さに意識を持って行かれそうになるが、冷静に周囲を見回せば、この部屋にあまり広さはないのだろう。  ベッドにタンス、テーブルにイスが二脚。そしてタンスの上には綺麗な花を活けた花瓶。  小ぢんまりとした空間には、必要最低限と言える家具が置かれているだけ。 「……ここは、一体どこ、ですか?」  もしも、目の前で笑みを浮かべる女に不審な動きがあれば、すぐにこの場から逃げよう。  かなり頼りないが、イスは武器の代わりになるだろうか。  小首を傾げ、ザラつきの残る声を発するアメリ―。その脳の半分は、覚醒したばかりにも関わらず、すでにフル稼働中だ。 「ここは、ピーエントにあるお城の中です」 「……は? 城?」 「はい、お城です。ギアージュ国皇帝、ジークベルト・エドゥアーレ様の」  そう言って、大して年も変わらないであろう女は、どこか自慢げに口角を上げ笑う。 「どうして……私が、城に?」 「う……そ、そこまではわかりません。私はただ、貴女の看病をするようにと言われて、数日お世話していただけなので……」  叱られた子供のように肩を落とし、彼女は自信なさげな声を発した。 (一体どうなってる? いや、その前に……数日私の世話をしていた? ということは、今は一体いつなんだ!?)  聞き間違いかと混乱を招く言葉の羅列に混乱し、体調がまだ完全ではないアメリ―の意識は遠のきかけ、視界がグラリと大きく揺れた。
いいね
ドキドキ
胸キュン
エロい
切ない
かわいい

ともだちとシェアしよう!